千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

注文住宅にペットと住む際に必要な設備とは?

二世帯住宅は両親と一緒に暮らしながら、生活空間はしっかり分けられるため、千葉エリアの注文住宅でも人気のスタイルです。そして、ペットも一緒に暮らす場合は、どんな設備を用意すれば良いのかも気になるところだと思います。

そこで、ワンちゃんや猫ちゃんなどと住む際、設置しておくと良い設備の数々をご案内していきます。

 

ワンちゃんにピッタリな設備はコレ

一口にペットと言っても特性は種類ごとで違いますから、個々に応じた設備を用意するのが基本です。

例えば、ワンちゃんの場合は毎日の散歩が欠かせないので、玄関先に足の洗い場を用意しておきますと、室内を汚さずに済みます。汚れていないように見えても、散歩帰りの足には雑菌などが付着しているため、それを室内に持ち込まないためにも、ぜひ用意しておきたいところです。可能であれば寒い季節での使用を考慮して、温水が出るようにしておくと良いと思います。

また、散歩では喉が渇く場合もあるので、水飲み場を設けてあげるのも良いかもしれません。そして、散歩後のトイレ処理を屋外で終えられるよう、汚物を流せる設備も併設しておくと便利です。

敷設する場合は人間用の便器と同じく、蓋がついているタイプが良いでしょう。このほか、小さな設備でありながら毎日の暮らしで意外に重宝するのが、リードフックです。

玄関など、出入り口付近にフックがあれば、両手を使いたい時にリードをサッと掛けられます。鍵を探す時や、荷物がある時にも助かるので、住まいの壁にマッチする物を取り付けてみてはいかがでしょうか。

ワンちゃん用の設備としては、ドッグフェンスなども備えておきたいアイテムです。玄関をはじめ、必要に応じて室内の扉にもフェンスドアを組み込んでおけば、立ち入り禁止エリアを簡単に確保できます。フェンスドアなら普通のドアと違って中の様子がうかがえますから、閉め切った状態にしておいても安心です。

 

猫が喜ぶ設備を用意してあげよう

千葉県で二世帯住宅を建てる場合でも、猫ちゃんと一緒に暮らすご家庭は多いと思いますが、その際、ぜひ用意しておきたいのが猫棚などです。猫は何と言っても高いところが大好きですから、それを満喫できる場所を準備してあげましょう。

犬は散歩といった平面移動を求めますが、猫はどちらかと言えば、平面より高低差といった上下運動を求める特性があります。高所で身を守るといった本能を満たせばストレス解消にも貢献するため、天井付近に猫用の渡り道を設けてあげるのも名案です。

後付けのキャットタワーと違い、注文住宅なら宅内デザインに組み込んだ状態で自由に設置できますから、住まいと一体感のある遊具を設置できます。工務店やハウスメーカーは、そのノウハウを持っている場合があるので、インテリアに合わせた設置方法などを相談してみると良いでしょう。

また、猫と言えば爪研ぎ対策も必須ですから、壁の一角などに爪研ぎ用のアイテムを設けるのも肝要です。爪研ぎを防ぐよう小まめに爪をカットしても、これは猫の習性のゆえ、爪研ぎ自体を止めさすのは不可能だと思われます。

さらに、猫ちゃんは日向ぼっこをこよなく愛する傾向があるため、陽当たりが良い場所に出窓などを用意してあげましょう。猫専用のスペースを個別に設けられるのは注文住宅の強みですが、そこまでする必要はないかもしれません。と言いますのも、猫はお気に入りスポットを自分で探しますので、人間が良かれと思って用意したスペースには見向きもしない場合があるからです。

 

ワンちゃんや猫ちゃんに共通する室内設備

犬や猫を飼われる場合、二世帯住宅の床材には、ペット対応タイプを選ぶように致しましょう。一般的なフローリング材は、人間なら問題ないのですが、ペットにとっては非常にツルツルとした滑りやすい床材となっています。

勢い良く転倒すれば脱臼や骨折の危険性もありますから、注意しなければなりません。その点、ワンちゃんや猫ちゃんに対応する床材なら、滑りにくく、弾力も適度にあるので脚部への負担も軽くなります。

現在ではキズやアンモニアなどにも強い製品が揃っているため、様々なバリエーションから選べるのです。同様に、壁紙もペットに対応する製品をチョイスすれば、キズが抑えられ、汚れてもお手入れがしやすくなります。

後々のことを考えた場合、下側だけ交換可能なよう、クロスは上下セパレートで貼るのも上策です。このほか、ペット用のくぐりドアも準備しておきたい設備であり、これがあればドアを開けずとも、自由に部屋を移動できます。

そして、室内飼いの設備として忘れてはならないのが、トイレスペースです。そこには脱臭器も設けておくのがポイントで、これにより不快なニオイを軽減できるようになります。

 

人間だけの生活と異なり、ペットと一緒に暮らす際は、それなりの設備を用意するのがポイントです。色々紹介してきましたが、ここに挙げたのはほんの一例ですから、千葉県で二世帯住宅の注文住宅を建築する時は、それぞれのケースに合わせて検討してみてください。

各工務店やハウスメーカーは、注文住宅を建てるにあたり、担当者が入念にヒアリングしてくれる筈です。なのでペットの種類を話し、その点に関してもしっかり希望を伝えておきましょう。

 

サイト内検索
記事一覧