千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉での注文住宅の購入予算を決めるポイント

千葉で注文住宅を購入する場合、購入予算を決めるにはいくつかのポイントがあります。

必要に応じてこれらのポイントをおさえる事で、無駄のない家づくりが可能となります。

年収などの資金の用意も大切なことですが、建築費の無駄を抑える努力も必要です。千葉で注文住宅を購入する場合のポイントを列挙し、間違いの無い一生の買い物をしたいものです。

年収と用意できる資金による無理のない計画

年収と用意できる資金は購入予算を決める大切なポイントです。経済がインフレの状態ではかなりの借り入れをしても問題が無いことがありますが、デフレに近い経済状態の元ではそうはいきません。インフレ経済では借入金の負担は年々軽減するのが一般的ですが、デフレ経済では必ずしも負担は軽減しません。

デフレに近い経済状況の下ではこのことを考慮し、自己資金を増やして借入金を減らす方策が必要です。千葉における注文住宅の価格は土地代と建築費で決まります。

建築費は面積と工事単価により想定でき、大まかな調整も可能です。無理なく調達できる資金を元に、予算の上限を決めることが先決です。この予算を元に購入できる物件をあたります。土地の価格は立地によって異なり、安全で住みやすい場所は高額になるのが一般的です。

最寄駅から遠い不便な場所は土地の価格も安くなります。どの場所を選ぶかは用意できる予算により大きな影響を受けることになります。しかし、この場合でも安全性で妥協することは危険です。自治体が出しているハザードマップを確認し、洪水等の危険がある場所は価格が安くても購入は控えるべきです。

建物本体の価格は面積と仕様により変化します。安いのが売りの注文住宅は仕様を落としているのが一般的です。仕様を落とした場合は性能が最小限で耐久性に劣る材料を使うことになります。特に耐久性を落とした材料を使った場合は、仕様年限に比例して補修費の要求が増大することを考慮しておくことが大切です。

注文住宅か建売り住宅かによる工事費の相違

千葉で注文住宅を購入する場合は、建売り住宅との仕組みの違いを知っておくことが重要です。建売住宅は買う時点において面積や仕様が決まっています。そのため、後に増加する費用も想定することが可能です。

注文住宅は全てが決まっていない状態なので、面積や仕様により工事費は大きく変化します。好きなものを選ぶことができるのが利点の注文住宅は工事費が膨らむ危険もはらんでいます。工事費を想定内に抑えるには面積の制限が効果的です。通常の材料を使うことを前提に、使える材料の仕様を明確にしておくことが大切です。

すなわち、使いたい材料を使うのではなく、建築費を抑える材料選びが必要となります。設備機器や建築材料を選ぶ場合は部位によるメリハリが大切です。建物の耐久性に大きく影響する屋根材は高性能なものを選ぶことが求められます。

瓦屋根は一般に高価ですが、他の材料と比較して耐久性が高くなります。安くて性能の劣る屋根材を使った場合は、その後に頻繁な塗装替えや補修が追加されますので、注意が必要です。

予算に影響する面積も十分に注意することが必要となります。子供部屋などの個室は必ずしも必要ではなく、居間にコーナーをつくるだけで足りる場合があります。個室を極力減らすことで、必要な面積を抑えることができます。棚や家具などを別工事とすることで、工事費全体を抑えることも可能です。後に別なところに発注できる部分に関しては、無理に本工事に入れる必要はありません。

発注先の経営形態による購入予算の見込み

千葉で注文住宅を購入する場合は、どこに依頼するかで予算が大きく異なります。一般に住宅メーカーは高額で、地元の工務店は安い傾向にあります。低価格が売りの住宅は仕様が劣る材料を使っている場合があるので注意が必要です。

特に低価格の住宅は屋根が瓦葺で無い場合が多いので、耐久性が劣ることに注意が必要となります。住宅メーカーは安心して依頼することができる対象です。親切な営業マンが丁寧に導いてくれることは素人にとって心強いものです。

しかし、優秀な営業マンを雇用するには経費が必要で、その分が建物の売値に反映されてきます。住宅メーカーに依頼する場合はこのことを念頭に適切な判断をする必要があります。

千葉の地元の工務店は価格面で安くできるのが一般的です。営業マンを雇う必要が無く、住宅展示場にかかる経費を抑えることが可能なことが理由となります。工務店のサービスは住宅メーカーと比べて劣るのが一般的です。それでも最低限の案内はしてくれるので、住宅を建てるのに不都合はありません。

千葉の地元の工務店に依頼するメリットにメンテナンスがあります。住宅は建てれば終わりではなく、その後に長く使うことになります。メンテナンスが必要な場合に地元の業者は心強い味方となってくれます。工務店のデザイン性に魅力を感じない場合は設計を専門の事務所に依頼する方法が考えられます。設計事務所は設計以外にも工事の監理をしてくれるので安心です。工務店の選定にも相談に乗ってくれるので、注文住宅にはもってこいの依頼形態となります。

サイト内検索
記事一覧