千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅の建築期間はどれくらいかかる?

マイホームを建てること検討している人は、注文住宅にすることで、住まいへのこだわりを設計に反映させることができるので、理想の家に住みたいと考えている人には良いでしょう。

分譲の建売住宅では間取りや外装の仕上げ材料、住宅設備の種類やメーカーなども決められたものとなっているので、個人ごとにこだわりを反映させることができませんが、出来上がっている住宅を購入することができるので、希望すれば購入後かなり早い段階で入居することも可能となります。

一方では、請負契約でプランニングの段階から依頼者が関わっていき、設計を終えた後から建物の建築を始めることになる注文住宅の場合には、完成までの期間を考えて入居時期を決めることが必要となるでしょう。

契約前の依頼する業者探しの期間も大切

住宅の建築期間を考える場合、純粋に工事着手から完成までを考えることが多いですが、契約から入居までの期間を考えることも必要となるでしょう。

まずは、すぐにハウスメーカーを選ぶのではなく、どの業者と契約をするかを慎重に決めていくことが大切になってきます。

契約までの期間を短くすれば入居までの期間を早くすることはできますが、気に入った業者を選んで自分のこだわりの家を造らないと、入居後に後悔することになってしまうでしょう。

まずは、モデルルームなどに足を運んで実際に出来上がった建物を見学したり、営業担当者に住宅について相談しながら、自分の要望を叶えてくれそうなメーカーを探すと良いでしょう。

自分の意見をしっかりと主張できるような相性の良い担当者と巡り合えると、理想の家造りを進めやすくなります。

ハウスメーカー選びの期間は焦って妥協することなく、じっくりと吟味することが大切になります。

設計期間を短くすることで完成までの日程が短くなる

住宅の設計を依頼するハウスメーカーが決まり、契約を締結した後は、実際に建物のプランニングを始める段階となります。

まずは、設計担当者が細かい素案となるプランを作成することになるので、初期の段階でしっかりと要望を伝えておくことがとても重要となります。

早い段階でなるべく具体的に細かい要望を伝えることができれば、素案の内容も充実したものとなるので、設計の期間を短くすることができるでしょう。

素案を見てから、設計担当者との打ち合わせを繰り返して外壁の仕様やカラー、屋根仕上げ材料の種類、キッチンやユニットバスのメーカーやスペックなどを詰めていくこととなります。

設計の打ち合わせは、担当者と依頼者の都合があう日に行うことになるので、打ち合わせサイクルを短くすることで、設計の期間を短くしていくことができます。

打ち合わせでは、次回までに依頼者が決めておく必要がある項目などを提示されるので、次の打ち合わせの時にはしっかりと決めておくことが設計をどんどんと進めていくためには重要となります。

設計が終了しないと工事着手をすることができないので、設計期間を短くするために出来る限りの協力をすることが重要となります。

設計期間を詰めることができれば、工事着手時期を早めることができ、入居までの時期を短くすることができるでしょう。

ただし、仕様を決める際には決して妥協することがないようにしないと、完成後に後悔の気持ちを抱いてしまうでしょう。

工事着手後の作業期間はある程度は決まっている

設計段階を修了した後は、建築物の確認申請などの官公庁関係の手続きを進めることになります。

確認申請などの手続きを早めにすることができれば、その分工事着手時期も早くすることができるでしょう。

工事着手後は基礎工事からはじまり、躯体工事、内外装仕上げ工事や住宅設備工事などを進めていき、外構工事まで修了すれば、建物が完成となります。

建物のグレードや規模、施工する敷地の広さや周辺環境の状況によって、作業期間は異なるものとなりますが、着工から4か月から半年程度あれば、建物が完成することになります。

工事施工中の段階でも、設計時点では曖昧になっていた細かい部分の仕様などを決めていくことがありますが、決められた時期にしっかりと仕様を指示できないと工事が遅れてしまう可能性があるので注意が必要です。

工事着手後でも発注などが間に合えば、仕様の変更などの要望を出すこともできますが、工事の工程には少なからず影響が出てしまうことがあるでしょう。

注文住宅の契約をしてから、入居するまでの建築期間は、設計のプランニングの期間によって変動してきますが、半年から1年ほどの期間を見込んでおく必要があるでしょう。

まとめ

建築された現物を見て契約する分譲住宅と違い、注文で建物を建てる場合には、設計段階、施工段階で作業期間を考えておく必要があります。

じっくりと理想の住まいを実現させていくことになるので、すぐに引っ越しをしたいという人には向いていないでしょう。

できる限り短い期間で建物を完成させたいと考えているのであれば、妥協しない範囲で、作業がスムーズに進むように依頼者としてできることは協力をすることがとても重要です。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧