千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

実は勘違いしている?注文住宅の意味

注文住宅を建てようと思った時には、家を建てるための土地を準備しなくてはいけません。

そして、土地とは別で家を建ててくれる会社を選び、細かなことを決定して家を建てるという流れになります。

しかし、これらの流れの中で細かな違いがあることがあり、その違いによって家を建てる時の自由度や手順などが違ってきます。

勘違いをしている人も多いこともあるので、改めて注文住宅の意味を考えていきましょう。

全てを自分自身で決められるが制約もある

自由設計の家というと、何から何まで自由に決められるようなイメージがありますが、実際には全てを自由に決められるわけではありません。

まず最初に気にしなくてはいけないことが予算です。

好きなものを全て導入していると、どんな家であっても予算をオーバーしてしまうでしょう。

限られた予算内でやりくりをしながら、できる限り好きなものを取り入れて行くことが大切です。

そしてその時には自分たちで、どこを節約してどこにお金を使うのかを細かく決めることができるので、そういった意味で自由度が高いとも言えます。

建築会社によって違いがありますが、特別な決まりがなければ、細かな組み合わせは自分たちで調整できるはずなので、予算の関係であきらめなくてはいけないことがあったとしても、納得した上であきらめることができると思います。

何もわからずに希望をあきらめなくてはいけないというわけではなく自分たちで選択をして決めることで家への愛着が増し、自分達らしい家づくりをすることができます。

また節約をするために、施工の一部を自分たちで行うという人もあり、家を作る段階に参加することで、より強く自分の家だという意識を持つこともできるでしょう。

制約があるにしても、自分たちであきらめるところを選べるというのは大きなメリットです。

条件付きの自由設計で建てる家も含まれる

自由設計というと、住宅会社を選ぶところから自由だと思っている人がいるかもしれませんが、中には依頼する住宅会社が指定されている場合があります。

それは土地を購入する時に決まることですが、場合によっては家を建てる時の会社が指定されている物件があり、その場合にはその住宅会社に依頼するという条件付きで土地を買うことになります。

住宅会社によっては自由設計とはいえ、おおよそのプランが決まっているところもあるので、標準仕様から大きく外れた家を建てようとすると、割高になってしまう可能性もあります。

土地を購入する時にそういった条件がついているかどうかをしっかりと確認することは大切ですし、もしも条件がついている時には、どのような家を建てることができるのかを事前に確認してから購入を決めましょう。

焦って決めてしまうと、せっかく土地と建物を別々で購入したにも関わらず、希望通りの家を建てられなくなってしまうからです。

交渉次第で、条件を外してもらうことができるかもしれませんが、その場合には土地の価格に上乗せ分がかかるので、価格的に厳しくなる可能性もあります。

自由度の高い住宅会社だった場合には、割安な価格で土地を購入することができるので、考え方によってはお得な物件とも言えます。

住宅会社だけが指定される形であれば、建てる家の内容は自分たちで決めることができるでしょう。

予算を安く抑えるためには標準仕様を採用する

自由設計の家で困ることは建つまでに時間がかかることで、決めることが多すぎると家づくりに苦痛を感じてしまうこともあるようです。

そういった時のためというわけではありませんが、住宅会社によって標準仕様が決まっています。

これは住宅会社がおすすめする設備などで、メーカーなどと協力していることが多いので、定価よりも割安な価格で購入することができます。

そのため、細かな注文をつけずに標準仕様ばかりの家にした時が価格的には最も安くなる可能性もあります。

そして選ぶ時間が節約できるので、標準にしておけば時間も短くすることができるでしょう。

自由設計だからと言って全てを決めなくてはいけないのではなく、最初に住宅会社のほうから標準仕様を説明されるので、それでは不十分だと思うところだけを自分の好きなように変更をするという家づくりもできます。

この方法ならば、予算の計算も立てやすくなります

しかし、全てをおまかせで作ってしまうと、自由設計の家を選んだ理由がなくなってしまうので、こだわりのある部分は時間をかけてでも好きなものを取り入れていきましょう。

予算的には同じ内容のものと比べるとかなり割安になっていますが、その設備が必要ないという時には、さらに費用を節約することができます。

標準仕様の中には自分たちの家庭にとっては不必要なものが取り入れられていることがあるので、そういったものを取り除きたいという希望がある場合には仕様をひとつひとつチェックしていく必要がでてきます。

まとめ

自由設計はただ好きなものを取り入れた家づくりをするのではなく、家全体を見て設計に取り組まなくてはいけません。

細かな部分だけを好みのものにするという使い方もできますし、全てをゼロから作り上げることもできます。

色々な方法があるので自分たちの欲しい家はどのようなものなのかを考えて全体のバランスをとっていきましょう。

家づくりにかける時間がある場合には、こだわって自分らしい家を作りだすのもおすすめです。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧