千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

一戸建てを二世帯住宅にリフォームしたい!千葉での費用と相場をチェック

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/15

千葉県で二世帯住宅をリフォームしたいと考えている時には、予算をシミュレーションする必要があります。

千葉県の場合は、都心部に近いということもあって地価の変動が非常に大切になります。

実際に駅周辺の坪単価はそれぞれの地域で全く違います。

まずは、どの程度土地を拡大させるのかなどを建築費用の基本と合わせて確認していくと良いでしょう。

 

一戸建て住宅の建築費用の考え方

普通、一戸建て住宅の建築費用は大きく分けると2つに分類できます。

まず、土地に必要になる費用です。

建築物を建築する際には、その土台となる土地が必要になります。

一般的な不動産会社では、一戸建て住宅を販売するときに土地の価格を含めて相場を決めています。

これは、二世帯住宅であっても同様です。

千葉県の場合は、市街地の坪単価とそうではない地域の単価が全く違います。

例えば、船橋や市川といった人が非常に多く利便性が高い地域の坪単価は100万円以上になることもありますが、市街地から離れるとこれが50万円以下になります。

土地の相場だけでも単純計算で半値以下になりますので、特に千葉県では土地の価格が建築物の価格を左右すると考えて間違いありません。

そのため、リフォームによる二世帯住宅や一戸建て住宅を建築する際には、土地の状況を確認しておくことが大切です。

そして、もう1つ大切なポイントが建築で利用される資材です。

特に、二世帯住宅の場合はより大きくてバリアフリーの住宅を建築しなくてはならないことが多いため、建築資材に注意を払わなくてはいけません。

普通の住宅ならば安い木材などを利用することもできますが、二世帯住宅のように大きな住宅を建築するときには、その大きさに耐えられるだけの資材が必要になります。

現実的にも、頑丈な国産の資材海外の資材では費用にも大きな差が存在します。

ですから、建築資材がどのようなものであるのかという点も予算のシミュレーションにはとても大切です。

 

リフォームには予算の上限があるケースも多い

リフォームを考える際に予算が大切になるのは、予算の上限金額が存在するケースがあるからです。

これは、法律的な側面から上限が決められています。

例えば、デザイン性を重視しているようなリフォーム住宅は巷でも多くみられます。

こういった単純な外観上の美しさを向上させる場合には、それほど大きな予算は必要になりません。

実際に、素人であっても外壁が剥がれてしまった時には、自分でペンキを購入して外観を変えていくことができます。

しかし、こういった素人が外観上や内装部分のリフォームをしていくことができるのは、実は低予算であるという前提が存在するからです。

具体的には、500万円までを上限に決められています。

それ以上の金額で改修工事を行っていこうと考えている場合には、建築業に関連する資格を持った専門的な建築会社に依頼をしなくてはいけません。

これは、非常に重要なポイントです。

千葉県の場合は、特に坪単価が高いため1坪土地を拡張させるだけでも100万円以上の予算が必要になるケースもあります。

当然ですが、建築予算には土地の価格だけではなく、その1坪あたりに必要になる建築資材の費用や建築作業への人件費も考慮することが大切です。

そのため、それだけで予算をオーバーしてしまう可能性があります。

二世帯住宅の場合は、特に業者に対して要求する注文も多くなる可能性がありますので、必ず予算には余裕を持たなくてはいけません。

このように考えると、千葉での建築を考える場合には単純なデザイナーではなくきちんとした建築業者に相談する方が賢明だと判断できます。

 

多少高くても保証を受けられるようにしよう

500万円を基準としてリフォームを行うことは大切ですが、二世帯住宅の形によってはそれ未満で建築を行うことも可能です。

例えば、土地を拡張させずに内装だけを上手く改築していけば、土地の費用は必要になりませんので相場もとても安く抑えられる可能性があります。

この場合は、千葉県の坪単価が高い地域であっても500万円未満で抑えられます。

しかし、500万円を超えない場合には建築会社が作業を行わなくても構わなくなるため、そのリフォームに対する責任を負ってもらえなくなる可能性があります。

つまり、保証がなくなる可能性が生まれます。

これは、リフォームの失敗に繋がる可能性もあるため注意が必要です。

一般的にも、千葉県で建築業者に対して依頼をする際には500万円を超えるような予算を提示されることが多いです。

ただ、これはその建築に関してその建築業者が保証を適用させてくれるケースがあるからです。

契約を行うときには、その改築作業に関して何らかの欠陥があったときに責任をとってもらえることになります。

一方で、500万円未満のリフォームでは実はこういった改築に関連する保証の規定を、契約書に設ける必要がないという側面があります。

これは、法律的な義務ではないからです。

そのため、内装だけの改築で低予算で実行できたとしても、その先の安全性を保証できません。

こういった保証の確約は、相場や費用とは別にお金が必要になりますが、将来的にも安全に過ごしたいと考える場合にはとても重要な対策になります。

サイト内検索
記事一覧