千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅でうまくいく方法とは?親との関係性

千葉県に限らず、二世帯住宅であれば、親との関係性に悩んでいらっしゃる方はたくさんいます。千葉県に限らず、二世帯住宅であれば、親との関係性に悩んでいらっしゃる方はたくさんいます

実際に、インターネットで口コミなどを閲覧してみれば、子世帯だけではなく、親世帯もどう付き合っていくべきか、悩んでいる意見を確認できます。

親世帯と子世帯で年齢は変わっても、同じ人間です。

 

家族みんなで話し合えば、何も悩むことなく毎日お互いが快適に暮らせるライフスタイルの実現を目指せます。

特に、二世帯の注文住宅を建築する場合には、お互いの意見をしっかり設計に反映させることが大切です。

 

 

親世帯の高齢化を考慮した上で注文住宅を設計しましょう

〇注意すべきこと

二世帯の注文住宅を建築するにあたって、注意すべきことは、親世帯の高齢化に備えることです
時間が経つにつれて住宅がどんどん劣化していくことと同様に、人間も時が経つにつれてどんどんその身体が弱ってきます。

若いうちは一足飛びで駆け上がれた階段であっても、年を取ると一段ずつゆっくりでなければ上がれなくなる光景は珍しくありません。

年老いた両親が実家で生活している場合には、突然の体調不良や転倒などで大きな事故やケガを負ってしまう恐れがあるほどです。

そのため、二世帯の注文住宅であれば、老後の生活を考えて設計しておくと安心です。

利用を検討している不動産会社に相談すれば、高齢者が快適に生活できるような設計を案内してもらえます。

具体的には、家の内部のところどころに存在する段差を可能な限り解消した、バリアフリー設計などは有名です

 

 

親世帯の生活を楽にすることで子世帯の選択肢が広がります

あらかじめ親世帯が年を取ったことを想定して住宅を設計しておけば、将来両親の介護をする時にその負担を大幅に軽減できます

また、子世帯の両親が仕事の都合などで留守にしている場合には、代わりに子供のお世話を頼むことも十分に可能です。

結婚をきっかけに仕事を辞めたものの、まだまだはたらきたいと考えている奥さんはたくさんいます。

子供のお世話を両親に頼める環境であれば、仕事に復帰することもできます。

二世帯住宅における親世帯と子世帯は、ある意味で、同じ屋根の下で暮らす運命共同体と言えるものです。

親世帯の生活に配慮することで、間接的に子世帯の生活が楽になります。

自分たち子世帯の将来の選択肢を広げる意味でも、両親としっかり話し合いながら、後のライフスタイルを考えてみることをおすすめします

 

 

親世帯と子世帯でコミュニケーションをとることが大切です

親世帯と子世帯は、それぞれ異なった年代の文化に触れて育ってきたことから、いっしょに生活することそのものにストレスを感じてしまう二世帯住宅も多いです

お互いにそれぞれ愛情は抱いていても、ライフスタイルに違いがある場合には、その違いを解消することは困難です。

ジェネレーションギャップを解消する手段としては、まずはしっかりとお互いの意見を話し合うことが挙げられます。

「家族で話し合う」ということは何でもないことのように感じている方は少なくありません

しかし、話し合わなかった結果、疑心暗鬼に陥ってしまうことがあるほどに、コミュニケーションは重要です

親世帯とのコミュニケーションを怠ることは、大切なお子様の健全な心身の成長を妨げる要因にもなりえます。

子供の意見も確認した上で、親世帯としっかり今後の生活について話し合いましょう。

 

 

親世帯と子世帯が別々に生活している注文住宅

話し合った結果、お互いのライフスタイルの違いが、お互いの健全な毎日を阻害してしまうことがわかった場合、無理してどちらかがどちらかに合わせることは困難です

譲歩できるところはお互いに譲歩した上で、どうしても譲歩できない部分が多い場合には、完全に親世帯と子世帯の生活環境を分けた注文住宅を設計することもおすすめできます。

例えば、玄関は同じ場所に合っても、親世帯は1階に、子世帯は2階に生活している注文住宅も存在します。

生活環境の分離のやり方は住宅によってさまざまです。

個室のみを1階と2階に分類している二世帯住宅があれば、浴室やキッチンまで別々に用意している住宅も存在します。

なかには、玄関までそれぞれ別々に用意している住宅があるほどです。

分類した住宅を建築するにしても、どのように分類すべきかは、親世帯と子世帯の関係性によって大きく変わってきます。

お互いが快適に生活できる住宅を建築するためには、事前の綿密なコミュニケーションが必要不可欠です

まずは、お互いにこれから新たな住宅でどのような生活を送りたいのかから確認してみましょう。

その後、お互いの希望に齟齬がある場合には、別々の生活空間を用意して、親世帯と子世帯がそれぞれ快適に生活できる空間の実現を目指すこともひとつの方法です

 

専門家である不動産会社の意見も聞いた上で、設計に反映させるとより効率的に最適な住宅を追求できます。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計