千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅の売却方法

 

 

親との同居が目的で、二世帯住宅に住んではみたものの、さまざまな理由で二世帯住宅が必要なくなり、物件を売る事に踏み切る人もいるのではないでしょうか。
ここでは二世帯の住宅を売却するための方法について詳しく解説します。

 

 

一般的な一戸建てよりも売れにくいことを知っておこう

理由は後述しますが、実は二世帯住宅というのはさまざまな理由で、一般的な一戸建ての中古物件よりも売れにくいと言われています。
実際に物件を売る事を検討する際はそのことを把握しておき、通常の中古物件を売るよりも念入りな準備を進めていくことが売却を成功させるために重要なのです。

 

不動産会社選びはとても重要です

中古物件を売るにあたって、どのような物件だったとしても実際に物件を売るための働きかけをしてくれる不動産会社をどこにするかということがとても重要なのはいうまでもありません。良い不動産会社を見つけることが出来れば、半分は成功したようなものと言われているほどです。

良い不動産会社かどうかを見分けるためには、なんといってもその不動産会社がどれだけ不動産物件を売る事に関して実績を積んでいるかを把握しておくことが大きなポイントになります。不動産会社と言っても様々なタイプの会社があって、どの会社も物件を売る事に秀でているというわけではありません。
売却するにあたっては豊富な実績を持っている不動産会社を選ぶようにしましょう。

そして二世帯の住宅を売るわけですから、実際に二世帯で住めるような住宅を売った実績を持っている不動産会社を見つける必要があります。不動産会社に具体的にどのような不動産を今まで売ってきたのかを聞き、二世帯の住宅を売った実績があるならば、さらに踏み込んだ質問をしていきます。できればどのような条件の物件で、どのくらいの期間で、どのようにして買い手が見つかったのかを聞ければ言うことはありません。

これらの情報を仕入れることによって、その不動産会社の実績を知ることができるだけではなく、実際に物件が売れるまでにはどれくらいの期間がかかるかについても把握することが可能です。自分の家を売る前に実際に同じような物件の売った事例を知ることができるのと、できないのとでは大きな差が生まれます。実際に物件を売った実例を聞くことによって自分の物件を売るまでの大まかな計画を立てることができますし、どのような働きかけをしていけばいいかもわかります。

不動産会社を選ぶときは一社だけに聞き取りをするのでは情報不足です。必ず複数の不動産会社に同じような質問をし、比較検討しましょう。

 

売り値が適正でなければなかなか売れません

一般的な中古物件と比較するとなかなか売れないのにはさまざまな理由がありますが、その物件の売り値が適正ではないことが理由の一つとしてあげられます。これは二世帯で住める住宅に限らずどんな中古物件にも言えることですが、自分が住んでいた物件というのは愛着が湧くものですから、どうしても自己評価を高くしてしまいがちです。

特に注文住宅や二世帯で住めるような住宅の場合はオーダーメイドで建築されているため、持ち主のこだわりを反映しているものがほとんどです。こだわればこだわるほどそれに比例して建築の際の費用も高くなります。ですから一定以上の価格で売れなければ割に合わないという考えを持っている人が多いのも実際の価値と所有者の価値にズレが生じる原因の一つとなっています。

しかし、いくら持ち主がこだわって建築したとしても、次に購入する人がそのこだわりを評価するとは限りません。逆に自分の感性と合わない物件であれば見向きもしないでしょう。そのため、物件の売り出し価格を決める際は、周りの同じような条件の物件がどのくらいの値段で売りに出されたか、そして実際に過去自分が売り出そうとしている物件と同じような条件の物件がどれくらいの値段で売れたのかを見て、その値段から大きく外れないような金額設定にしましょう。

それでも見学希望者が現れないということは、その金額でも高いということになります。物件が売れるにはとにかく一人でも多く物件を見学しようという人を増やす必要があります。ほんの少し物件の売り値を下げるだけでも物件の問い合わせの数は大きく変化するものです。

 

二世帯の住宅はこだわって建築されたものが多いため持ち主の愛着が大きいことや、建築費用が高額になっていることもあって、売り出し価格が周りの同じような物件よりも高くなっていることが多いため、一般的な中古物件よりも売れにくい傾向があります。物件の評価をするのは自分ではなくその物件を購入しようとしている人なので、周りの同じような物件を見ておおよその相場を把握し、客観的に金額設定をしましょう。
また、不動産会社選びもとても重要です。不動産会社によって得手不得手があるため、実際に中古物件を売った実績を聞き取り、二世帯の住宅をたくさん売った実績のある不動産会社を選ぶようにすると、自分の物件を上手く宣伝してくれるでしょう。この二つのポイントを把握しておけば自分の物件を売ることが出来るのではないでしょうか。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧