千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

二世帯住宅を建てるなら玄関は分けるべき?千葉での人気は?

千葉で二世帯住宅を建てるときに迷うことの一つに、玄関を分けるか否かという問題があります。

家を建ててしまった後になって後悔しないためにも、あらかじめ玄関を共有するかしないのかについては明確に決めておいた方が安心です。

そこでここでは、千葉県で二世帯住宅を建てる場合、玄関を分けるべきか否かについて、それぞれの特徴に触れながら紹介していきます。

玄関を分けて作る場合のメリット・デメリットについて

玄関を分けて作る場合の分け方としては、親世帯と子世帯で分けるという方法が一般的でしょう。

そしてそのように分けて作る場合のメリットですが、次のような内容が挙げられます。

まずは、お互いに気を遣う機会が減ることです。例えば、宅配便や郵便物が届いたときや、それぞれの友人を招いた際などを例に挙げると分かりやすくなります。お互いの干渉を減らせることから、気を遣う機会も減らせるようになります。それぞれの家庭の最低限のプライバシーを守ることにも繋がりますし、このことはメリットと言えるでしょう。

また、将来的に家が不要になった場合、二世帯住宅を賃貸物件として扱いやすいという特徴もあります。

続いてデメリットについてです。デメリットとしては、世帯間のコミュニケーションがとりにくくなる、あるいはとる機会が少なくなることが挙げられます。お互いの生活スペースが分かれることから、意識してコミュニケーションをとらなくてはなりません。加えて、お互いの生活や交友関係の把握がしにくいことから、いざという時に対応が遅れる可能性があります。前述した内容と合わせて、この点もデメリットと言えるでしょう。

この他にも、玄関が2つとなることから、1つの場合と比べると居住スペースが狭くなるという点も挙げられます。二世帯住宅を建てる際の費用面でも、1つよりは2つの方がかかる費用は大きくなりますので、その点もデメリットの一つに加えられます。

共有する場合のデメリットを解消するには?

次に、玄関を共有する場合のデメリットを解消するためには、どのような工夫が必要なのかについて見ていきます。

共有する場合のデメリットとして挙げられるのは、分けて作る場合のメリットの裏返しです。要するに、来客時や郵便物・宅配便などが届いた際にお互いに気を遣うことが、一番のデメリットとして挙げられます。

そしてこの問題を解消するためには、お互いにあらかじめルールを決めておく方法が効果的です。靴を出しておく場合の数や位置、収納場所の使い方などの日常的なルールです。

また、来客がある場合は、お互いの世帯でその情報を共有しておく必要があります。掃除するのは誰なのか、どのようにして行うのかなども、事前に決めておくとストレスやもめ事を減らせるようになります。

その他にも、家が不要になった場合に賃貸しにくくなるという点もデメリットですが、売却という方法もあるため、今から不要になった場合を考えて慎重になり過ぎる必要はないでしょう。

以上のようにデメリットについて記載していくと、玄関を共有することに対して不安や不満を感じる方も出てくるかもしれませんが、前述したように共有する場合にはメリットもあります。むしろ、それぞれの世帯間でルールを決めてストレスなく共有できるのであれば、あえて分ける必要はないのかもしれません。世帯間でのコミュニケーションが取りやすくなりますし、居住スペースだって広くなります。二世帯住宅を建てる際の費用もその分だけ抑えやすくなりますし、考え方によっては十分魅力的な内容です。

結局千葉ではどちらが人気?口コミについても確認

結局のところ千葉で二世帯住宅を建てるなら、玄関は分けるべきなのか、共有すべきなのか、どちらなのでしょうか。参考までに、分けて作った場合と共有している場合それぞれの立場からの口コミを掲載しておきます。

・分けて作った方が子供も友だちを呼びやすいですし、義理の両親の友人も気兼ねなく訪問しやすいようです。分けて正解だったと感じています。

・共有していますが、来客があった際に義母に誰が来たのかの確認をされるのがストレスです。お互いのプライバシーを確保するためには、分けた方が良かったと反省しています。

・それぞれの家庭では生活リズムが大きく違います。分けている方が、出勤時や帰宅時などに気を遣わずに済むので助かっています。

・2つの家族で共有していますが、これといって不便に感じたことはありません。世帯間で仲も良いですし、適度なコミュニケーションにも繋がります。外出していても、片方の世帯で残っている人が宅配便などの荷物を受け取ってくれるので助かります。

以上のように、口コミでは分けた方が良いという人と、そうでない人との両方に分かれます。結局のところ玄関は分けるべきか否かについては、どちらの方が絶対的に良いということはありません。世帯間で何を重視したいのかによって異なった結論にたどり着くでしょう。建築後に後悔しないためにも、2つの世帯間で十分に話し合い、それぞれが納得できるような結論を導き出すのがおすすめです。

サイト内検索
千葉の二世帯住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧