千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉で二世帯住宅を注文住宅で建てる!間取りで気をつけるポイント

千葉で二世帯住宅を注文住宅として建てたいのであれば、住みやすさを実現するためにも間取りのポイントを抑えておく必要があります。

二世帯住宅を注文住宅で建てるとなると、普通の一世帯のみが住む家を建てるよりも多くのお金がかかりますから、やり直しはなかなかできません。

だからこそ、自分たちにとって住みやすく心地の良い家のタイプについて事前にある程度の把握が必要となります。

大家族の醍醐味が味わえる完全同居型のポイント

家族を構成する人たちそれぞれの寝室以外の全ての空間を共用するタイプの『完全同居型』の間取りは、親世帯と子世帯間で生活スタイルに大きな開きが無く、関係性も良好な場合に最適な間取りといえます。

完全同居型はどこに居ても人の気配を感じながら生活することができるので、生活の中に安心感を得られるというのも特徴です。

千葉で完全同居型タイプの注文住宅を建てるならば、家族全員が集まっても窮屈でないくらいの広いリビングを設けておくのがポイントです。そうすることで互いに程よい距離感を保ちながら、のんびりと自分のしたいことをすることができます。

逆にリビングが狭いと、一人一人のしていることが誰かに干渉してしまう可能性大です。こうなってしまうと、リビングが憩いの場でなくなってしまいます。 加えて広さにいうならば、玄関やキッチンもリビングと同様に、通常よりも広く場所を取っておくのがおすすめです。

玄関は人が多く出入りをする場所なので、二世帯でない一軒家でも広めの方がストレスなく生活できると言われていますから、完全同居型ならばより広く大きめにスペースを取っておいて損はありません。キッチンに関しては同時に調理をする人数が最低でも2人になることが考えられますから、大きめの作りにして調理をする人同士の体や調理器具等がぶつかってしまわない工夫が必要となります。 廊下も人が余裕を持ってすれ違える程度の幅で作っておけば、親世帯が万が一足などを不自由にした時でも安心です。

適度にプライバシーを守ることができる部分共用型のポイント

玄関や浴室などといった一部の設備を共用しながらも親世帯と子世帯が生活するゾーンを分ける『部分共用型』タイプの間取りは、ずっと一緒に居なければいけないという負担を感じることなく、適度にプライバシーを守ることができる間取りです。親世帯・子世帯共に、自分たちの今までの生活スタイルを大きく変える必要が無いので、千葉で二世帯住宅を注文住宅で建てる人の多くが選択しているタイプでもあります。

このタイプを選択するのであれば、浴室やトイレを使用する際の水音や室内を歩く時の足音が相互世帯ゾーンに響かないようにする工夫が必須です。生活時間帯が異なる場合はなおさら、音の問題には慎重に取り組みましょう。もし楽器を演奏する趣味をどちらかが持っているのなら、防音室を作ることも考えておくべきといえます。

また、共用部分となる浴室や玄関は親世帯・子世帯の希望要望を同じだけ取り入れて作り上げることが大事なので、この部分については互いに集まって話し合いをしておきましょう。

親世帯も利用するとなると床を滑り難いものにし、浴槽に入る際に怪我をしないよう支えも作っておくと安心です。 玄関は完全同居型と同じく広めにスペースを取るのはもちろんですが、部分共用型の二世帯の注文住宅の場合はシューズクロークは別々に用意すると良いかも知れません。基本的に互いの生活スタイルを侵害しないということが前提の間取りなので、収納も別々にした方がストレス無く利用できるからです。

そばに居ながらも干渉しあわない完全分離型のポイント

『完全分離型』タイプはその名前が示す通り、全く別の世帯として暮らす間取りのことです。千葉で、いわゆる「スープの冷めない距離」の暮らしを実現したいのであれば、このタイプを選択すると良いでしょう。

完全分離型のポイントは、互いの住まいのどこかで親世帯と子世帯がコミュニケーションを取れるスペースを設けるというものです。

先にも述べた通りこのタイプの間取りは二世帯が顔も合わせないような住まいとなっており、意識しない限り他人のような二世帯住宅となってしまいます。それではあまりにも寂しすぎますし、互いに何かあった時に気づくことができません。そもそも二世帯住宅の注文住宅を建てた意味が無くなってしまいます。

例えば駐車スペースから玄関までのアプローチで顔を合わせる作りにしてみたり、花やハーブなどの植物を愛でる庭を共通にしておくのも良いでしょう。 また横割りでは、二世帯があまりにも離れすぎていると家を行き来するのが大変になってしまいますから、窓越しにでも気配をなんとなく感じ取れるような近さに建てることをおすすめします。この場合、間取りを上手に工夫することで視線を感じる不快さなどを無くすことが可能です。

縦割りでは外からの階段のみではなく、家の中のどこか一つに行き来できる階段を設けると、用事があるときに移動が楽にできます。下の階に住むケースの多い親世帯が階段を上るのが大変なのであれば、エレベーターを設置しておくのも良いアイデアです。

サイト内検索
千葉の二世帯住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧