千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

収納下手でも困らない注文住宅を建てるコツとは

注文住宅を建てるときに重要なポイントとなるのが収納です。

建売住宅や分譲マンションと異なり、自分の好きなように収納をつけることができます。

整理整頓が苦手な人は特にこだわるべきポイントになりますので、家を建ててから困ったことにならないようにコツを伝授します。

 

まずは生活動線と計画を考えよう

一番初めに考えるべきなのは生活動線です。

たとえば、洗濯物ですが洗濯機で洗ってベランダに干して、乾いたらとりこんでクローゼット等にしまいますよね。

家事は毎日のことですので、そのとき自分がどう動くのかを考えてクローゼットの設置位置を決めるといいでしょう。

ベランダから近い位置にクローゼットがあると生活動線に無駄がなくなるので普段の家事もはかどります。

そして、大型家具や家電をどこにしまっておくのかもよく考えましょう。

掃除機など毎日使うものについて、いつもどこで使うのかを考慮しておくと、後からしまうところがなくて出しっぱなしなどといったことがなくなります。

ついつい部屋を広くとりたくてクローゼットや押入れ、納戸などを少なくしてしまいがちですが、これは失敗のもとです。

結局あとからタンスやチェストなどを購入して設置しなくてはいけなくなり、なんだか部屋が狭く感じるようになったりといったことになりかねません。

どのような家具配置にするのかを事前に計画しておくと失敗が少なくなります。

ある程度図面が出来上がった段階で、どこになにをしまうのかを書き込んでみて過不足がないかどうかをチェックしておくのも大切です。

 

収納が苦手ならオープンクローゼットを設置しよう

服をクローゼットにしまうのが苦手だなという人にお勧めなのがオープンクローゼットです。

整理整頓のコツは、なるべくものをしまうまでのステップを減らすことです。

クローズタイプですと扉の開け閉めで無駄にステップを使いますので、面倒に感じてしまって頓挫してしまう傾向があります。

オープンタイプは扉がありませんので、そのままスムーズに服をしまうことができます。

家事の手間も減りますし一面に服が見えているので朝のコーディネートの時間短縮にもつながります。

見た目が気になるというときにはロールスクリーンなどで仕切れるようにしておくとお部屋自体をすっきりと見せることが可能です。

また、キッチンもオープンタイプの吊り棚を設置すると整理整頓がはかどります。

毎日使う、おなべやフライパンの置き場所にすると出し入れも楽ですしコンロに出しっぱなしということになりません。

設置するときにお客さんから見えないような位置にすることもできます。

夫婦で家事分担をするときなどよく使うものをオープンラックにしまっておけばどこになにがあるのかすぐにお互い把握することができますのでとても便利です。

 

納戸はひとつあるだけでとても便利

整理整頓が苦手だという人は大きめの納戸を設置するのがおすすめです。

一時の退避場所としてとりあえずそこにしまっておいて余裕があるときに整理することで家の中をきれいに保つことができ、設置場所はいろいろあります。

玄関脇に土足で入れるような納戸の場合には、子供のベビーカーや三輪車などを保管することができます。

また、靴やコートなど意外と数があったりかさばるものをしまうことができますので玄関をすっきりとさせることが可能です。

そのほかにはキッチンの近くに納戸を設置するのも便利で、買い物から帰ってきたらそこに保存食やトイレットペーパーなどの買い置きをしまうことができます。

キッチンがごちゃつきにくくなり、在庫の管理も楽になるので買い忘れ防止になります。

納戸も設置位置が重要になってきますのでどういう目的で使うのか、なにをしまうのかを事前に考えておきましょう。

重いものをしまいこむ目的であれば階段を上らなくてもいいように一階に設置するなどの工夫が必要ですし、広めの納戸にする場合には照明をつけておくことをお勧めします。

夜に、物を取り出したいときになど照明がないと作業しにくくなってしまいますので注意しましょう。

 

収納が下手だなと感じている人はまず計画を立てながらどこの位置になにを設置するのかを考える必要があります。

そこから生活動線を考えて家事がしやすいように、ものが取り出しやすいように考えていくことが大切です。

事前に図面に書き込んだりして、部屋をすっきりとした状態で維持できるように工夫していきましょう。

 

サイト内検索
千葉の二世帯住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧