千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅の間取りのアイディア

注文住宅の間取りのアイディア

 

注文住宅を購入するにあたって、もっとも失敗する方が多いポイントは間取りです

 

間取りの取り方を失敗したために、新生活が不自由なものになってしまうケースがたくさん見られます。

 

 

もっとも失敗しやすいポイント、間取り

特に、二世帯住宅であれば、建築した注文住宅で生活する人数が多いことから、失敗するリスクが高いと言えます。
間取りで失敗しないためには、間取りを取る際に重要視すべきポイントをあらかじめ把握しておいた方が無難です。

 

信頼できる不動産会社に相談することが重要

まず、千葉県で注文住宅を依頼する不動産会社の方にきちんと相談しましょう
不動産会社は、不動産を取り扱うスペシャリストとして、多種多様なお客様の注文住宅を建設してきた経験が豊富です。
優良業者であれば、常に最新の動向を把握して、幅広いお客様が快適に生活できるような間取りを把握しています

そのため、間取りについて相談すれば、お客様の生活習慣を考慮した上で、ひとつひとつ最適な間取りの例を紹介してもらえます。

一方で、間取りについて相談してみても、理路整然としたアドバイスが受けられない場合には注意が必要です。
お客様ひとりひとりの注文住宅に対して真剣に向き合っている業者であれば、お客様が納得していないのに、間取りの説明をないがしろにすることはありません。

注文住宅は、一生において数少ない高い買い物のひとつです。
不安要素を完全になくすためにも、かならず自分と家族だけではなく、信頼できる専門家のアドバイスを参考にしましょう

 

家族ひとりひとりの生活を考えてスペースを確保しましょう

注文住宅の間取りに関して失敗しやすいものは、個人的なスペースです。
新しい住宅に引っ越した後、新しい生活がはじまった結果、思うように家族のスペースを確保できないケースが少なくありません。
特に、家族ひとりひとりが個別に生活するスペースに関しては注意が必要です。

生活をともにする同じ家族であっても、仕事や趣味によって必要なスペースは変わってきます。
本やマンガ、雑誌などをたくさん読む方であれば、それらを置くスペースが必要になりますし、部屋にいる間は音楽を聴いたり、映画を視聴する方であれば、ほかの住人の迷惑にならないスペースを確保する必要が出てきます。

このようなすれ違いをなくすためには、家族ひとりひとりとしっかり話し合うことが大切です。
例えば、音楽を家で演奏している方であれば、夜眠る寝室とは別に大音量で音を鳴らす目的の地下室を確保している方もいます。

限られた予算のなかで家族全員の要望をかならずしも叶えられるとは限りませんが、しっかりと話し合えば、お互いに納得した上で注文住宅を建築することが可能です。

 

夜眠りを妨げる恐れがある水回りのスペース

次に、水回りのスペースは慎重に決定する必要があります。
水回りは誰かが使うとどうしても少なからず水音が鳴ってしまうからです。
お風呂や台所以上に、失敗しやすい水回りはトイレです。
寝室の近くにトイレがあったり、1階の真上にトイレを設置してしまうと、音が響いてしまう恐れがあります。
トイレの音によって、夜眠りを妨げられてしまうことがあるほどです。

水回りの音の響きを防ぐためには、1か所に集中して配置することが基本です
1か所に水回りを集めて、そこから離れた位置に寝室を配置すれば、夜音が響いて眠れなくなる恐れがなくなります。

注文住宅を購入する際に間取り図を確認し、トイレが寝室の近くに配置されている場合には、音が大丈夫なのかかならず不動産会社の担当の方に確認しておきましょう。

 

新鮮な空気を取り入れるために欠かせない窓の配置

新鮮な空気を毎朝取り入れるためには、適切な位置に窓が配置されていることは必要不可欠です。
基本的に、1つの部屋には窓が2つ配置されています。
特に、南側に位置する窓を大きめに設置し、北側の窓を上の方に設置すると、心地よい風の通り道が生まれると言われています。

ただし、その住宅が建っている地域によって、風の通り方はさまざまです。
部屋に2つ以上窓がなかったとしても、その方が効果的に新鮮な風を取り込めるケースも考えられます。
これらのポイントを把握した上で、間取り図を確認し、風の通り道に不安がある場合には、かならず不動産会社の方に確認してみて下さい

 

快適な生活を実現する家事動線

快適に生活するためには、家事動線も考えることが大切です。
掃除や洗濯などの家事を行うにあたって、快適に作業するためには、移動しやすい間取りを確保する必要があります

動線の考え方は、生活している家族の人数やそのライフスタイルによって変わってくるものです。
専門家である不動産会社に家族の生活習慣を伝えながら、最適な家事動線を考えると効率的です。

快適に動けることはもちろん、お客様が訪れた時のことも考慮して、個人的なスペースが目につかないように注意しましょう

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧