千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

はじめての注文住宅、何から始めればいい?

注文住宅を立てることを夢見ている人が多いと思いますが、実際に建てることが決まった時には何から始めたらいいのかわからないという問題を抱えることがあるようです。

家を建てる時にはするべきことが多く、特に一から計画を立てなくてはいけない場合には色々なことに配慮して考えていくことが大切です。

家族構成に合わせた間取りを考える

家を建てる時に最も重要なことは、住む人に合っているかどうかです。

誰にとっても素晴らしい家というものはなく、住む人の特性に合わせたものでなければいけません。

最初に考えておけないといけないことは家族構成に合っているかどうかです。

建売住宅によく見られる一般的な間取りは、ファミリー向けのものであれば、両親と数人の子供がいる家庭をベースに考えられていることが多いようです。

実際に家を購入する人は子供のいるファミリーが多いという事実があるのでしょうが、それがすべての人に当てはまるわけではありません。

夫婦だけの家庭もあるでしょうし、両親と一緒に住んでいる2世帯の家庭もあるでしょう。

また子供の数が多い子だくさんな家庭の場合にも、一般的な家の間取りでは対応しきれないことがあります。

自分で間取りを決められるということは、家族の形やライフスタイルに合ったものにすることができるという大変大きなメリットです。

今までに見たことがある間取りをイメージするだけではなく、柔軟に考えていくことが大切でしょう。

普通とは違っていても、自分たちの生活にあっている間取りであれば、住み始めてからの生活をより快適にすることができます。

そのためには家族それぞれのライフスタイルなどを思い出して、適切な間取りはどのようなものになるのかを考えていきましょう。

シミュレーションすることの大切さ

家を建てる時には色々なことを決めなくてはいけませんが、全体のイメージを固めてから細かな部分を決めていくのが基本となります。

部分的なところが気になる場合には、どうしてもそれを取り入れたいと思って先に決めてしまうと、全体が出来上がった時にちぐはぐな印象を持つ家になってしまう危険があります。

どうしてもこだわりたい部分は、あらかじめ決めておいても良いのですが、こだわりたい部分が多すぎると、バランスが悪くなってしまいます。

こだわる部分を取り入れたいのであれば少数に絞り、全ての部分をそれに合わせて決めていくようにしましょう。

その際には、それがコンセプトとなって、家全体にまとまりを持たせてくれます。

センスに自信がる場合にはこのように、こだわりを先に決めてしまう家づくりができますが、一般的におすすめなのは全体のイメージを先に決めてしまうことです。

インテリア雑誌などを見ると、部屋のタイプごとにわかれて掲載されているものがあると思いますが、ああいったものの中からそれぞれの好みを聞き出し、イメージを統一しておきましょう。

これは最初に行う必要があるもので、こういった作業をせずに家づくりを始めてしまうと、どこかにおかしな部分がでてきてしまいます。

インテリアや家の雰囲気などを先に考えてから、それに見合ったものを選ぶようにしていきましょう。

ローンの計画は細かいところまで考えておく

家を建てる時に重要になってくるもののひとつが予算です。

どんな家を建てるのであっても予算をオーバーしないようにすることは基本ですが、ローンを使う時には金利なども含めて細かくシミュレーションしておきましょう。

銀行などのシミュレーションソフトを使えば、借りる金額と金利、期間などを入力して返済額を簡単に出すことができます。

変動金利を選ぶ場合には、これからの金利の動向も予測しておく必要があります。

家の内容を決める前に予算の目安を立てておくことは非常に重要で、どんな家にしたとしても予算をオーバーしてしまっては生活が苦しくなってしまうでしょう。

そのためには無理のない範囲でどの程度の返済ならできるのかなどを家族内で話し合っておく必要があります。

支払いをする人が1人ではなく、複数になる場合にはそれぞれの今後の働き方なども考えなくてはいけません。

長期的な話しになるので、子供がいる場合などは進学の予定などまで計画を立てておきましょう。

また返済の最終時期も余裕を持っておく方が安全です。

毎月の返済額を下げるために期間を伸ばしてしまうと、定年後まで返済があることになり生活を圧迫してしまう可能性があります。

現在のことだけでなく、今後も無理がでないような返済プランを考えておきましょう。

まとめ

注文住宅を立てる時には、夢が膨らみ自分の好みの家が欲しいという気持ちになると思いますが、それ以外にもしなくてはいけないことがたくさんあります。

細かな部分はあとで考えることができるので、家の全体像や予算についての計画を立てることから始めましょう。

それが決まれば、依頼する建築会社やハウスメーカーも決めやすくなると思います。

家族そろって話し合いをする必要があるので、それぞれの意見を取り入れながら、バランスの良い計画を立ててみてください。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧