千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

地震に強い千葉の注文住宅で将来のリスクに備える

地震に強い千葉の注文住宅で将来のリスクに備える日本で暮らしていく以上、避けられないのが地震による被害です
どこに住んでいても、大地震に見舞われる可能性はゼロにはできません。
特に近年は、これまでは「安心」とされてきた地域でも、より一層警戒することが重要だと言われ始めています。

そんな日本の中でも、千葉県は首都直下型地震のリスクが高いエリアと言われています
もしも本当に関東エリアで大地震が起きた場合、甚大な被害が生じることは避けられないでしょう。
だからこそ重要なのは、「いかに自分と家族の命を守るのか」という点です。

地震被害から身を守るための方法はさまざまですが、その中でも高い効果が期待できるのが「普段過ごす場所の耐震性能を高める」ということです
大地震が起きたときには、家が倒壊し、その下敷きになってしまう方も少なくありません。
あらかじめ耐震性能の高い家で生活していれば、命を守れる可能性も高くなります。

今後千葉県内で注文住宅/二世帯住宅の取得を検討しているのであれば、「地震に強い」という点も当然考慮したいポイントの一つだと言えるでしょう。

 

地震に強い注文住宅とは

では「地震に強い注文住宅/二世帯住宅」とは、具体的にどのような家なのでしょうか。
家を作る際には、「木造」や「鉄骨造」など、さまざまな素材が使われています。
地震に強い家を作るためには、一概に「この素材を使えば良い」と言い切れるわけではありません。
木材にも鉄骨にも、強みがあれば弱みもあるのが当然だからです。

 

重要なのは国が定めている耐震等級を参考にする

木造でも鉄骨造でも、重要なのは国が定めている耐震等級を参考にするということです
地震に対して、この建物がどの程度の構造的な強さを有しているのか客観的に判断するための数値で、1,2,3の3段階が存在しています

 

耐震等級1は、国が定めているレベルを最低限クリアしている建物を指します。
100年に1度程度の規模の地震(震度6~7)で倒壊しないレベルであることを示しています

 

◆耐震等級2は、等級1の1.25倍地震に強いことを示しており、耐震等級3は、等級2の1.5倍強いことを示しています

耐震等級1でも、国が定める基準の最低限はクリアしています。
また「100年に1度レベルの地震に耐えられるのなら、充分なのでは?」と考える方もいるかもしれません。
しかし2016年に熊本で地震が起きた際には、震度7レベルの地震が繰り返し起こるという危機的状況に見舞われました。

このとき、耐震等級1、耐震等級2の家の中には、残念ながら倒壊してしまったものも多くあったのです。
◆一方で耐震等級3を取得している家の多くは無事であったことからも、「地震に強い家作りにこだわりたいなら、耐震等級3を目指した方が良い」と言われています。

 

自分でできる工夫もあります

地震に強い注文住宅/二世帯住宅を手に入れるためには、自分たちでできる工夫も数多くあります
一から全てを作り上げられる注文住宅だからこそのポイントだと言えるでしょう。

まずは家の形についてです。
できるだけシンプルな「箱型」にするのがオススメです。
凹凸部分がはっきりとしたモダンな建物は、確かにオシャレかもしれません。
しかし地震によって負荷がかかる部分がバラバラになり、強い負荷が加わった場所から一気に崩れ落ちてしまう可能性があります。
もっとも地震に強いのはシンプルな長方形だと言われています

また強い地震が起きたときには、「頭が思い建物ほど、揺れの影響を受けやすい」と言われています。

1階よりも2階が大きくなっている家

大きな屋根に重い瓦を積んだような家 には注意した方が良いでしょう。

これらのポイントを自分たちで全て考えるのは難しいこと。
「なるべき地震に強い家を作りたいのですが、どんな工夫ができますか?」とメーカーの担当者に問い合わせてみると良いでしょう。

 

まずはいろいろなメーカーを勉強してみよう

ハウスメーカーの中には、地震に強い家づくりに強いところもあれば、残念ながらそうではないところもあります。
何も言わなくても耐震等級3の家を建ててくれるメーカーもあれば、耐震等級1を基準にしているメーカーもあります。
後者の場合、耐震等級を上げるために余計な費用がかかることもあるでしょう。

地震に強い家を作るためのアプローチ方法はメーカーによってさまざまだからこそ、注文住宅を建てたい!と思ったときには、まずメーカーごとの違いについてしっかりと勉強する必要があります
地震に強い家作りをうたうメーカーの中から気になるところをピックアップして、実際に話を聞いたり資料を取り寄せてみたりすると良いでしょう。

またモデルハウスを訪れたときに、「地震に対して強い家を作るために、どんな工夫をされていますか?」と直接質問してみるのもオススメの方法です。
自社のこだわりについてしっかりと説明できるようであれば、耐震性能に対して情熱を持って取り組んでいるということ。
メーカーを判断するポイントとなります。

地震に対する強さ以外のポイントも踏まえて、自分たちにぴったりのメーカーを選んでみてください。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計