千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

失敗しないために!注文住宅は打ち合わせが大切

これから新しく一戸建て住宅を作り、そこで一生暮らしていくことを考えているなら打ち合わせで手を抜いてはいけません。

考えられる要望はすべて施工業者に伝えて、納得できる住宅に仕上げていかなければいけないのです。

注文住宅の長所は要望を全て伝えられること

最近は一戸建て住宅の需要も減ってきているため、多くの人がマンションなどを探していますが、だからといって一戸建てがなくなってしまうことはありません。

昔は高層マンションこそが高級住宅でしたが、今は平屋住宅の良さが見直されてきており、それに伴って新築の一戸建て住宅を建てようとする人も増えてきています。

その際にはこちらの要望を伝えて、その通りに設計、施工してもらう注文住宅というやり方がおすすめですが、これを選ぶ際にはある程度心構えが必要です。

賃貸住宅の契約や、中古物件などの場合はいかに妥協していくかが重要となりますが、注文の場合はその逆となります。

もちろん予算の都合などであきらめなければいけない点はありますが、施工業者に思いつく限りの要望を伝えることが最優先です。

あまりわがままを言うといつまでたっても施工に入ってもらえないと考えてしまいがちですが、実際には要望をたくさん伝えたほうが設計図の出来上がりが早いといえます。

施工する工務店やメーカーからしてみるとどういった設計にすれば顧客が満足するのかわからないので、要望をたくさん伝えてもらったほうがやりやすいのです。

むしろ、遠慮して妥協されてしまうと施工した後になってから不満を言われるなど、面倒なトラブルに発展する可能性があるのでやりにくくなります。

こういった事情があるので、最初から業者の担当の人には全力で要望を伝えていくようにすると、スムーズに住宅を建てていくことができるのです。

住宅設備に関する注文内容について

注文住宅では間取りなどは割と早く決まるものですが、生活するうえで使用する住宅設備に関してはかなり悩むことになります。

ただ、施工業者側もそのあたりのことは経験上知っているので、わからないところや知りたいことはどんどん質問するといいでしょう。

案内のパンフレットなどを見ても全くわからないことも多く、結局どういった設備を付ければどんな生活になるのかのビジョンが見えてきません。

そうした悩みを解決するには実際にその住宅設備を見てみるのが一番であり、後々になってから失敗することのないやり方となっています。

住宅見学会はどこの業者でもやっていることなので、そういったイベントにしっかり参加していくとうまく住宅設備の良し悪しを見つけやすいです。

キッチン周りや浴室周辺、トイレなど実際に見ることですぐに理解できる設備ばかりなので、わかりにくかったスペックなどをすぐに知ることができます。

空調関連も実際に機能しているところと、操作性がどの程度いいのかを知ることができるので、設置した後に使い勝手が悪かったなどということがなくなるのです。

住宅設備は高齢者の方でも使いやすいものであれば一生住むのに最適なので、今だけでなく未来のことも考えて設備を整えていきましょう。

壁の断熱性なども考慮していけば年間のエネルギー消費も減らせるので、空調だけでなく壁や天井、床のことも考慮に入れていくとうまくいきやすいです。

外構にも気を使うと様々な恩恵が得られる

住宅で一番気になるのは居住空間にかかわる内装ですが、それだけでなく外構にも気を使っていくと様々な恩恵を得ることができます。

見栄えにいい住宅は周囲に与える印象もよいものとなり、その地域で長く暮らすのに都合のいい建物になっていくでしょう。

また、玉砂利などを敷き詰めておくと見栄えがいいだけでなく、泥棒などの侵入しにくい建物にしていくこともできます。

防犯対策はカメラやセンサーなどが注目されていますが、玉砂利などを敷き詰めるなどの電気を使わないものがとても有効です。

生け垣などを設置するのも有効で、侵入しようとすると目立ってしまうというのは想像以上のメリットがあります。

その地域の治安にも関わってくることであり、外構工事を適切に行っていくことで周囲に信頼される住宅になっていくのです。

土がむき出しだと雑草が生えてきて草むしりが大変なので、防草シートを敷いてから玉砂利を敷き詰めていくとさらに住みやすい住宅になっていきます。

こういったノウハウは施工業者が持っているので、外構に求める機能なども注文していくといい外構に仕上げてもらうことができるでしょう。

住宅の外側はあまり気を使う人がいないためにこういった機能を備えていない住宅が多いですが、外構工事は内装工事にも引けを取らないほど重要な工事なのです。

まとめ

注文住宅を建てる際には遠慮しないで要望を伝えることが大切なので、打ち合わせの際には思いつく限りのことを言いましょう。

住宅設備などは見学会に参加して良く確認しておき、建物の外側である外構に関する注文もしていけばいい住宅にしてもらうことができます。

妥協しないで要望を伝え、一生住み続けることができる、暮らしやすく地域で信頼される住宅にしていきましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧