千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉で二世帯住宅を建てるメリット

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/03/07

千葉に住んでいて、そろそろマイホームを建てたいと考えている世帯も多いと思います。

その際に、二世帯住宅という選択肢もあります。

二世帯住宅とはその名の通り、二つの世帯が共同で住む住宅のことをいいます。一部分だけ共有している場合もありますし、完全に分離している場合もあります。千葉で二世帯住宅を建てるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

子育てのサポートを受けることができる

二世帯住宅に住むメリットとして挙げられるのは、子育てのサポートを受けられるところにあります。

千葉は東京のベッドタウンなので、毎日千葉から都心の会社に通っているという人も多くいます。最近では共働きの家庭も増えており、子育てに親のサポートが欲しいという人も増えています。子供が小さい頃は風邪をひいたり、すぐに熱を出してしまうことも少なくありません。その度に会社を休まなければならない事態になってしまいます。インフルエンザに罹患した場合等は、1週間以上も職場を休むこともあるでしょう。

職場の理解が得られればいいですが、そうではない職場も多いのが現状です。また、待機児童の問題などもあり、希望する保育園に入園できないこともあります。

そういった時に二世帯住宅であれば、子供を預かってもらえます。

残業があったり、ちょっと外出したい時などに子供を預けられるのは大きなメリットです。祖父母が近くにいることで、子供にも良い影響を与えることができます。核家族だと高齢者と接する機会が少なかったりしますが、祖父母が近くにいることで交流の機会が増えます。

ただし、人によっては子育て方針に過度に口を出されるといったデメリットもあります。子供を預かってもらっている手前、なかなか強く反対意見を言えなかったりもします。その反対に子育てをサポートしてくれることを期待していたのに、あまりサポートしてくれないといった悩みを抱えることもあります。事前にルールを決めたり、サポートの範囲を決めておくなど話し合いが必要です。

2軒の家を建てるより費用が安く済む

二世帯住宅のメリットは、2つの家を建てるよりも建築費用が安く済むというところにもあります。

建物は1つでいいので、当然ですがその分の建築コストは下がります。税金面での優遇措置が受けられる場合もあります。 二世帯住宅には共用部分が多いものと一部分だけ共有しているもの、完全分離型があります。

完全分離型の場合には、玄関・キッチン・リビングなど全てが分離しています。そのためプライバシーを確保しやすいという特徴がありますが、費用面では割高になります。共有している部分が多くなるほど費用は安く済みますが、その分プライバシーはなくなっていきます。

安い方がいいと共有スペースを多くしたものの、生活時間が合わないのでストレスになるといったケースもあります。完全分離型にしたけれど、食事は大体一緒にとるのでわざわざキッチンを2つ作る必要はなかったという場合もあるようです。 そういったミスマッチを防ぐためには、ライフスタイルやライフプランを入念にシミュレーションしておくことが欠かせません。

特に音の問題はストレスになるので、生活音がどの程度響くのかなども考慮して家を建てる必要があります。

また、どちらかの世帯が引っ越さなければいけなくなったり、病気などで亡くなってしまう事態が起こることもあります。不測の事態はいつでも起きる可能性があるので、そういった時に柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。二世帯住宅は用途が限られるので、売却しづらいというデメリットもあります。

二世帯住宅に住んでいると介護がしやすい

二世帯住宅のメリットは、介護がしやすいことにもあります。少子高齢化が進む日本では、介護はどの家庭にも起こり得る大きな問題といえます。怪我をしたり病気になったのをきっかけに、介護が必要になったという人もいるでしょう。親と離れた場所に住んでいるとすぐに駆け付けることはできませんし、日常のサポートなども大変です。

また、1軒の家に住むよりも自分の時間が持ちやすいのも大きな特徴です。介護をしているとどうしても精神的に追い詰められてしまうこともありますが、世帯が分離していることでメリハリが生まれます。

自分のスペースに帰った時にほっと一息つくことができます。 また、親族などが気軽に訪れやすいというメリットもあります。子供が複数いる場合に、長男夫婦と同居しているということもあると思います。その場合には、他の子供達が長男夫婦に遠慮して家に来にくいということもあります。二世帯住宅であれば、親世帯のみ訪れればいいので同居している人にさほど気を使う必要はありません。

親に介護が必要になった時には、顔を見るだけで安心するといったこともあるでしょう。 また、同じ家に住んでいることで安心感も得られます。高齢になってから一人暮らしをしていると、セキュリティ面も心配ですし、オレオレ詐欺など犯罪に巻き込まれていないか家族が心配するケースもあります。二世帯とはいえ家族が同じ家に住んでいるというだけで、そういった犯罪に巻き込まれるリスクは少なくなります。

サイト内検索
記事一覧