千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

あると便利!注文住宅の設置したい機能

建売住宅でなく自分の希望に合った住宅を建てるのであれば、いろいろ希望を挙げてみると良いでしょう。

無理だと考えていた機能が意外に簡単に設置できるかもしれません。

人気のある機能も見てみましょう。

部屋の間取りを簡単に変更できる仕組み

賃貸物件のいいところは、住み替えがしやすい所でしょう。

家族の人数が変わったり荷物の量が変われば、それに応じて適切な広さの住宅に住み替えれば済みます。

購入をするときはそれなりに将来を見据え、最も家族が多い時に合わせるなどが必要になります。

となると子供がいる時は必要だが、子供が自立したら不要になるスペースなどができてしまいます。

長く住もうと考えるなら、家族の人数がある程度変わっても対応しやすくなっていると良いかもしれません。

建売住宅となるとなかなか自分の希望通りの住宅を探すのは難しいですが、注文住宅であればある程度希望を叶えることができます。

設置したい便利な機能としては、部屋の間取りを簡単に変更できる仕組みがあるでしょう。

住宅を建てればまず間取りが決まります。

本来はその間取りで生活しないといけませんが、変更できるようになっていると助かります。

子供部屋は子供が増えた時にそれぞれに部屋を与えるか、一つの部屋にするかを考えます。

間取りを変更できる機能があると一つの部屋を複数の部屋に簡単に変更できます。

特に工事などは必要ありません。

ダイニングやリビングも変更したくなるスペースです。

家族だけで過ごすときもあれば、大勢のお客さんが来るときがあるかもしれません。

その時に広くしたり、コンパクトにできる仕組みがあると便利です。

可変式の壁などが簡単に移動できるようになっていると、その時に合わせて広さを変えられます。

自然な暖かさが得られる温水による暖房

日本には四季があり、比較的過ごしやすい春と秋の他、非常に暑くなる夏と非常に寒くなる冬があります。

昔の住宅は夏の暑さに対応するようになっていて、天井が高くて風通しがいい作りになっていました。

今は家電製品などによる空調が可能なので、断熱や機密性能を向上させて室温をキープする仕組みが多くなっています。

夏と冬はそれぞれ冷房や暖房が必要になりますが、問題になりやすいのが暖房かもしれません。

暖房を入れているところは暖かいですが、入れていないところは寒くなります。

浴室やトイレなどでのヒートショックが起こりやすいとされ、何らかの対策が必要になるかもしれません。

注文住宅を建てるのであれば、住宅全体の暖房がしやすい仕組みを取り入れてみてもいいかもしれません。

設置したい便利な機能としては温水式の暖房設備があります。

よく知られているのは床下暖房です。

床の下に温水などが流れるようになっていて、それによって部屋を暖房します。

特定の部屋だけに入れる時もありますが、それ以外の部屋にも温水が行きわたるようにしておけば、家中を一定の温度に保つことができます。

太陽熱で温めた温水を循環させたり、太陽光発電やその他の発電システムで温めた温水を循環させる方法があります。

一度建ててしまってから住宅全てに行きわたらせる仕組みを作るのは大変ですが、これから建てるのであれば問題はないでしょう。

予算などを考慮しながら設置を検討すると良いかもしれません。

ないよりある方がいいエレベーター

平屋の住宅やマンションであれば、住宅内での階段の移動は必要ありません。

多少段差などはあるでしょうが、日常生活においては特に問題はないでしょう。

しかし二階建てや三階建て、さらにもっと階が多くなるとそれなりに各階への移動が必要になるかもしれません。

ビルやマンションであればエレベーターが付いていますから、簡単に目的の階に行くことができます。

一般の住宅は階段での移動が一般的になるので、住み始めてから移動が辛いと感じるようになるかもしれません。

注文住宅に設置したい便利な機能としてエレベーターがあります。

家庭用のエレベーターが販売されていて、既に建てられている住宅に設置することも可能です。

しかし建てられている住宅だと設置のためのスペースが必要になり、必ずしも勝手のいい場所への設置ができるわけではありません。

設計段階においてエレベーターを設置するようにしておけば、どこに設置するのがいいのかを考慮することができます。

玄関付近の方がいいのか、リビング付近、その他洗濯物を干すのに移動しやすいところに設置するなども可能になります。

エレベーターがスペースを取り過ぎるのであれば昇降機を設置する方法もあります。

階段などにレールを設置して、そのレールに沿って椅子が移動する仕組みになっています。

こちらも建設後にも設置ができますが階段が狭くなるときがあります。

これから建てる時に計画に入れておけば、階段の使いやすさを維持したままの設置ができます。

まとめ

家族の人数が変わったときにも対応しやすい仕組みがあるといいかもしれません。

簡単に間取りの変更ができます。

温水による暖房を住宅に設置すれば、ヒートショック対策になります。

エレベーターはあるとそれなりに役立ちます。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧