千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅の防犯対策


女性の社会進出が増える一方で二世帯住宅の需要が大変高まっています。親世代と子世代が同じ敷地内に暮らすことは共働き夫婦にとっても親世代にとってもメリットがあることです。また、その中できちんと対策しなければいけないのが防犯対策です。二世帯で暮らす中でどの様な対策が必要なのか具体的に紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

二世帯で暮らすことによる油断とは

近年二世帯住宅の人気が大変高まっています。その背景には女性の社会進出があるでしょう。働く女性が増え、両親共に仕事を持っている家庭も珍しくありません。そのような家庭で子供がいる場合、まだ小さな子供であれば学校が早く終わる場合もあります。その際のお迎えや面倒などをどうするのかという問題が出てくるのではないでしょうか。そんな時に子供からすればおじいちゃん、おばあちゃん達と同じ敷地内に住んでいれば帰宅後の面倒を親世代に見てもらうことが出来るという安心感があるでしょう。また、親世代にとっても孫の成長を間近で見ることが出来、また自分の子供達が側にいるという精神的な支えを得ることが出来るのではないでしょうか。

そんな二世帯で暮らす家にとって重要になってくるのが防犯面です。防犯面を疎かにしてしまうと空き巣などの被害にあってしまう場合もある為注意が必要です。実は二世帯で暮らす家は空き巣に狙われてしまう場合も少なくありません。なぜかというと二世帯で暮らしているからこその油断がそこにはあるからです。二つの世帯が暮らしているからこそ、物音に鈍感になってしまいます。親世帯と子世帯が暮らすことで、常に自分達の生活音とは別の生活音が聞こえます。その為、ちょっと物音がした程度では家族の誰かだろうと物音に対して鈍感になってしまい、物音をスルーしてしまうということもあります。

空き巣被害など防ぐために出来ること

また、二世帯で暮らしているからこその安心感が油断に変わる場合もあります。例えばお互い誰かが家にいるだろと戸締りを疎かにしてしまう場合もあるでしょう。誰かがいるから空き巣などに入られないということはありません。逆に二世帯だからこそ誰かがいるだろうという油断が、空き巣が忍び込むことを容易にしているのかもしれません。確かに二世帯で暮らすことで誰かが家にいる確率は上がります。しかし、先にも挙げましたがそのことが物音への鈍感さにつながる場合もあり戸締りの緩さにつながってしまうのではないでしょうか。空き巣は窓一つ開いていれば容易に入られてしまいます。誰かがいるから鍵を締めなくても大丈夫だろうと考えていると空き巣被害に遭ってしまう場合もあるので、建てる際は防犯面に関してもしっかり対策をすることをおすすめします。

では具体的にどの様な防犯対策をするべきなのでしょうか。例えばホームセキュリティへの加入があります。このホームセキュリティは侵入などの以上を感じた際にセキュリティ会社に自動で連絡がいくなど様々な機能があります。留守中の家をしっかり見守ってくれる機能が豊富に搭載されているのでこの様な物を利用するのもおすすめします。その他には夜間の対策としてセンサーライトの取り付けもおすすめします。人がライトの近くを通った際に自動で点灯する様なライトを取り付けすることで、泥棒などへの警戒にもつながるでしょう。自宅に人がいない場合でも自動で点灯してくれるので空き巣を抑止する為にも大変有効です。

防犯の意識をしっかり持つことが大切

親世代、子世代どちらもが普段から防犯に対する意識を高めことが大切です。一緒に住んでいるからこその油断が出てしまうと大きな被害などにつながってしまうことも考えられるので、しっかり普段から対策をしておくことが大切です。誰かがいるだろうという油断こそ無くさなければいけません。何かあってからでは遅いので、家を建てた時からしっかりと防犯面に関しても考える様にしましょう。

防犯面の甘さから、あえて二世帯で暮らしている家を狙う空き巣犯もいます。立地にもよりますが外から玄関や窓が死角になっている場合など空き巣犯にとっては作業のしやすさにもつながってしまうでしょう。その為、自分達が住む地域の治安なども家を建てる際に事前にチェックしておくことをおすすめします。何も対策をしなくても安全な家というものはありません。いつどこで狙われるか分かりません。その為、自分達の身は自分達で守るしかないのです。

親世帯、子世帯で暮らすことのメリットはたくさんあり、住まいのあり方として今後もますます需要が増える住まい方になっています。しかしその一方で空き巣などに目を付けられやすく、実際に被害に遭っている人も多くいると言われます。空き巣などの被害に遭ってしまった際、物を取られるだけではなくばったり犯人と出くわすことで家族の身にも危険が及ぶ場合もあります。そのような被害を無くす為にもそこに暮らす人にとって安全な我が家をつくることが大切です。

二世帯住宅で暮らす場合、防犯意識が低くなってしまう場合があります。やはりお互い同じ敷地内に住んでいることで誰かがいるから大丈夫という安心感が意識の低さにつながってしまうのではないでしょうか。その為、防犯対策としてホームセキュリティを導入したりセンサーライトを取り付けしたり、しっかり普段から対策をする様にしましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧