千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

二世帯住宅を計画的に建てるために必要なこととは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/29

二世帯住宅を建てるときには一家族だけが住む注文住宅を建てるときに比べて計画性が重要になります。親世帯と子世帯が一緒に快適な生活を営めるようにしなければならないのが大きな理由ですが、どのような準備をしておかなければならないのでしょうか。

三つの観点から計画的に準備を整え、スムーズに建築依頼を出せるようにしましょう。

生活スタイルについて相談しておこう

二世帯住宅を建てるときには親世帯と子世帯がどのような関係で暮らすかをまず考えなければなりません。

間取りの決め方を考えるうえで最も重要になるのが親世帯と子世帯の現状の生活スタイルと、一緒に暮らし始めてからの生活のあり方について考えを共有することです。起床時間や就寝時間、食事をするタイミングなどが合っているかをまず確認したほうが良いでしょう。

もし現状としては同じタイミングだとしても、一緒に生活し始めてからどうするかによって間取りも変えることになります。一緒に食事をしようということになったらキッチンは大きめのが一つあれば大丈夫ですが、別々にしたいと思ったらキッチンやダイニングを別に用意しなければならないのです。

必ずしも二世帯住宅にするからといって全ての部屋を共通で使わなくても問題はなく、極端なケースでは一階は親世帯、二階は子世帯として玄関すら別にしてあるケースもあります。

互いに希望する生活スタイルをそれぞれ実現できるようにしようと考えるとキッチンは一緒にしたいけれどリビングは別々にしたいといったこともあり、部分的に共有するという形にするのも珍しくありません。両世帯の意見が全て一致してしまえばスムーズに仕様が決まりますが、意見が合わない部分も出てくるでしょう。

生活スタイルに関する希望のすり合わせには時間がかかりがちなので、早い段階から計画的に相談を進めておくのが重要です。

住宅へのこだわりについて話し合おう

住宅を共有することになるので親世帯と子世帯でどんなこだわりを持ちたいかも早めに話し合っておきましょう。その結果によってどの業者に相談して注文住宅を建てるか、あるいはどの地域にどのくらいの広さの土地を探すかも変えなければならない場合もあるからです。

キッチンやリビングなどの共有するときにはどんな仕様が良いかを細かく議論して決める必要がありますが、完全に独立した空間を作る場合にも住宅そのものは共有するのでどんなコンセプトの設計にするかは共通認識を持っていなければなりません。

健康のために自然住宅にしたい、安全のことを考えてオール電化にしたい、これからの時代の流れを考えてスマート住宅を建てたいなどといった希望がある場合には、家全体でその設計にする必要が生じます。

ただ、バリアフリーのように部分的に設計できるものもあるので、希望をリストアップしてからどの範囲でまず意見をすり合わせるべきかをよく考えましょう。

まずはこの大枠のこだわりについて両世帯で同じ考え方を持てるようにするのが肝心です。そのうえで共有する部屋や設備の仕様について細かく意見を出し合って決めていくのが良いでしょう。

相談しながら資金計画を立てておこう

注文住宅を建てるときには資金計画が重要というのはよく知られていますが、二世帯住宅を建てるときにはこの問題が切実になります。誰がいくら出すのかを決めて、必要に応じて貯金をしておかないと計画倒れになってしまうリスクがあるからです。

一世帯で注文住宅を建てる場合には住宅ローンの仮審査を受けて借りられるお金がどのくらいかを調べ、住宅にかけられる現金をどのくらい持っているかに応じて予算を決めれば問題ありません。

しかし、二世帯住宅の場合にはやや複雑で親世帯と子世帯の代表がそれぞれ住宅ローンを組むという形は原則として認められず、親子リレー返済や親子ペアローンといった特殊なローンを組むことになります。ローンの返済方法によってそれぞれの世帯が受ける負担も違うため、よく話し合いをして決めることが欠かせません。

あるいは親世帯か子世帯の代表の一方が住宅ローンを借りて建てるという形になるので、どれが互いに納得できるかを十分に協議しましょう。二世帯住宅を建てるタイミングによって状況はかなり異なり、親世帯がすでに年金生活のこともあれば、子世帯がまだ就職したてのことやちょうど子供が生まれた頃ということもあるでしょう。

その現状とローンを返済している期間中の生活状況の変化をよく考え、親世帯も子世帯も納得できる支払い方を決めるのが肝心です。そして、その資金計画に基づいてそれぞれがお金を準備し、収入を安定させるという努力をすれば失敗することはあまりありません。

 

二世帯住宅を建てるときには親世帯と子世帯の間で十分に相談をして準備を整えるのが肝心です。現状の生活スタイルを互いに理解し、一緒に生活を始めてからどんな生活をしていくのかを早い段階ですり合わせておきましょう。

それと合わせて住宅に対してどんなこだわりを持っているかを話し合い、建てる住宅のイメージを膨らませておくのが大切です。そして、住宅ローンの借り方や返済の仕方を含めた資金計画を立てて準備をしておけばきっと良い形で注文住宅を建てられるでしょう。

サイト内検索
記事一覧