千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉で二世帯住宅を建てるなら災害対策も重要

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/02


千葉で二世帯住宅を建てるなら、災害に対する対策を考えることも必要です。どうしようもないと考えられがちな災害対策は、新築であればなんとかなるのです。

洪水と地震に対する対策を十分にすることで、将来にわたり安全な住まいを確保できます。そのためにはポイントを絞った知識の吸収が必要です。

頻繁に発生する恐れのある洪水への対策

千葉で注文住宅を建てる場合は、始めに洪水への対策が必要です。洪水は発生する地域が予想されているので、その地域を避けて土地を求めるのが基本となります。

どこが洪水の危険があるかはハウスメーカーや工務店の担当者に確かめると共に、自ら自治体のハザードマップにより確かめることが大切です。千葉では河川の近い部分に洪水が起きやすい地域があるので、注文住宅を建てる場合は確認することが必要となります。

ハザードマップには洪水の危険がある地域と共に、浸水の高さが示されているはずです。浸水の高さが高い地域はより危険だと言えます。やむを得ず洪水の危険地帯に注文住宅を建てなければならない時は、鉄筋コンクリート造とすることが勧められます。鉄筋コンクリート造は洪水に強く、万が一の時でも被害を少なくすることができます。ハザードマープに示された浸水高さよりも高い位置に階があるように、建物の高さを高くすることが必要です。

雨が多く降った場合はがけ崩れの危険があります。がけ崩れの危険がある地域も自治体により示されています。千葉で注文住宅を建てる場合は、がけ崩れの危険がある地域を避けることが必要です。

がけ崩れのある地域は急な勾配がある土地が多く、見て目でも危険を感じるものです。土地の価格が他の地域と比較して安い場合も注意することが大切となります。危険な地域には家を建てないことが、最大の際策となります。

洪水とも関わりのある地震への対策

洪水が起こりやすい地域と地震に弱い地域は無関係ではありません。一般に、洪水が起こりやすい地域は地盤が弱く、地震でも不利となることがわかっています。そのため、地震へ備えるには洪水が起こりにくい土地を選ぶことが必要です。

それ以外でも、田んぼや畑のあとは地盤が弱く、注意が必要となります。弱い地盤に家を建てる方法として地盤補強がありますが、過信しすぎると危険です。普通の地盤補強は不同沈下の対策にはなるものの、地震に対してはあまり効果がありません。

地震に対してより丈夫にするためには杭基礎が必要です。千葉で注文住宅を建てる場合の地震への方策として、建物の耐震性を高めることが考えられます。建物は建築基準法により最低限度の規定がなされています。しかし、それは最低限度の基準なので、巨大地震に対して安心できるものではありません。大きな地震に対して安心するためには、性能表示制度の耐震等級3が必要です。また、長期優良住宅でも建築基準法の最低限の基準よりは丈夫な建物ができあがります。

近年の地震の教訓として、地震対策には直下率を高めることが効果的なことがわかってきました。直下率を高めるには2階の壁のある箇所の1階部分に壁を多く設けることが必要です。それ以外にも耐震壁はバランス良く配置することが大切で、さらに周辺部だけでかく、中央部にも耐震壁の設置が効果的となります。

二世帯住宅特有の高齢者への配慮

千葉で注文住宅を建てる場合は二世帯住宅特有の問題へ対応しなければなりません。二世帯住宅は高齢者対策が必要で、災害時の避難も容易にできる配慮が必要となります。二世帯住宅では高齢者を1階に配置するのが自然なので、2階が若夫婦などの住まいとなるのが当然です。

1階の高齢者には離れの寝室が必要となります。離れの寝室を設けることで、介護が必要となった時の拠点をつくることができます。寝室には簡単な食事がつくれるミニキッチンを設置し、暮らしやすくする必要があります。

高齢者が災害に備えるためには普段から自活できる準備が必要です。そのためには日常生活で転倒を防ぐ工夫が必要で、そのための方策を練る必要があります。手摺の設置は転倒が予想される部分を中心に、細かく用意することが大切です。

外部ではアプローチ部分から玄関までの外部手摺が必要で、玄関の上がり框の部分は縦長のタイプが適しています。廊下は長い場合に必要となり、トイレにも使いやすいタイプがあると便利です。歩行部分は段差がないことが重要で、災害時は特につまずくわけにはいきません。

日常生活で無理なく動ける状態にしておけば、災害での避難時にも間違いなく行動できます。千葉で注文住宅を建てる場合は将来の備えを十分にしておくことが必要で、高齢者への配慮はその中でも大切なことです。二世帯住宅は自然に将来の対策を考える良い機会を与えてくれます。

 

千葉で二世帯住宅を建てる場合は目前の生活だけでなく、災害時の配慮や将来の高齢化への方策を十分に立てておくことが重要です。洪水への備えは、地震や他の災害への備えにもなっている場合があり、油断しないことが必要となります。

サイト内検索
記事一覧