千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

平屋の注文住宅ならローコストで建てられる?

注文住宅を建てる場合、細かいこだわり、個性などを住宅に取り入れることができるので、理想の住まい作りをすることはできますが、建物そのものは割高となってしまいます。

2階建ての住宅を建設するケースと比べると広い敷地内にゆとりのある平屋建ての住宅を建てたほうが、建設費用を安くすることができることがあります。

設計者とプランニングの打ち合わせを行う際には、コスト面なども細かく確認して進めていくとトータルのコストを抑えることができるでしょう。

建設費用を抑えるためには、まずは良いハウスメーカー選びが重要となります。

 

部位ごとの施工面積に違いがコストに影響

平屋の住宅は、敷地面積が十分に広い場合に建設することができ、間取りもゆとりのある設計とすることができます。

2階建ての住宅と比べた場合、建設中の足場の高さが低くなるという特徴があります。

また、外壁の高さが低くなるので、その分トータル面積が少なくなることがあるので、コストが安くなります。

2階建て住宅と比べると鉄筋コンクリート基礎の面積や屋根仕上げ材の面積は広くなってしまうので、その分はコストが高くなってしまうことでしょう。

鉄筋コンクリートの基礎の施工コストはかなり影響が建物価格への影響が大きくなってしまうので、少しでも無駄が出ないように計画することがとても重要です。

屋根仕上げ面積も2階建て住宅の倍近くとなってしまうため、建物全体の価格に及ぼす影響がかなり大きなものとなってしまいますが、選択する材料の仕様によってはコストダウンをすることもできます。

階段を室内に設置する必要がないため、階段面積分のスペースを有効活用することができるというメリットもあります。

 

工事の手間や構造躯体の材料が安くなる傾向にある

2階建て住宅と比較した場合、平屋であれば、地震や風によって建物が受ける力は小さくなるので、建物の構造躯体費用が安くなることがあります。

建物全体で必要とされる筋交いの本数も少なくすることできるので、設置する手間や材料代が少なくなります。

床梁の大きさなども2階建てのものと比べると小さい梁がおおくなるため、木材の使用量も少なくなり、コストが安くなるでしょう。

工事現場での建て方の作業もかなりスムーズに進むことになるので、工事の手間や期間も短くすることができて、費用が安くなる傾向にあります。

また、現場で作業するスタッフも2階建ての住宅に比べて高い場所に上がって作業することが少なくなるので、危険も少なく作業もスムーズに進めていくことができます。

2階が上に乗っていないことを活かして、大空間の部屋などを設置することで、間仕切りのトータル長さを少なくしてコストを抑えることもできます。

梁のスパンを長くすることができるので、柱の設置本数も比較的少なくすることが可能となります。

間取りには制限がありますが、1階建てであればユニット材を使用した工法で建築することで費用を抑えるという方法も利用できます。

 

費用が変わらない物や逆に高くなるものもある

建物の内装仕上げ材料については、建物内の居室の数や面積によるので、2階建て住宅の場合とあまり費用は変わらないでしょう。

また、キッチンやお風呂、トイレなどの住宅設備も設置台数が同じであれば、トータルコストへの影響は同じとなります。

住宅設備の場合、床下に給排水管を通すこととなりますが、建物の投影面積が大きくなってしまうと、その分設置しなければならない配管の長さがのびてしまう傾向にあるので、その部分のコストはあがってしまうこととなります。

敷地面積が広い場合、建物周囲に設置する配管長さも長くなってしまいコストが上がる要因となることが考えられます。

外構工事についてもあまり建物の階数による影響は少ないので、費用は同じ程度となってしまうことでしょう。

 

高齢者など足腰が徐々に弱くなってきている人は、日常の階段の上り下りもしんどくなってしまうので、敷地面積に余裕があれば、1階建て住宅を検討したほうが良いでしょう。

2階建て住宅と比べると部分的に費用が安くなる部分があり、逆に少し費用が上がってしまう部分もあるので、コスト面を意識してプランニングを進めていくと、2階建ての注文住宅と比べてローコストな家造りも可能となります。

住宅建築の際のイニシャルコストを意識することは重要ではありますが、住み続けていく上でメンテナンス性に配慮した設計にすることで、ランニングコストを安くすることができるでしょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧