千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉の施工事例から見る二世帯住宅の注文住宅を建てるメリット

千葉県には、二世帯住宅を得意とする注文住宅メーカーが数多くあります。

そのため、千葉県内で二世帯住宅の施工事例を実際に見に行くことが可能です。

二世帯住宅は、決まった間取りというよりは、各クライアントの要望に応じた「個別性」が強い住宅スタイルのため、実際に施工事例を見ることが特に重要になります。

ここでは、施工事例から見る二世帯住宅を注文住宅で建てるメリットについて説明します。

 

交流の場にメリットあり!注文住宅の魅力

二世帯住宅を注文住宅で建てる最大のメリットは、自由な間取りが検討できることです。

注文住宅メーカーの中には、決まった間取りタイプで売り出しているケースもあり、クライアントの要望に合わせた自由な間取りができない場合があります。

さらに注文住宅メーカーで設計を依頼することにより、最も重要なポイントとなる世帯間の距離感について、より繊細に計画することができます。

施工事例においても、この世帯間の距離感は重要な要素となっています。

具体的には、共有部がなく、同じ家でありながら独立したタイプのものや、キッチン、風呂、トイレなど、可能な限り共用できるものはするタイプなどの施工事例があります。

他世帯との親密さにも影響される要素ですが、せっかく二世帯住宅を注文住宅でつくるのであれば、世帯間の交流を積極的にうながすものを検討したいところです。

この交流の場のつくり方も様々なものがあり、意図的にリビングを大きくして交流しやすくしたり、広めの玄関ホールに腰掛ベンチなどを設けてたまり空間をつくり、交流をうながす仕掛けのある施工事例も多いです。

うまくいっているケースを見ると、強制的に他世帯で使わざるを得ない共用部よりは、任意で使用できる交流の場の方が、自然な形で世帯間交流をうながすことができるようです。

具体的には、リビングの一角にある畳コーナーや、リビングに面した縁側などになります。

 

世代間交流で解決!生活負担の軽減

二世帯住宅を注文住宅で検討することで、各世帯の負担を軽減できるというメリットを受けやすくなります。

施工事例としては、親年代が働きに出でいて祖父母世帯が常時家にいるケースで、子どもが学校から帰宅した際に、親年代がいなくても祖父母が面倒を見ることができるというものがあります。

これは、親年代の負担を少なくするとともに、祖父母年代と子年代が自然と交流をはぐくむことができるひとつの理想形です。

祖父母年代にとっても、教育者として孫と接することができるため、生涯学習や人生100年といった視点からも、非常に満足のいく生活スタイルになると思います。

将来において祖父母に介護などが必要になった場合、二世帯住宅であれば物理的な距離が近いため、世話をする親世帯の負担を小さくできるメリットもあります。

また、段階的な介護に応じることも可能です。

例えば、動ける内は積極的に動き、寝たきりになっても閉鎖的にならないような空間構成にすることなどです。

各年代の負担を軽減するという目的を達成するには、おのずと共有できる場所は共有するような交流促進タイプにする必要があります。

それは同時に、世帯間の親密さを維持したり、価値観を認める理解力が求められるため、神経的にしんどいというケースもあるようです。

いずれにしても、世帯間の距離が近く共有スペースが多い施工事例ほど、各世帯間の負担を軽減できる傾向がでています。

 

コストメリットもあり!共有部の考え方

二世帯住宅のメリットのひとつに建設コストを抑えられることがあります。

これは単純に、別棟二棟でつくるより一棟にしたほうが安くなるという考え方です。

外壁や屋根、基礎や構造躯体を一体的に構成することで、最小の部材で家をつくることができます。

千葉県における施工事例のなかでも、このコストメリットに主眼を置いたものがいくつもあります。

基本的な考え方として共有できるものを共有することが、建設コストを抑えるキーポイントとなります。

最も金額的な影響が大きいのは、お風呂やトイレ、キッチンなどいわゆる水まわりです。

この部分は、共有すれば建設コストを劇的に抑えることができる一方で、クライアントによっては、絶対に共有したくない部分になるケースが多く、千葉県の施工事例をみても極端に二極化される要素になっています。

一方で、水まわりを共有しないことで、どちらかが不具合で使用できない状況があっても、もう一方を使用できるというメリットがあり、一長一短あるところだと思います。

また、見落としがちなのは、この水まわりの共有におけるランニングコストです。

高熱費の主となるもののひとつであるため、水まわりが複数あるとその分ランニングコストが発生してきます。

そのため、実際に注文住宅で二世帯住宅を検討する際は、このランニングコストの観点も考えておくことが重要です。

共用部の多さは、建設コストのメリットだけでなく、同時に世帯間交流をうながすものになるため、このふたつを同時に実現できる可能性を秘めています。

サイト内検索
記事一覧