千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅の契約の流れと注意点

注文住宅の契約の流れと注意点

子供も生まれてそろそろ家が欲しい
今住んでいる家は老朽化してきたのでそろそろ建て替えたい
二世帯住宅を考えている など家を欲しいと思う理由は様々です。

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーがあり、
フルオーダーは壁紙や床、間取りなどすべてのデザインを一から考えて作る方法、
セミオーダーは例えば間取りはできているので壁紙や床など一部を自分が決めるという方法です。

一般的にはフルオーダーのほうが人気があり、注文住宅は高いイメージを世間から持たれてはいますが、きちんとマネープランを立てていけば誰でも手が届くものです。

 

契約の流れと見積書のチェック

まず注文住宅を建てるとなると、いきなり業者へ依頼をするのではなく、いくつか確認や準備をする必要があります。

○まずはお金です。
家を建てるとなればこれからその家を建てたことによるお金の支払いが必要になります。
家を建てると計画してから今日まで一生懸命お金を貯めたご家庭もいるでしょう。
ですが、中には全く無計画で家を漠然と建てると決めている人もいます。
家を建てるためにはまずある程度の財源確保、支払いがしっかりできるようにしておきましょう。

○お金の確保が出来たら住宅展示場へ足を運びます。
フルオーダーの場合、間取りやデザインからすべて自分でかんがえて計画していきます。
全く計画もせず何となくという考えで図面を作っていくと、実際に建てた後で「こんなはずではなかった」と後悔します。
家は人生の中で大きな買い物です。
適当に考えてしまうとその後歳を重ねた後に後悔してしまいます。
住宅展示場には様々なハウスメーカーの家が展示され、外見から間取り、機能性まで違います。
まずは色んな住宅を見学して、部屋の間取りやデザインを家族と一緒に話し合って決めましょう。

○次に土地を決めます。
これからその土地でずっと生活をするわけなので、きちんと条件を考えながら探さないと老後苦労します。
病院が家から近い、買い物施設も近く学校も徒歩圏内、公共機関も近くにあるなど条件を決めて探すといいでしょう。
インターネットでも土地は探すことはできますが、分からない場合は不動産会社へ訪問し、条件にあった土地を探してもらいます。

○土地も決まりデザインがまとまったら、住宅メーカーへ連絡をしましょう。
住宅メーカーへ図面をもっていき、まずは担当スタッフに人へ説明します。
図面は書くのが苦手だという人も、後からきちんとスタッフが書き直したり、実際模型を作って建てた時のイメージがわかりやすくなるように説明してくれます。
家を建てた際のトイレやキッチン、壁紙などは各ショールームへ足を運び、こちらも家族とよく相談しながら決めましょう。
各部屋何畳、バリアフリーにするのかもこの時点で伝えます。

○全て決まったらハウスメーカー側が見積書を出します。
この見積書が注意点です。
この見積書に関するトラブルは意外と多く、そもそも見積書そのものをもらっていないという人もいるほどです。
大手のハウスメーカーでは基本的に見積書は出しているので、こういったトラブルは少ないのですが、地方にある小さな会社ではよくあることです。
そして、見積書も中身をしっかりと確認してください。
きちんとした見積書は項目が細分化されており、例えば壁紙だと商品名や数量がきちんと書かれています。
よく「壁紙天井一式〇〇円」と書かれている見積書もありますが、数量も人工代も不明で何にいくらかかっているのか分かりません。
不明瞭な見積書を書かれていたら、きちんと細分化された見積書を作ってもらうようにお願いしましょう。

○材料や商品は見積書に明記されていますか?
使用されている材料が明記されていない、一見すると特に問題はないだろうと思ってしまいますが、実はその後に大きなトラブルが待っています。
工事が進んでから施主が現場見学をした際に使用されている材料やデザインが違うということに気づきます。
工事の進捗状況によってはもうどうにもならないことがあり、大きなトラブルに発展してしまう事があります。
ですから、見積書にはどんな材料が使用されているのか確認をする必要があるのです。
そういった点は工務店ともしっかりと打ち合わせをしましょう。

 

一番大きな買い物だからこそ細かな部分まで確認します

家は人生の中で一番大きな買い物です。
多額の費用を出すわけですから、きちんと自分の意見が通った家を建てる必要があります。
デザインや間取りも重要ですが、家を建てるための土地も大きなポイントですし、使用する材料もしっかり考える必要があります。
そのため、見積書の存在は重要です。

依頼した業者がきちんと見積書を出しているか確認をしましょう。
そしてその出された見積書がきめ細かく材料名・個数・金額がきちんと明記されているかも確認をし、トラブルを防ぎましょう。
家は家族を守るためのものです。
みんなが喜ぶような素敵な家を建てましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計