千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅を建てる時に便利なオプション


注文住宅は、自分の希望をすべて叶えることができるため、特にマイホームに関してこだわりを持っている人にはおすすめの購入方法です。
ただし注文住宅を建築する際の設備のオプションには便利なものとそうでないものがあります。

 

光熱費の節約ができるオプション

屋内や屋外で使用する照明には常時つけておかなければいけないものとそうでないものとがあります。常時点けておく必要がない場所の照明に関しては人勧センサーライトの導入を検討してみてはどうでしょうか。

例えば玄関や駐車場、トイレや廊下などは常時誰かが居るわけではありません。普通の照明だとオンオフの手間が面倒ですし、切り忘れると光熱費が無駄になります。しかし人勧センサーライトにしておけば人が居なくなれば自動的に電源が切れるため、光熱費が無駄になることはありません。また、玄関の人勧センサーライトは人が通れば電気が点くため、防犯対策にもなります。

屋内設備で光熱費がかかるものの一つに浴室があります。従来の浴槽の場合、時間が経過するとお湯の温度が下がってきます。家族が同じ時間に一斉に入れる家庭はまだいいですが、家族の帰宅時間がバラバラだと入浴時間もバラバラになり、入浴時に追い炊きが必要となって光熱費が上がります。しかし魔法瓶浴槽にすることによって長時間放置していてもお湯の温度が下がりにくいため追い炊きの必要がありません。ガス代や電気代の節約に大いに活躍するでしょう。

 

室内収納量を大幅にアップさせてくれる設備

昔の住居は室内にタンスを設置し、その中に衣服などを収納するのが一般的でしたが、現在では住宅を建設する際に収納スペースをどのように確保するかあらかじめ決めてから建築するのが主流です。
自分たちで間取りなどを決めることが可能な注文住宅を建築する際、収納面で必ずオプションとして加えておいた方が良いのがウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットの収納量は複数個のタンスに勝るため、多くの衣類を収納することが可能です。家を建築するときに適当な大きさのウォークインクローゼットを1カ所確保しておけば家中のタンスを室内からなくすことが可能です。タンスというのは案外スペースを取る家具なので、タンスが無くなるだけでもかなり部屋に開放感が出てくるでしょう。

また、ウォークインクローゼットは設置場所にもこだわりたいところです。設置場所としておすすめなのが洗濯や物干しをする場所の近くで、衣服に関する動作を一か所でおこなうことができるため、毎日の家事の負担が大幅に軽減されます。

衣服の収納だけでなく、食器棚についてもこだわっておきたいところです。壁を上手く利用することによって少ないスペースで大量の食器をしまうことができます。するとウォークインクローゼットと同様にわざわざ食器棚を購入して設置する必要が無くなります。また、造り付けにすることによって地震の際に転倒する心配が無くなるため、安全面においても大きなメリットがあります。

先ほどウォークインクローゼットはオプションとしてつけておいた方が良いと書きましたが、もちろんそれだけで全てのものを収納できるわけではありません。それ以外にも棚やクローゼットのスペースをあらかじめ確保しておいた方が良いでしょう。将来家族が増えることがあれば、それに比例して室内の荷物は増えていきます。収納スペースはできるだけ確保しておくことに越したことはありません。

また、洗濯機周辺も収納スペースを確保しておきたいところです。洗濯機周辺には洗剤などを置きたいところですが、それらを収納できるような棚などがない住宅が多く、悩みの種となることが多いです。市販の棚やラックもありますが、見栄えも良くないですし強度面でも不安が残ります。そこであらかじめ住宅の建設時に洗濯機上部に吊り戸棚を設置しておきましょう。そうすることで洗濯機周りをスッキリさせることができます。

 

その他あると便利なオプションについて

現在では子供が生まれた後も共働きの夫婦が増えてきています。そんな共働き夫婦の負担を大幅に軽減してくれるものの一つに食器洗い乾燥があります。家事の中で食器を洗うというのはかなりの時間と手間を取られる作業の一つです。ただでさえ毎日の皿洗いは大変なのに、仕事が終わってからご飯を作り後片付けまで全て自分でするとなるととても大変です。

食器洗い乾燥機があれば、軽く水洗いをして食器洗い乾燥機内に食器をセットしておけば後は洗いと乾燥を任せることができます。洗い物の時間が大幅に短縮できるため自由な時間を増やすことができるでしょう。食器洗い乾燥機は使う人とまったく使わない人が両極端になる設備の一つですが、一度使用してその便利さを知ってしまったら抜け出すことは困難です。

マイホームを建てる人はほとんど自分たちの老後については考えないのではないでしょうか。しかし子供が大きくなり、自立するとすぐに老後がやってきます。老後がやってきたからと、改めて室内の設備を作り替えるのは手間とコストがかかります。全てを準備することは難しいですが、あらかじめ将来に向けての準備として、風呂とトイレには手すりを設置しましょう。

 

マイホームを建築する際に付けることが可能な設備にはさまざまなものがありますが、必要な設備はその過程によってさまざまです。設備をたくさん付ければ付けるほど、建築費用は高額になるので、自分たちにとって本当に必要な設備を吟味しましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧