千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

注文住宅を建てる際の悩み、和室って必要?

今は洋風の家が多くなってきており、昔ながらの日本家屋の姿はほとんど見なくなりました。

生活様式も変わってきているので、テーブル椅子を使って食事をし、ベッドで寝るという人が大半の用です。

そんな生活をしていながらも、畳の人気は高く年代に関係なく家にひとつは畳敷きの部屋が欲しいという希望をよく耳にします。

注文住宅を作る時に和室が必要かどうかについて考えてみましょう。

 

和室を作るスペースがあるかを考える

家を作る時にまず考えなくてはいけないことは、家全体の中に畳を置くスペースがあるかどうかということです。

畳の部屋自体は特別な機能があるわけではないので、ダイニングやキッチンに比べると優先度が低くなります。

その他にもトイレや風呂場など生活に欠かせない場所を確保することが大切なので、家づくりをする時には先に生活に必要な場所から考えるようにしましょう。

なんとなく畳敷きの部屋が欲しいという気持ちだけで、先にそのスペースを確保してしまうと、その他の部分が狭くなってしまったりして、生活がしづらい家になってしまう可能性があります。

和室は大きく分けると部屋として区切りをつけられるものと、部屋の一部に畳を敷いただけのものとがあります。

通常はふすまなどで囲まれているスペースのことを言いますが、余裕がない場合にはリビングの一角に畳をしいて和の空間として使うということもできます。

部屋を閉め切ることはできないかもしれませんが、畳の良さを取り入れることができる使い方です。

面積が少なく余裕がないけれど畳敷きスペースを取り入れたいという場合には、そういった使い方がおすすめです。

ふすまで仕切るような部屋になると最低でも四畳半ほどが必要になってくるので、それだけの場所を確保する必要がでてきます。

 

ふすまを開け閉めして使うことで、活用度が広がる

和の空間の大きなメリットはふすまを開けて使うと、隣の部屋と続き間のように使えるということです。

もともと日本の家は部屋と部屋の区切りが曖昧で、小さな個室として使っていた部屋を、行事の時などには開け放して広い部屋として使うということが当たり前でした。

そのため、今の家でもリビングに隣接した部屋はふすまを開け放つと、一続きになって使えるというものが主流です。

このように臨機応変に使い分けができるところが大きな特徴です。

そのため、頻繁に泊まり客が来るといった場合には、使い分けのできる部屋を準備しておけば、別に宿泊用の部屋を作る必要がなくなります。

こういった使い方はスペースを有効活用できるので、大変人気があり多くの家で採用されている使い方です。

しかし、想定もなくこのような部屋を作ってしまうと、物置のようになってしまったり、使いづらい空間になってしまうことがあるので、事前に必要があるかどうかをしっかりと考えておくことが大切です。

そして使用頻度が低いと予測した場合には、普段もリビングの延長として使えるようにしておくなど、他の使い方ができるようにしておくことをおすすめします。

畳敷きの部屋を作る時には、どのように使用するのかを具体的に考えてから場所を配置しましょう。

 

子どもがいる時には和室が便利な役割を果たす

畳み敷きになっている部屋は、防水性の乏しく子どもがいると使いにくいと考えている人もいるようです。

しかし、実際に子育て中の人の話を聞くと子どもと畳の相性は良く、お世話をする時に便利な場面が多いという話が聞かれます。

畳は水に弱いので、防水のための工夫をする必要がありますが、肌さわりが優しいので布団を敷けばすぐに子どもを寝かすことができます。

特に寝ている時間が多い赤ちゃんの時期は、畳の部屋があると自分も一緒に横になって寝かしつけができるので大変便利です。

もちろんベッド寝かすこともできるのですが、ベビーベッドを使用している時には一緒に横になることができません。

また大人用の大きなベッドに寝かせておくと、寝返りをした時に転げ落ちてしまうことがあります。

そのため赤ちゃんや子供を寝かす場所としては布団を使うと寝かす時のストレスが半減する人が多いようです。

畳の種類を選べば、今は水に強い素材でできているものもあるので、子どもがいても使い勝手の良いものが見つかるかもしれません。

またキッチンやリビングなどから見える場所に和室を作っておけば、大人の見える場所で子どもを寝かすことができます。

安全面を考えた時には、見える場所で寝かせられることは大きなメリットがあります。

これから子どもを育てる予定がある場合には畳のスペースをつくることをおすすめします。

 

和の空間は最近では少なくなってきていますが慣れ親しんだものなのだということで、和の空間にいると精神的に安定するということもメリットのひとつです。

家づくりをする時には、色々なことを決めなくてはいけないので、細かなことを考えている暇がないかもしれませんが、作り終わってからは変更するのが難しい部分なので、事前に十分に考えるようにしましょう。

上手に使えば、生活がしやすく落ちつく家が出来上がると思います。

サイト内検索
記事一覧