千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

実家を二世帯住宅に増築するメリットとデメリットとは?

二世帯住宅を作る方法としては新築で建てる方法と、現在住んでいる家を増築して二世帯にするという方法があります。

ここからは既存の家を増築して二世帯住宅にすることにはどんなメリットがあるのか、またデメリットはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

 

既存の家をリフォームするメリットを知る

現在は親とは別の家で暮らすということは珍しくなくなりましたが、将来のことを考えて一緒に暮らしたいと考える人も少なくありません。同じ家に同居という方法もありますが、それではお互いにプライバシーを守ることは難しくなります。

土地が広ければ別棟を建てて同じ敷地内で生活するという方法もありますが、土地の広さが足りない場合は二軒の家を建てるのは難しいと言えます。それゆえ、ひとつの家で親世帯と子世帯がよりプライバシーを守りながら生活できる二世帯住宅への注目も高まっています。

この場合は新築で一から建てるという方法もありますが、本宅がまだまだ新しい、壊してしまうのは勿体ないという場合もあります。そんな場合はリフォームや増築を行うことで、既存の家を二世帯にすることも可能です。

まず、増築して二世帯にするメリットを知っておきたいところですが、まず実家を壊す必要がありませんので解体の費用も抑えることができますし、新築で一から建てるよりも費用が抑えられることも多くなっています。

工事中は別に仮の住まいを探さなくてはならないこともありますが、工事の規模によってはそのまま生活しながら工事が行える場合もあります。そして別棟を建てることを考えると家事導線が短くなりますので、将来介護が必要になった場合も負担が軽くなるのもメリットと言えるでしょう。

この他では条件を満たしていれば固定資産税などの税金の軽減措置が受けられるということがあげられます。

 

工事前にはデメリットも知っておこう

既存の家から二世帯住宅にする工事にはメリットも多くありますが、実際に工事に取り掛かる前にはメリットだけではなくデメリットがないかも知っておきたいところです。

まず、既存の住宅がまだ新しい場合は、それほど大きな修繕の必要はありませんが、既存の住宅が古くなっている傷みが目立ってきているという場合は実家部分もリフォームに多くの費用が発生する可能性があります。

工事内容によっては建て替えに近いほどの大きな金額が発生する可能性もありますので、建て替えとどちらがお得になるのかもよく調べておきたいところです。リフォームを行う場合もそれなり費用は発生しますのでローンを組む人も少なくありません。

その場合は実家部分も敷地も担保になるということは理解しておきましょう。さらに、将来的に親世帯のスペースが相続となった場合はその部分を使いきれず持て余す可能性もあるということは知っておきたいところです。

親の家を別に建てている場合は必要がなくなったら、その家を売ったり、人に貸したりということができますが、二世帯住宅では一部分だけを売ったり貸したりというのは難しくなります。そして工事内容によっては完全にプライバシーを保つのは難しいということもあげられます。

 

理想の二世帯住宅にするためには

二世帯住宅とひとことに言っても、完全に別の家のようにプライバシーを守れる作りもあれば、玄関など一部を共有にしたい、同居のスペースを作りたいなど人によって建てたい家は違いがあります。

それゆえ、理想の住まいにするためにはしっかりと考えて良いプランを選ぶことが大事です。実際に家を建てる際にはハウスメーカーや工務店に依頼することになりますが、この場合も二世帯住宅に強く多くの実績を持つ業者を選ぶことが大切です。

千葉でも多くの工務店やハウスメーカーが存在しますが、まずは地元の業者の情報はよく調べておきましょう。増築する際はまずは相談を行い、見積もりを出してもらうことになりますが、費用の面でも安心できるか、提案力が優れているかもよく確認しておきたいところです。

見積もりや提案力に納得ができない場合はすぐに依頼せず、別の業者にも相談してみると良いでしょう。複数の業者で比較すると相場や対応力の良さがわかりますので慎重に選んでいきたいところです。

 

二世帯住宅を建てる場合は新築で一から建てるという場合もありますが、実家を増築して二世帯にするという方法もあります。この場合は実家を壊さずに工事を進められる、工事内容によってはそのまま生活が続けられる、新築に比べて費用が抑えられるなどのメリットがあります。

デメリットも知っておきたいところですが、実家の状態によっては実家部分のリフォーム費用が意外と高くなることも考えられます。さらにリフォームローンを組み場合は実家部分や敷地も担保になることも知っておきたいところです。工事内容によっては完全にプライバシーが守れない可能性もあります。

理想の家にするためには業者選びも大切となりますので、実績や評判もよく調べ慎重に選んでいきましょう。

 

サイト内検索
記事一覧