千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

浴室にこだわった注文住宅を建てるコツ

注文住宅を建てる時に重要視することは家庭によって違いますが、お風呂好きな人の間では浴室にこだわった家は人気があります。

建売住宅などでは平均的なユニットバスが入っていることが多く、場所も洗面所の横に設置されているものがほとんどです。

それはそれで使いやすさがあるのですが、ライフスタイルによっては、別の場所に設置したほうが良いこともあります。

また入浴が趣味の人にとっては設備が充実したものにすることも条件のひとつでしょう。

気持ち良く入浴ができるようにはどういったことに注意をしていけばよいのでしょう。

1階に配置するか2階に配置するかの違い

入浴は家庭によって使う時間が違っていたり、使い方が違っているため、自分たちのライフスタイルに最も合ったものにすることが大切です。

まず朝に入浴をする人と夜に入浴をする人で大きく分かれます。

朝に起きて目を覚ますためにシャワーを浴びるという人の場合には、寝室など寝ている場所の近くにお風呂場があると、起きてすぐにシャワーを浴びることができます。

そのまま着替えをするスペースが寝室付近にあるのであれば、身支度をする時にあちこち移動する必要がなくなります。

起きてからの一連の動作を考えて最も無駄がない設置場所です。

夜に入浴をするという場合には、入浴後にどのような過ごし方をするかで適切な設置場所が違ってきます。

入浴をしてすぐに寝室に入るのであれば、寝室の近くにあったほうが使いやすいかもしれません。

一日の活動を全て終わらせてから入浴をして、すぐに休むという時には、寝室の近くにあるほうが気持ち的な切り替えをすることができるでしょう。

反対に入浴をしてからリビングなどでゆっくりと過ごすという生活習慣の場合には、寝室の近くよりもリビングなどの近くに設置したほうが使いやすいかもしれません。

お風呂上りに髪の毛を乾かしながらのんびりとすることもできますし、何度も家の中を移動する必要なくくつろぐことができます。

2階建て以上の住宅の場合には、階段の上り下りが発生するので、使いやすいほうに設置するようにしたほうが移動距離が短くて済みます。

作りに凝った入浴スペースを作る

入浴をする時に必要なものはお湯がでるシャワーや浴槽などですが、これらを自分好みのものに変えて場所作りをすると、自分だけのお気に入りの場所にすることができます。

ユニットバスの場合には、全てが固定されているプランもありますが、事前に注文をしておけばパーツを変更することができます。

シャワーヘッドなどを変えるとお湯の出方が変わり、気持ちの良い水流やマッサージ機能がついているものに変えることなどができます。

機能的な面でいうと節水能力が高いシャワーヘッドもあります。

そのためユニットバスでも自分の使いやすいような内容に変更できるかどうか、事前に確認しておきましょう。

他にミストサウナなどの大掛かりな機器を取り付けるのもおすすめです。

こういったものはあとで追加しようと思っても、料金が割高になってしまうものが多いので、導入する時には家を建てる時につけてしまうのが一番です。

もっと自分仕様にこだわりたいという場合にはハーフユニットといったものを利用することができます。

これはお風呂場の上半分は自分の好きな素材で作ることができるもので、温泉のように木の板張りの空間にすることもできます。

見た目にはオリジナルのもののように見える方法なので、こだわりたい人におすすめです。

全てを自分の好みで作りたいという人はタイルなどを使ってお風呂場を作ってみましょう。

最近では少なくなりましたが、タイルのお風呂場は雰囲気がよくホテルのような空間を作りだすこともできます。

外の空間とつながった場所に設置する

お風呂というと外から見えにくい場所に設置するという家庭が多く、閉ざされた空間になりがちです。

発想を転換させて、外の空間とつながりを持たせると露天風呂のような空間を作ることができます。

解放感抜群の場所を御作りだすことができるので、家での入浴が楽しみになるはずです。

もちろん外から見えないような工夫が必要ですが、柵のようなものを立てたり、中に目隠しを作れば難しいことではありません。

入浴中に外の景色を見ながらくつろげるので、疲れのとれ具合も違うと思います。

周囲の家が隣接している時には中庭を作って外の雰囲気を感じる作りにすると良いでしょう。

窓から外が多少見えるだけでも気分が大きく変わります。

デッキのようなものを作れる時には、入浴中に外にでられる空間を作ることもできますし、子供がいる時にはプールを置いて使う時などに便利です。

他にも洗濯物を干す場所として使ったりと、デッキは色々な使い方ができます。

何かスポーツをしていたり、子供が泥遊びをしている時などは外で汚れた体を家の中に入れることなく、入浴させられるようにしておくと家を汚さずにすみます。

外から直接入れるような作りにしておけば、泥汚れのまま入浴でき、綺麗になってから部屋の中に入ることができるのでおすすめの方法です。

浴室は人によってこだわるかこだわらないかが分かれる場所だと思いますが、家を建て終わってからでは変更が難しい場所です。

この機会にどのような入浴が行いたいかを考え直して、お気に入りの空間を作ってみてください。

毎日使う場所なので、こだわって作ることで生活の質をあげることもできるでしょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧