千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅における介護の問題

二世帯住宅における介護の問題二世帯住宅において、

もっとも問題になりやすいことのひとつが

介護です。

親世帯と子世帯が注文住宅で生活をはじめて、最初のうちはそれぞれが快適に生活できていても、年長者である親世帯はどんどん身体が衰えていきます。

身体が衰えて、健全な生活を親世帯だけで送ることが困難になった場合には、子世帯による介護が必要です。

人によっては、誰かに介護されることなく、亡くなる直前まで健康に毎日生活している方もいます。

しかし、誰もが健康に老後を過ごせるとは限らないので、親世帯の介護について考えておくことが大切です。

 

 

親世帯の介護はもっとも二世帯住宅において問題になりやすいポイント

子世帯には子世帯の生活がありますから、親世帯の介護は少なくない毎日の負担になります

さらに、親世帯が子供の世話や家事などを承っていた場合には、これから子世帯がそれらを受け持たなければなりません。

二世帯住宅に限らず、親と子の関係には介護問題が常につきものです

介護が必要になってから慌てても遅いので、注文住宅を建築する際には、あらかじめ親世帯の介護をどうするか考えておきましょう

 

 

親世帯と子世帯の家族が集まって介護について話し合いましょう

親世帯の介護に関しては、基本的に親世帯が心身ともに健康でいるうちに、家族みんなで話し合っておくと安心です

特に、子世帯の子供たち、いわゆる孫世帯が成長して自立している場合には、孫もいっしょに話し合っておく必要があります

あらかじめ、介護が必要になった際に、誰がどのように親世帯を手助けするか、話し合っておけば、いざという時の対応がスムーズです。

特に、介護が必要になった際に、子世帯と孫世帯、誰が主導になって行動するかを決定しておきましょう。

親世帯に介護が必要になるくらい年が経過していると、子世帯も相当な年になっていて、親世帯の介護がむずかしくなっているケースは少なくないからです

 

 

二世帯住宅をはじめる前に介護にそなえておきましょう

介護について話し合う時期に関しては、二世帯住宅をはじめる前がもっとも最適です。

二世帯住宅を開始するにあたって、お互いのライフスタイルや注文住宅の設計について話し合います。

注文住宅の内容は、いま現在の生活習慣だけではなく、将来の介護問題にも密接に関わっていることです。

特に、あらかじめ介護しやすいように注文住宅を設計しておけば、いざ介護する時の子世帯や孫世帯の負担を軽減できます

具体的には、家のいたるところにある細かな段差を可能な限り解消する、バリアフリー設計は一般的です。

 

 

老人ホームにお世話をまかせることもひとつの方法

子世帯や孫世帯には、それぞれが行うべき仕事や家事が存在します。

時間が経つにつれてやるべきことが積み重なれば、家族だけで親世帯の介護を行うことは困難です

そんなご家族に向けて、専門家が介護をサポートするさまざまなサービスが登場しています。

 

〇老人ホーム

具体的には、老人ホームが一般的です

老人ホームには、誰かの手を借りずに生活することがむずかしい高齢者の方々がたくさん集まっています。
介護を担当しているのは、高齢者のお世話を行うために技術と知識を身に付けた職員です。
素人の家族だけでお世話をするよりも、高齢者にとって心身ともに快適な生活を実現させられます

一方で、親世帯が住み慣れた住宅を離れなければならないことが大きなデメリットです。

見知らぬ高齢者に囲まれて、同じように見知らぬ職員にお世話されることも大きなストレスになりえます

住み慣れた住宅を離れたストレスにより、夜眠れなくなってしまう方も少なくありません。

老人ホームは、メリットが大きい一方で、大きなデメリットがあるサービスです。

 

 

住み慣れた住宅で生活しながら受けられる介護サービス

住み慣れた住宅を離れるという大きなデメリットを解消した方法として、訪問介護というサービスに注目が集まっています。

 

〇訪問介護

文字通り、介護に関する専門知識を身に付けている介護士が自宅を訪問してくれるサービスです。

自宅にいながら専門家のサポートを受けられるため、介護する家族の負担を大きく軽減できます。

また、間違った介護により大切な親世帯の心身に余計な負担をかける恐れもなくなります。

特に、親世帯は住み慣れた住宅で生活を送りたいものの、子世帯は仕事の都合で親世帯の世話をすることがむずかしい二世帯住宅におすすめできる介護方法です。

将来の介護を見据えた間取りにした上で、浴室やトイレなどを別々に用意している場合には、子世帯の生活の負担になることなく、親世帯の生活空間で訪問介護を受けられます

人間が年を取る以上、千葉県に限らず、誰にとっても親の介護は避けられない大きな問題です。

まだ介護が必要でないうちから、介護が必要になった時のことを考えて、注文住宅を設計しておきましょう。

 

いざ介護をはじめる時、訪問介護を利用することをあらかじめ検討しておくと、サービスの導入がスムーズになります

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計