千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅で完全分離の間取りを作りたい

二世帯住宅で完全分離の間取りを作りたい

家を建てようと考えた時、親の家も老朽化しているといわれたことはありませんか?
築年数も相当立っており、屋根や外壁も傷んでいる。
床も歩けば変な音がして大きな地震が来た時に耐えられるか不安だと感じたことはありませんか?
そうなった時、おそらく同居を考える人もいるでしょう。

しかし、今まで別々に過ごしてきた家族が一つ屋根の下で暮らすことをストレスに感じることが多いです。
特に嫁姑問題で、子育て世代と親世代は起きる時間も行動内容も違います。
加えて食事の好みも違うのでお嫁さん側は非常にストレスに感じることが多いのです。

しかし旦那さん側からすると育ての親を放置することが出来ないと考える人が多いです。
ではこの生活リズムが違う家庭を何とかすることはできないのか。
そうなった時、多くの方が選択するのが「完全分離の二世帯住宅」です。

 

完全分離の二世帯住宅にするメリット

一言で二世帯と言っても大きく分けて3つになります。
「完全分離型」「部分共有型」「同居型」です。
部分共有は例えばお風呂だけ一緒にして後は別々にするという考え方で、同居型は同じ空間ですべてのものを共有するスタイルです。

この中で特にトラブルが多いのは同居型です。

○なぜ、同居型がトラブルになるのか
上記であげたように子育て世帯と親世帯では生活リズムが違う事、食事の好みも違うしプライバシーも確保されない空間はストレスに感じる人が多いのです。
更に介護となればほとんどの場合お嫁さんが手助けをすることが多くなるので、一人の時間が欲しいと感じてしまいます。

そんな悩みを少しでも和らげることが出来るのが完全分離型の二世帯住宅です。
それぞれが住む移住空間が完全に分離している住宅で玄関を始め台所やトイレにお風呂や寝室などすべての空間が別々に分けて作られています。

○完全分離型の二世帯住宅には大きく分けて3つに分けられます
★1つは建物が二つあり、完全に別棟になっているタイプである。
★2つ目は長屋のように2棟が隣り合わせになり、内部にドアがあってつながっている左右分離型。

★3つめは二階建ての建物で1階と2階にそれぞれ居住空間がわかれています。
玄関が2つあり外階段や内階段を使って別々の玄関から出入りできる上下分離型です。

この中で比較的選ばれて居るのは上下分離型です。
1階に親世帯が暮らし2階に子世帯が暮らすという方法です。
完全分離型にすることでお互いのプライバシーを完全に守ることが出来、干渉を受けずに生活できるという事です。
旦那さんからすれば親なので特に何も感じないという人はいますが、お嫁さんからすると義理の両親から干渉されることは大きなストレスになります。
そのまま関係が悪化してしまうよりも、完全にプライバシーを守れる完全分離型の二世帯住宅を選ぶ人は増えています。

○ただし家を建てるうえで費用は一般住宅よりも高くなってしまいます
費用はおよそ普通に建てた金額の1.5から1.8倍です。
普通の家を大きく建てたほうがお得なのではと考えてしまう人もこの時点でいますが、やはりお嫁さん側からは完全分離住宅は人気があります。

○間取りについて
まず親世帯はいずれ高齢になり介護をしなくてはいけません。
そのため全面バリアフリーな家がいいでしょう。
手すりがついていたり、段差がない家にすれば転ばずに済みます。
車いすになった時も生活がしやすいので細かく部屋を何個か区切った間取りにするよりも広い空間を確保できる間取りがいいでしょう。

○一方子世代の間取りは
お子様が将来自分の部屋が欲しいといったとき、子供部屋の確保、寝室に客間など空間をいくつか区切った間取りがいいでしょう。
また近年では子世帯に対する負担が大きいという事も問題視されています。
特に子世代は子供を育てながら同時に親の介護をしなくてはいけない、待機児童問題もあり子供を預けて働ける環境づくりも進められています。
また現在二世帯住宅を建てる家庭に対して補助金の準備も進められています。

 

親と子がそれぞれ生活しやすい環境作りをする

二世帯住宅は親と子がそれぞれ気持ちよく快適に過ごせることが目的です。
そのため家を建てるときに両方の意見をしっかりと聞き、建てた後にこんなはずではなかったと後悔しないような家づくりをしましょう。

二世帯住宅は一般住宅よりも建築費用は高くなってしまいます。
しかし、間取りやハウスメーカーによっては価格を抑えながら建てることも可能なのでたくさんの展示場を回るようにしましょう。

完全同居はストレスがたまるけど、プライバシーが確保できる完全二世帯住宅は現在人気のある二世帯住宅です。
二世帯住宅と言っても玄関は同じの右分離型、上下分離型、建物が別々という形があります。
ある程度プライバシーをしっかり守りたい場合は玄関も建物も別々の分離型はお勧めです。
親と子が無理なく快適に過ごせる住空間をしっかり考えていきましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧