千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅は内装にこだわろう!


今大変需要が高まっている二世帯住宅ですが建てる際にぜひこだわって頂きたいのが内装です。
そこに住む人にとって住みやすい家とはどの様な家なのか、どんな風にこだわれば良いのか詳しく紹介しているので参考にしましょう。

 

親世代、子世代の要望を上手に取り入れよう

女性の社会進出に伴い共働きの家庭が増えてきています。それと同時に需要が高まっているのが二世帯住宅です。親世代と子世代が一緒に暮らすことで、子世代にとっては仕事中の子供のお世話を親にしてもらったり、親世代にとっては精神的な安心感であったり介護の負担を減らすことが出来るのでお互いにメリットがある暮らし方になっています。

その中で一緒に暮らす家を建てる為には内装にこだわった家を建てることをおすすめします。予算がある為、ある程度限界がありますが、その範囲内でいかに住みよい我が家を手に入れることが出来るかが大切です。親世代、子世代共に暮らしやすい我が家を手に入れる為にも徹底的にこだわりましょう。例えば壁材であったり床材などどんなものにするのか、またその色合いはどの様なものにするのか、それによっても部屋の中の雰囲気が変わります。

親世代、子世代どちらの意見も取り入れながら、共有部分はどの様にするのかしっかり考えることをおすすめします。例えば子世代は洋風に、親世代は和風になどお互いのこだわりを採用しながら、バランスの取れた住宅を建てることも可能です。ハウスメーカーなどでは専門のアドバイザーなどいるところもあるので、もし分からないことがあればしっかり相談しながら決めていきましょう。

 

家族みんなが住みやすい家をつくろう

暮らしやすい住宅はそこに住む人のライフスタイルや家族構成などによっても異なります。また年齢によっても変わってくる為、お互いの希望を出しながらじっくり時間を掛けて決めましょう。また、収納についてもしっかり考えることが大切です。部屋を広く取りたいからと収納を少なくしてしまうと後から後悔してしまう場合もあります。家族構成などにより収納をどの程度必要なのか変わってきますし、自分達の持っている荷物などを考慮した上で収納をどこに配置し、どの程度必要なのか考える様にしましょう。

また、共有の部屋を持つ場合、窓の大きさであったり壁紙の色など細かな部分にも配慮しましょう。みんなで集まる共有のスペースには大きな窓をつけて光をたくさん入れることで明るい部屋にすることが出来ます。窓の大きさを少し変えるだけでも光の入る量が異なり雰囲気もまた違ってきます。

その他にも色々こだわる部分があるでしょう。例えば高齢の親世代と暮らす場合など、クッション性の床材を使用することで体への負担を減らすことが出来ます。また、小さな子供がいる場合もこの様な床材は適しているので取り入れてみるのも良いでしょう。固い床材を使用した場合など体に負担が掛ってしまいますし、また転倒した際など大きな怪我につながってしまう場合もあります。ぜひ床材についても考えましょう。

 

将来を見据えた家を建てることが大切

家を建てる際は誰でも素人ですからなかなか自分達だけでは判断しきれいない部分があります。その際はハウスメーカーの担当にきちんと要望を伝えることでよりイメージに近い住宅を提案してもらうことが出来ます。その為、まずは自分達がどの様な家に住みたいかを具体的に考えることが大切です。そして大まかで良いのでそのイメージを担当者に伝えましょう。

各家庭で住みやすい家というものが変わります。そこに住む人にとっての最適な家を建てることが大切です。ライトの位置であったりコンセントの位置であったり色々決めなければいけないことがあります。決めることが多い分大変なこともありますが、自由に自分達に合った家を建てることが出来るのも注文住宅の魅力です。せっかく新築で家を建てるのですからぜひ色々こだわりの詰まった家を建てましょう。

また将来を見越した家を建てることも大切です。両親が元気であっても足や腰が将来的に悪くなってしまう場合もあります。ドア一つにしても開けやすいもの開けにくいもの、また重さも変わってきます。そういった細かな部分にも出来るだけ配慮した家を建てましょう。

長く住むことを見越した家を建てる為にもこだわるべきところは色々あります。例えば将来的に子供が増える可能性がある場合もそのことを見越した家を建てることが大切です。小さな子供がいる場合も子供目線での家を建てることが大切です。例えば窓の位置についても考える必要があります。小さな子供がいる場合など窓の位置によっては危険を伴う場合もあるでしょう。そういったことにも配慮して家を建てることが大切です。

家を建てるのにはお金が掛ってしまいますが、その中でいかに自分達にとって最適な家を建てることが出来るかが重要になってきます。分からない部分はアドバイスをもらいながら、建てた時にこの家を建てて良かったと感じられる家をつくることが大切です。その為にもぜひ細部にまで自分達のこだわりを取り入れた家づくりを行うことをおすすめします。

 

二世帯住宅を建てる際は、親世代、子世代共に満足出来る家を建てることが大切です。その為にも内装にもしっかりこだわった家を建てましょう。床材や壁材を何にするか、収納をどのくらいつくるのかなど細かな部分までしっかり決めましょう。また将来を見越した家づくりをすることで長く住みやすい我が家を手に入れることが出来るので、じっくり考えましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧