千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅にかかる諸費用

注文住宅にかかる諸費用

今、建売住宅よりも注文住宅のほうが人気があることはご存知でしょうか?

注文住宅は敷居は高く購入費用も高いと考えてしまう人もいますが、きちんとマネープランを専門家と一緒に考えることで、無理なくしっかり返済が可能になります。

注文住宅は自分の理想や個性を反映でき、住まいへのこだわりが強い人こそ建売住宅より注文住宅のほうがおすすめです。
ただ、建売住宅よりもハードルが高くなるのは事実で、資金計画は十分考える仏要はあります。
注文住宅がただほしいというだけでは、たとえ建てられたとしても将来支払いに苦しむことになります。
では、注文住宅とはどれくらいの費用がどのタイミングで必要になるのか考えましょう。

 

注文住宅の諸費用とあれこれ

住宅購入の税金や仲介手数料などの諸費用は、基本的に現金で用意をすることが望ましいといわれています。
これは注文住宅だけではなく建売住宅やマンションを購入するときも同じことが言えます。

注文住宅はマンション購入や建売住宅購入よりも諸費用が掛かったり段階的にまとまった現金での支払いは必要になってくるので、しっかりとした資金計画が必要となります。

○住宅ローンは基本的に住宅が完成して登記登録が済むタイミングでローンの本審査と融資が始まります。
注文住宅は完成までに工事契約金や着工金など3回から4回に分けて支払いを行わなければいけません。
途中で支払う工事費用など多くの方は自己資金だけで支払う事は難しくなってしまいます。
そのため、「つなぎ融資」といったローンを借りることはできます。

○まず注文住宅とはどういった諸費用が掛かってしまうのでしょうか?
例えばあなたが2500万円で土地を購入するとしましょう。
2000万円を建築工事費とするとどのくらいの諸費用が掛かるのでしょうか?
土地の契約には仲介手数料や印紙代に踏力免許料などでおよそ130万円前後がかかってしまいます。

土地を購入すると通常手付金が必要になります。
手付金は土地の購入価格の10パーセントになるのが普通で、先ほど例に挙げた2500万円の土地なら250万円必要になります。
最終的に支払う土地の総額から差し引いて支払いになりますが手付金を支払うタイミングは住宅ローンの本審査を行っていることはないので、基本的に現金でしっかりと準備をしておく必要があります。

この時に手元に現金がなくて焦ってしまう人もいます。
現金がないからといって住宅ローンを借りる金融機関以外で安易にローンを組まないでください。
組んでしまうと場合によっては住宅ローンの本審査に通らなくなることもあるので注意をしましょう。

建物の建設にかかる諸費用も登記や地鎮祭にかかる祭典費用、水道加入台など最低限で建築工事費の4パーセント近くはどうしてもかかってしまいます。
2000万円建築費用の建物なら、70万円弱かかります。
建築士に設計を依頼をした場合は、建築工事費の10パーセントから15パーセントが設計料として加算されてしまいます。
場合によっては設計料が銀行や商品によって住宅ローンに含められないこともあります。
しかしそれを含めると330万円前後が諸費用になります。

また、住宅ローンの諸費用も加わります。
一番高額となるのはローン保証料で、これは融資時に一括で支払う外枠方式と、金利に含める形で支払う内枠方式があります。
自己資金が少ない場合は内枠方式で検討するのも一案です。

火災保険料に関しては、2015年から10年越えの長期契約が廃止になってしました。
これまでローン契約時に長期契約で数十万円の一括金が必要でした。
しかし現在は1年単位で数万円というわずかな費用で契約することが出来るようになりました。

最低限で換算しても、かなりの金額が必要になります。
諸費用は土地の購入に関する諸費用は手付金を除いて130万円になります。
建物の諸費用は設計費をふくめて332万円です。
住宅ローン諸費用は、ローン保証料が内枠方式なら11万円、総額は475万円で、土地代と建物工事費用が含まれ4500万円のやく10パーセントになります。
現金で用意をしておく初期費用は、土地の手付金を入れると総額は700万円こえます。
初期費用は土地購入の諸費用で手付金を含めて380万円、土地の諸費用は設計料を含めて332万円、住宅ローンは内枠方式で11万円、総額は720万円以上が、これは土地代と建物工事費用の総額4500万円のおよそ16パーセントになります。

もちろんこの諸費用はひとによってバラバラです。
工事費用から土地代も個人差があるためバラバラになりますが、イメージとしてはこのようになります。

 

お金は計画的にしっかり考えていきましょう

注文住宅にかかわらず、家を建てたり購入するには、ある程度まとまったお金は必要になってきます。
お金がないからと言って複数のローン会社へ手を出すととんでもないことになります。
家は人生で大きな買い物です。
お金に関して分からないことがあればマネーに関しての専門家のもとへ行くと、何にいくらかかるのかしっかりおしえてくれるのでお勧めです。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧