千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

二世帯住宅を建てる目的とは?どうして二世帯住宅にする?

千葉で二世帯住宅を建てようと考えている場合、他の人はどんな目的でこの種類の住宅を選んでいるのか知りたいという人も多いでしょう。ここでは、さまざまな目的や、それに伴う注意点について分かりやすく紹介します。

 

程よい距離を保ちながらお互いに助け合える

二世帯住宅を建てる目的としてまず挙げられるのは「身内同士が同じ建物に住むことでお互いに助け合うため」というものです。自分の世帯以外に頼れる人がすぐ近くにいると、ちょっとした頼み事をしやすくなりますし、何かあったときにも安心できます。

子世帯の場合であれば、何か用事ができたときに子供の世話を親世帯に頼むことができますし、仕事で忙しいときなどに食事の準備をしてもらうこともできるでしょう。そして親世帯の方も、旅行などで家を空けるときなどに安心できますし、子世帯に話し相手になってもらったり、孫と日常的に交流したりすることもできます。

また、親世帯の介護が将来必要になった場合も、同じ建物に住んでいれば、お互いに便利なことが多いと言えるでしょう。次に挙げられる目的は「お互いにすぐ近くに住みながらも、それぞれのプライベートを確保するため」というものです。

通常の住宅に親世帯と子世帯が同居すると、お互いにプライベートの確保が難しくなることが多いですし、気を使う場面も多くなってしまいます。

その点、二世帯住宅であれば、親子両世帯が程よい距離感を保ちながら、お互いに助け合うことができるのです。また二世帯住宅には、建物の構造が世帯ごとに完全に分離したものや、部分的に共有する設備を設けたもの、そして同居に近い形のものなどさまざまなタイプがあります。

ですので、お互いにどれぐらいの距離感やプライベートを保ちたいかによって、住宅のタイプを選ぶことも可能です。

 

経済的に有利になることを目的にする場合もある

二世帯住宅には、通常の住宅よりも経済的な面で有利になることがあるため、そのことを目的にして建てられる場合もあります。具体的にどんな点で有利なのかというと、まずは「住宅を建てる費用を両世帯で分担することができる」ということが挙げられます。

通常であれば、一つの世帯が全ての費用を負担しなければなりませんが、二世帯が暮らす住宅の場合はその費用を分担することができるのです。そのため、経済的に厳しくて家が持てないという子世帯でも、親世帯に費用を分担してもらうことでマイホームを持つことができます。

また、実家を立て替えたりリノベーションをするという形で建設を行うのであれば、新しい土地を購入する費用がかからないため、建物を建てる費用だけで済ませることもできるでしょう。

そして「エネルギー消費量を抑えることができる」ということも経済的なメリットであり、目的の一つになっている場合があります。玄関や浴室などを共用にすると、別々に設置されている場合と比べて光熱費を抑えることができるのです。

ですので、両世帯を完全に分離したタイプの場合はその恩恵はないと言えますが、共用している部分が多いタイプであれば、光熱費を節約することができます。

その他にも、相続税や土地の固定資産税という「税金の面で得になるから」という目的で建てられる場合もあるでしょう。相続税については「小規模宅地等の特例」が適用されることで、土地の評価額が抑えられ、相続税を軽減することが可能です。

そして土地の固定資産税については「小規模住宅用地」とみなされることで評価額を抑えることができるため、税制上でのメリットがあります。

 

お互いにストレスを感じることもあるため注意が必要

二世帯住宅は、さまざまな目的を持って建てられることを紹介してきましたが、それを覆すような事態になるケースもあるため注意が必要です。

それはどんなことなのかというと「同じ建物に住んでいるが故に、お互いにストレスを感じることがある」ということです。この種類の住宅は、親子両世帯が適度な距離感を保てることが特徴であり、そのことを目的に選ばれる場合が多いと言えます。

しかし、共用部分が多いと一日に何度も顔を合わせることになるため、同居と同じように、お互いに気を使ってしまう場面が多くなります。ですので、気軽に友達を家に呼べなくなったり、キッチンを使う時間を気にしたりといった不都合なことが起こり得るのです。

そして経済面についても、二世帯住宅の場合は、建設費用や税制で有利なことが多くありますが「通常の住宅と比べると需要が少ないため、売却する際に不利」になってしまいます。

ですので、こうした注意点をあらかじめ考慮したり、想定した上で選ぶということも大切だと言えるでしょう。

 

二世帯住宅を建てる目的には、身内同士が同じ建物に住むことでお互いに助け合うためというものや、お互いにすぐ近くに住みながらそれぞれのプライベートを確保するためというものがあります。

その他にも、住宅を建てる費用を両世帯で分担できることや、税制上で有利になるといった経済的なメリットを得るためという場合もあるでしょう。ただし、同じ建物に住んでいるが故に、お互いにストレスを感じることがあるため注意が必要です。

 

サイト内検索
記事一覧