千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅購入にかかる仲介手数料

注文住宅購入にかかる仲介手数料

これから家を建てようとなった時、様々な費用が発生します。
注文住宅を建てた方の平均相場は2000万円台が最も多く、コストを抑えながら理想的な家を手に入れている家庭が多いです。
小さなお子様がいるご家庭や老朽化が進んでそろそろ建て替えたい

全面バリアフリーな家にしたいなど、家を建てたいと思うタイミングも人それぞれ異なります。
家を建てるとき、様々なお金が発生しますが、今回は土地を購入する際にもかかわってくる仲介手数料について見てみましょう。

 

そもそも仲介手数料とはなにか?

仲介手数料という言葉を耳にしたことはあるものの、どんな手数料か理解できていない人も多いでしょう。
仲介手数料というのは、不動産を仲介してくれた不動産仲介業者に支払うお金のことです。
仲介手数料は成功報酬なので、契約が成立しなければ支払う必要がないものと覚えておきましょう。

○中にはケースによっては仲介手数料を支払う必要がないことがあります。
仲介手数料を支払う必要があるかどうかについては、不動産会社の立場にもよります。
不動産会社の立場は「売主・代理・仲介」の3つの立場があります。

◆売主は不動産が自ら所有している土地や建物の売却にあたります。
この場合は仲介手数料は発生しません。

◆次に代理です。
売主の代理人であることを意味します、原則的に仲介手数料は必要となってきますが売主によっては仲介手数料が不要な場合もあります。

◆最後に仲介です。
売主と買主の間に立って取引を行う人を仲介と言い、基本的に仲介手数料は必要ですが最近はこの仲介手数料が不要だという業者が増えてきました。
もし仲介手数料を節約したいと考えているなら、手数料のかからない売主物件でしょう。

◆仲介業者が1社の場合、売主と買主両方から仲介手数料をもらうことが出来ます。
「両手」という業界用語があり、仲介業者としては一番喜ばれるケースです。
仲介業者が2社のケースは、売主と買主にそれぞれ仲介手数料をもらうことが出来ます。
これは「片手」と呼ばれます。

○仲介手数料金額
仲介手数料は法律で定められており、200蔓万円以下なら手数料の上限は5パーセント、400万円を超える場合は3パーセント+6万円です。
例えば2,500万円の物件をこうにゅうするとなると、仲介手数料は874,800円と決まっています。

○仲介手数料を支払うタイミング
契約締結時に仲介手数料50パーセントを支払い、引き渡し完了時に残りの50パーセントを支払うことが多いです。
ただし法律でこの引き渡し方法が決まっているわけではなく、最初から全額もらう場合もあれば引き渡しの時に全額もらうというケースもあるので、不動産仲介業者へ確認をするようにしましょう。

○絶対支払わないといけないものではない
仲介手数料は法律上で上限額が決まっているだけのものであり、絶対に支払わなければいけないといっているわけではありません。
そのため不動産仲介業社によっては仲介手数料を半額もしくはゼロ円にしても問題はありません。
最近ではこの仲介手数料は半額もしくは無料な仲介業者も増えており、交渉次第で無料にならなくても安くしてくれる業者も多いので、交渉する価値はあります。

○まき直しとは
ただし最近たまに問題となっているのは「まき直し」です。
通常土地を購入する際は、プラン内容に納得したうえで契約成立となり必要な手続きを行っていきますが、なかには最初の土地の売買契約を破棄してまき直しをしようとする業者がいます。
このまき直しをする業者は問題で、中には大きなトラブルにまで発展してしまい裁判沙汰になったケーズもあります。
土地のトラブルは毎年必ずと言っていいほど発生しますし、件数も多いです。
実際にプランが決められているものがありますが、これを一部変更して取引しようとする業者は意外と多いです。
本来ならお客様の立場になって販売対応をするのですが、自分たちの利益のために都合がいいようにプラン内容の変更やまき直しをする業者は信頼できません。
もしそのような業者がいた場合、その業者は選ばないほうが無難です。

 

トラブルはできるだけ避けるようにしましょう

家を建てる際には土地代や建物代、工事費用に家の中に搬入する家具家電までたくさんのお金が必要となります。
すこしでも節約するためにも、仲介手数料はできるだけかからないところを選びましょう。
かかる金額によって上限は決まっているとは言うものの決して安い金額というわけではありません。

○お金がかからないところが全ていい仲介業者というわけではありません
中には対応が非常に悪く、だれも買わないような不便な土地を押し付けてくることもあります。
土地に関してのトラブルは非常に多いです。
こうした不動産に関してのトラブルを防ぐ方法として、まずは口コミも重要です。
実際に利用したことがある人の口コミを参考にすれば、トラブルを回避することも可能です。
これから家を場合、この仲介手数料についておきちんと考えるようにしましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計