千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

親が亡くなったら二世帯住宅はどうする?

 親が亡くなったら二世帯住宅はどうする?親世帯が亡くなったら、親世帯の資産を整理する必要があります

子世帯がもっとも懸念すべきことは税金についてです

住宅を持っている場合には、固定資産税が発生します

子世帯がすべて支払っていた場合には、新たに固定資産税が発生することはありません。

 

しかし、これまで固定資産税を親世帯が負担していた場合には、住宅を相続した以上、子世帯がすべて支払うことが必要です。

これまで半額親世帯に負担してもらった場合には、単純計算で二倍の税金が発生することになります

経済的な負担が増えたことから、子世帯だけでは支払うことがむずかしいため、住宅を手放す場合もあるほどの金額です。

 

二世帯住宅で親世帯が亡くなるということは、そのまま一世帯住宅になるということです。

 

そのため、子世帯の方は、将来的に親世帯が亡くなった場合のことも考えて資産を管理しておく必要があります

 

 

一世帯住宅になった後の住宅の活用方法はさまざまです

一世帯住宅になった後の注文住宅の活用方法は人それぞれです。

 

固定資産税をそのまま子世帯が負担して、継続して生活し続ける方もいれば

いまある住宅を売却して新たな住宅を購入する方 もいます。

 

それぞれのご家庭のライフスタイルによって、その後の住宅の最適な活用方法は変わってきます。

ひとつひとつ方法を確認し、家族としっかり話し合ってどうするか決めることが大切です。

 

 

 

いまあるスペースをそのまま活用した方が無難です

特に何かすることなく、残された子世帯の家族でそのまま千葉県にある二世帯住宅を活用する方はたくさんいます

二世帯住宅と言っても、内部の機能的には一戸分となっているケースがたくさんあるからです。

二世帯住宅というと大きなイメージがつきものですが、二戸分の広さを持っている注文住宅はそれほど多くありません。

 

空いた部屋をそのまま活用することで、その後の生活を快適にできる場合もあります

例えば、本やマンガ、雑誌、CDなど、捨てられないものがたくさん溜まっているご家庭であれば、そのまま物置として空いた部屋を物置として使用可能です。

また、新たに子供が生まれた場合にも、子供に与える個室としても活用できます。

家族構成やライフスタイルによって部屋の活用方法は大きく変わってきます。

売却などの処分を考えるよりも、まずは、いまあるスペースをどう活用するか考えた方が無難です

 

 

空いたスペースを貸し出せば家賃収入を得られます

普段家族が生活しているスペースと別棟にある住宅であれば、誰かに貸し出すことも考えられます。

家を貸し出せば、固定資産税などの出費が増える以上に、安定した家賃収入を得られることがメリットです

ただし、貸し出す際には、いま現在子世帯が生活しているスペースと貸し出す予定のスペースがしっかり分けられていることを確認する必要があります

生活空間の独立性が確保されていなければ、気がつかないうちに家族の個人情報が外の人に流出してしまう原因になるからです

また、不審な人に貸し出した場合には、思わぬ犯罪被害に巻き込まれてしまうリスクもあります

万が一にもそのようなことが起こらないようにするために、しっかりと生活空間を分けた上で貸し出すことが大切です。

 

 

子供に相談して新たな二世帯住宅にするメリット

子供がすでに独立しているご家庭であれば、子供と相談して新たに二世帯住宅とするケースも考えられます。

そもそも、親が亡くなるくらい時間が経過している二世帯住宅であれば、すでに子世帯の子供が成長して所帯を持っていることは多いです。

あらかじめ子供といっしょに住んで、二世帯住宅にしておけば、自分たちが年を取った際に、そのまま介護してもらえるメリットがあります。

また、子世帯側から見ても、子供の世話を慣れている親世帯の方々にまかせられるので、生活が楽になります。

 

奥様に関しては、二世帯住宅にすることで、親世帯に家事や子供のお世話をまかせられれば、新たに仕事をはじめることも可能です。

子世帯の夫婦がはたらくことで、収入が増えて毎日の生活が安定します

何より、親世帯から見れば、子世帯のはたらく姿と孫の成長を間近で見守っていられることが魅力です。

これまで親世帯と子世帯で暮らせてきたことを考えれば、そのままスムーズに二世帯住宅に移行できます。

 

 

子世帯のライフスタイルに合わせてリフォームを

基本的に、もともと二世帯住宅として建築した注文住宅であれば、そのまま二世帯で生活することは十分に可能です。

しかし、時代の変化とともに、新たな子世帯のライフスタイルは変化しています。

場合によっては、子世帯のライフスタイルに合わせて、新たに住宅をリフォームすることが必要です。

いずれにしても、新たに二世帯住宅にするということは、親世帯と子世帯が新たな共同生活をはじめるということです

 

 

リフォームする場合には、お互いの意見を尊重して、十分に話し合って内容を決定しましょう

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧