千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅、親の援助を受ける方法

二世帯住宅、親の援助を受ける方法二世帯住宅の注文住宅を建築する際、子世帯だけでは建築することがむずかしいケースがほとんどです

そんな時は、素直に親世帯に援助を申し出た上で建築すれば、大きなリスクをとることなく理想的な注文住宅を追求できます。

子供から大人になるまで育ててもらった恩を思うと、さらに経済的な負担をかけることになるので、遠慮してしまう子世帯の方はたくさんいます。

 

二世帯で注文住宅を建築する場合には、子世帯が何も言わなくても、親世帯から援助を申し出るケースは多いです。

経済的な観点から注文住宅の設計に悩んでいる場合には、いっしょに生活する親世帯の方に相談してみることをおすすめします

 

 

 

親世帯が持っている土地を活用して註文住宅を建築

そもそも、二世帯住宅の場合、親世帯が持っている千葉県の土地を活用して註文住宅を建築するケースがあります

もともと持っている土地を活用する分だけ、新たに土地を購入するための費用を節約できるので、とてもお得です。

ただ単にお金をもらうだけではなく、親世帯の土地を活用させてもらうこともひとつの援助の形です

 

〇土地をもらう場合

お互いにそこでどのような新生活をはじめたいのかしっかりと話し合っておきましょう
土地がある場所によって、毎日のライフスタイルは大きく変わってくるからです。

 

例えば、周辺に徒歩で向かえる駅がない場合には、自動車を活用して職場に向かう必要があります。
もともと自動車を持っていない方であれば、通勤のために購入する必要が出てきます。
自動車を運転するためには運転免許を取得しなければなりませんし、安くはない金額の維持費も発生するものです。

これまで電車で通勤していた方であれば、自動車通勤に切り替えることでストレスになる可能性があります。
一方で、新しい土地で新しい通勤方法を採用することにより、心身ともに毎日健康的な生活を送れるようになったケースは多いです。

いずれにしても、新たな土地で新生活をはじめる際には、今までの生活様式が大きく変わってしまうことに注意しましょう

いくら親世帯の土地を活用することがお得でも、そこでストレスを溜めてしまうことは大きな心身の健康の損失です。

 

 

親の援助を受ける以上は親世帯の意見を尊重する必要があります

二世帯住宅の場合には、かならずしも親の援助を受けることで、より豊かな生活を送れるとは限りません

自分たち子世帯がすべて費用を出す場合には、親世帯に遠慮することなく、子世帯の意見のほとんどすべてを住宅に反映させられます

一方で、親世帯にもお金を出してもらう場合には、親世帯の意見を住宅に反映させることが必要です

極端なことを申しますと、親世帯の意見をないがしろにした結果、親世帯が注文住宅に対する援助を止めるという可能性も考えられます。

親世帯に援助を受けるからには、いっしょに同じ屋根の下で生活を送る以上、かならず親世帯の意見も尊重することが大切です

 

 

親世帯と子世帯の生活空間を分離した住宅の提案

親世帯と子世帯で注文住宅について話し合った結果、お互いの意見がぴったり合うということはほとんどありません

お互いに譲歩できるところは譲歩しても、どうしてもライフスタイルの関係で譲歩できない部分が出て来るものです。

完全に同居する場合には、それでもどちらかが譲歩しなければ、注文住宅を建築できません。

 

お互いの意見が上手く擦り合わせられない場合には、親世帯と子世帯の生活空間を分離してしまう方もたくさんいます。
空間の分離方法は住宅によってさまざまです

同じ玄関やキッチン、浴室、トイレを使用するものの、個室やリビングだけを別々に分けている住宅もあれば、キッチンや浴室にはじまり、玄関まで完全に別々に用意している住宅も存在します。

基本的に、用意する設備が増えることから、完全同居型の住宅よりも、一部共用型、完全分離型の住宅の方が建築費用は高くなる傾向にあります

それでも、親世帯と子世帯それぞれが自由に生活できることから、分離型の住宅を建築する方が快適です。

 

 

建築する住宅によって親世帯の負担額は変わります

親世帯の援助を受けるにあたって、どれくらいの援助を具体的に受けるべきかはその家族の関係性によって変わってきます

例えば、全体の施工費から2割か3割支払う二世帯住宅もあれば、半分を支払う二世帯、裕福なご家庭の場合、そのほとんどを親世帯が支払う場合もあります。
経済的な状況に応じて変わってくるので、しっかりと話し合っておくことが大切です。

例えば、子世帯は施工費の半分を援助してもらおうと思っても、親世帯は2割くらいを負担するつもりでいるケースもあります。

 

お互いの生活空間を完全に分離するタイプの注文住宅の場合には、お互いに半額負担した方が無難です

 

施工費だけではなく、新生活がはじまった後の光熱費や通信費、食費に関しても、あらかじめ話し合っておくとスムーズです。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計