千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅とはどういう時に建てる?

二世帯住宅とはどういう時に建てる?

〇二世帯住宅とは
文字通り二つの世帯が同じ敷地内で且つ同じ建物に居住している状態の家を指します。
ただし、玄関は別々であり居住スペースも独立していますので一軒家がメゾネットタイプのアパートになったようなものです。
実はメリットがたくさんあります。
これから一軒家を購入したいと考えている実家を引き継がなければならない長男の人は特に知っておかなければなれません。

 

嫁と姑問題もこれでシャットアウト

大抵の嫁は、姑なんかと絶対に同居はしたくないといいます。
確かに嫁と姑の問題は切っても切れない問題です。
何かとつけてやたらと干渉してくる姑にはうんざりしている嫁は多いです。
地方都市では姑と同居するという考えがいまだにすたれていませんので、尚更うんざりするものです。
しかし、二世帯住宅であればこれが解決する事ができます。
★外観は何の変哲もない一軒家ではありますが、近くから見れば玄関が二つあります
★そして、一階部分と二階部分の居住スペースが完全に独立したつくりになっています。
つまり、一軒家であるものの、それぞれの世帯の居住するスペースが完全に独立していますので、プライバシーを守る事ができます。
★そして、孫は可愛いといいますか、自分たちの子供の子育てに口出ししてくる姑には非常にうんざりしている嫁は多いはずです。
幼稚園はあそこに通わせたほうがよいだとか、小学校はあそこの学校がいいだとか、いちいち口出しされるのはうんざりします。
これは嫁と姑が同居していれば不可避な事ですが、二世帯にしておけば居住空間は嫁と姑でシャットアウトしていますので、姑から口出しされる事は皆無です。
このように自分たちの子育ての面でも良い面がある住宅です。
このように既に玄関で完全に居住スペースが分離していますので、嫁からしてみれば毎日毎日姑の顔を見る事がありませんので、余計なストレスがたまる事がありません。
そして、姑の干渉をシャットアウトできることで子育ても安心して出来ますので、嫁からしてみれば居住するには大変住み心地が良いものです。

 

旦那側からしてもメリットがあります

もし旦那が長男の場合は、大抵は実家に戻ってくるようにと姑から口酸っぱくなるほど言われる事があります。
仮に戻ろうとしても、嫁が姑との同居はまっぴらごめんと言い出しかねません。
そうなると、旦那は頭が痛くなってしまいます。
最も、一軒家を購入しようと考えた場合、土地探しから始めなければなりませんので、嫁と姑との問題に頭を悩ませてしまい、マイホーム購入でも頭を悩ませてしまい、いいことがありません。
しかし、二世帯住宅であれば一気に問題解決です。
★まず、土地は実家の土地をスクラップビルドして建てればいいですので、土地探しをすることはありません
旦那が負担するのは家の建築費だけですので土地購入代金で使うはずだった資金を建築資金に回すことが出来ますので、結構よいマイホームを建てる事が可能です。
★そして、居住スペースも二世帯で完全に分かれていますので嫁と姑が毎日顔を合わせる事がありませんので、嫁が姑に対してストレスをためる事がありませんので、結婚生活は順風に進むことでしょう。
★さらに、一応実家に戻ったことになりますので実家を引き継いだという事にもなりますので、長男としての面目を保てたことになります。
このように、旦那の側でもメリットがあります。

 

家を建てるのであれば、慎重に計画を!

やはりマイホームは一生に一度の高い買い物ですので慎重に決めないといけません。
建売住宅と違い、注文住宅と同じですので自分たちの意見は通りやすいのが魅力の一つです。
ただし、いろいろと欲張ってしまいますと予算オーバーする事がざらにありますので、自分たちの予算に合わせて意見を出すのが重要事項です。
そして、旦那の父親や母親の意見も一応聞くことになりますが、一番良いのは一階部分と二階部分を同じつくりにすることです。
こうすれば部屋のつくりは同じですので、コストカットにつながり予算内に収まるかもしれません。

〇まとめ
同じ敷地内で二世帯に分かれていますので、一軒家に見えて実はそうではないというつくりが最大の特徴です。
このようなつくりの住宅であれば、嫁の側からしてみれば姑と一緒に住むことがありませんので、余計なストレスがたまる事がありません。
旦那との結婚生活が充実しますし、子育てにおいても、姑から余計な口出しをされる事がありませんので、嫁からしてみれば良い事尽くしです。
旦那としても、特に長男であれば実家のある土地に建ててしまえば名目上では実家を引き継いだことになりますし、万が一の場合自分の両親の面倒を見る事が出来ますので、旦那の側からしてもいい事尽くしです。
これらの点を踏まえて考えますと、嫁の側からしても旦那の側からしてもよい事尽くしですので、住み心地の良いマイホームといえます。
そして、旦那の実家の土地に建てるのであれば、土地代を浮かせることが出来て建築費だけで一軒家を建てる事ができますので、コストカットにつながるコストパフォーマンスが良い住宅であるといえます。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧