千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉の注文住宅/二世帯住宅で車・バイクを維持するのに必要な設備とは?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/22

千葉で生活をする際に、注文住宅/二世帯住宅を建てる計画をしている方は、事前に設備等を十分に検討した上で設計することは欠かせません。ポイントの中には車やバイクを所有する方に向けて、最低限必要な設備があります。どのような設計が好ましいのかを前もって理解しておきましょう。

土地に対しての空きスペースを確保する重要性

千葉に注文住宅/二世帯住宅を建てる方で、車やバイクを所有する際には、土地に対して家の位置決めを十分に検討することが重要です。空きスペースを確保しないと当然ながら駐車スペースを作ることができません。

理想的な環境は土地に対して道路側に面しているスペースを確保する方法があり、必然的に建物は道路から離れた位置に設計する方法です。

千葉に所有する土地の形状や面積、周囲の住環境により違いはありますが、建物の裏側には殆ど空きスペースを作らない設計により、十分な面積を住宅前に設けることができるようになります。土地面積が元々広いという条件では簡単に駐車スペースを作ることができますが、そうではなく標準的な住宅地の土地の場合は非常に重要です。

更に土地面積が60坪程度の比較的狭いという環境では、住宅の坪数によっては空きスペースを作ることが困難になる可能性は否定できません。このような際には、1階部分を駐車スペース用に設計をして、2階部分と3階部分に居住スペースを設ける方法で問題は解決できるのではないでしょうか。

往々にして注文住宅/二世帯住宅を建てるような方であれば、狭小住宅のような狭い土地には建てることは極めて少ないものです。土地を所有しておらず、土地探しをしてから家を建てるという方であれば、面積は十分に確保できる物件を探し出すことは当然のことです。

駐車場に適している設備は日差しの状態も肝心

千葉の場合は全国的に見ても比較的温暖な気候になり、夏場はかなりの高温になることでも知られています。冬季間には多くの積雪は観測されない特徴もありますが、台風の季節に入ると上陸してしまうことも目立ちます。

千葉に注文住宅/二世帯住宅を建てる計画をしていて、尚且つ車とバイクを所有する際には、住宅前の敷地内に専用の設備を完備させることで、あらゆる天候から保護することができます。せっかく家を建てるのであれば、野ざらしの状態にしてしまうことは避けた方が賢明で、紫外線や雨、台風によって野ざらしではボディの塗装を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

現在では新しい設備としてカーポートを設置する方法に人気があります。カーポートといっても様々なスタイルのものがありますが、理想的な設備は住宅の前の敷地の殆どをカバーできるサイズのカーポートの導入が推奨できます。注文住宅/二世帯住宅という条件では車両は複数台あることが前提になるので、広い幅のタイプであれば紫外線や雨の対策を十分に行えます。

台風の被害を抑制するために、カーポートの両サイドには風防パネルを設置できるタイプがあるので、忘れずに設置することも良い方法です。カーポートの場合で千葉という地域性からすると、屋根材はポリカーボネートが非常におすすめできます。

金属製の頑丈なタイプもありますが、日差しがシャットアウトされてしまうので、半透明のポリカーボネート製の屋根材にすることで1階部分の日差しを遮ってしまうことも無くなります。

頑丈な駐車場と災害と将来を見据えた考え方も効果的

注文住宅/二世帯住宅を千葉に建てる際に、車とバイクを停めることができるように施すには、カーポートが最適な設備と考えられますが、土地面積が広い物件であれば、住宅内の日差しを遮ってしまうことが無い位置に、頑丈なガレージを設置することも効果的です。

ガレージは完全に外気から車体を保護することができるので、台風が来てもかなり安心できる設備です。新しい考え方の中にはビルトインガレージという方法もあり、こちらは住宅に併設する形で設計されるものです。

二世帯住宅であればビルトインガレージは中央のスペースに設けることで便利なスペースに仕上げられます。災害を考えた際にはある程度の高さを設ける方法も安心できます。紫外線や普通の雨から保護することができても、台風被害が大きい場合は浸水の心配が浮上します。

道路の高さに対してある程度の傾斜を付けて高い位置に設備を整えておく方法で、水の被害から守ることができるのではないでしょうか。

更に将来を考えることも欠かせないことがあり、家族に関連する内容があります。家を建てた時点では幼いお子さんが家族にいても、将来には車やバイクを購入する年齢に達するものです。

将来のことも十分に検討して、ある程度の余裕を持たせた駐車場を完備することにより、来客問題も含めて非常に快適で失敗しない設計にできるので、最低でも2台分の余剰スペースを設けることができれば最適です。

 

千葉に注文住宅/二世帯住宅を建てる際には、集合住宅には無い設備を充実させることが理想的です。車やバイクを停めるスペースは非常に重要なポジションを占めていて、必ず必要台数分を確保すること、住宅内に差し込む日差しを考慮すること、自然災害から保護することを念頭に置いた設計が求められます。

サイト内検索
記事一覧