千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

千葉で建てる注文住宅での失敗しない間取りの決め方!

首都圏に含まれる千葉は、都心へのアクセスが良好でありながら、自然豊かで過ごしやすいという魅力が詰まっています。

永住する場所として物件購入をする人も少なくありません。そんな千葉で注文住宅を建てる際、いくつか意識をしてみたいポイントがあります。

そのひとつが間取りに関してであり、失敗をしないためにも決め方のコツについてチェックしてみましょう。

動線に利便性を持たせることが大切

注文住宅は自由に間取りを作っていくことができるのが魅力です。だからといって、理想やデザイン性ばかりを重視してしまうと、長く快適に暮らせる我が家を作り出せません。

利便性の高い住まいとするには、動線に重点を置いてみることが大切です。これは人がよく通るラインのことであり、移動をしづらい設計では日常のストレスとなりやすく、不便な住宅となってしまうのです。

そして特に重視をしてみたいのが家事動線と言えます。家事は日常生活を営む上で欠かすことができない作業であり、頻繁に行う作業ゆえに重労働にも感じられやすいです。

洗濯ひとつとってみても、洗い物を持って移動しそれを干すという、苦労を伴いやすい家事と言えます。もし一連の作業をしにくい間取りですと洗濯をやりたくない気持ちとなり、積み重なることで生活上での悩みにもなってしまうでしょう。

その他の家事についても同様です。料理や掃除など、こうした作業が不便な間取りは暮らしにくさに直結してしまいます。家事というのは同時進行で行うこともありますので、それぞれにスムーズにアプローチできるかどうかも考えなければいけません。

料理をしながら洗濯も行うこといったパターンがありますが、動線に工夫があれば日常の手間を大幅に軽減させることができるはずです。 家事動線を決める際には家族で話し合って計画を立てていくことが大事です。

特にメインでその作業をする者が、不便を感じるような住まいでは成功とは言えません。家族それぞれが意見を出し合い、しっかりと計画をまとめていくのが満足度の高い注文住宅を作るための秘訣です。

部屋数と部屋の区分を考えてみる

間取りを考える上で、部屋数について整理していくことも必要です。基本は家族の人数にリビングをプラスした部屋数と言えます。

家族とはいえプライバシーを重視したいという人もいるもので、ゆっくりと休みたい時にも自分の部屋があると安心です。子供がいればなおさら専用の部屋を欲しがられることもあるでしょう。

千葉はファミリーからも人気のあるエリアですので、子供の存在を視野に入れた考え方をしなければいけないことも多いはずです。隔たりのない住まいをテーマに開放的なデザインで設計されることもあるものの、実際に暮らすことを踏まえると、各自の専用スペースがあった方が安心に繋がることが多いです。

同時に考えていかなければいけないのが、ゾーニングについてです。空間の区分のことであり、プライベートやサニタリー、パブリックといった具合に分類することができます。どこにどのゾーンを配置するのかによっても暮らしやすさは左右されます。

例えば、プライベートな部屋とパブリックの空間が近いと不便に直結するかもしれません。その場合はお互いの配置を離した設計にすることで、プライバシーを保護しやすくなり、リビングなどでの過ごしやすさもアップします。 ただ、単純に都合良くゾーンを区分していけば良いわけでもありません。

利便性を向上させるには、やはり動線への考えも必要です。部屋を離し過ぎた結果、例えばトイレやお風呂などへの距離があると、これもまた不便になってしまいます。適切な場所に配置をしつつ、尚且つ不便を感じにくいゾーニング及び動線が求められます。

収納スペースのゆとりと位置の決め方

間取りで失敗をしないためには、収納スペースについてよく考えてみることも必要です。様々な道具と共に暮らしていく中、それらをしまっておく場所に不都合があると不便さが増します。物が溢れてしまうと生活空間を圧迫し、散らかった環境にもなりかねません。

ファミリー世帯が多い千葉ゆえに、どんどん増えていく子供の荷物などについても考えを巡らせるようにしましょう。 基本的には広めの収納スペースを設定するのが無難と言えます。

狭いスペースではどうしようもありませんが、ゆとりがあれば別の用途としても役立てられることがあります。近頃ではウォークインクローゼットやパントリーを設けるケースも増えており、大きめの収納が好まれる傾向もあるのです。なお、きちんと置きたい荷物のサイズを把握しておくことも大切です。

広めだからと安心してしまうと、実は荷物が入らなかったというケースもありますので注意しましょう。 収納については位置をよく考えることも必要不可欠です。アクセスのしにくいところですと、荷物の出し入れをするだけでも不便になり得ます。例えば、複数の部屋からアプローチできると利便性がアップすることもあります。

部屋と部屋の間に配置をするなどすれば、わざわざ荷物を出しに遠回りをするといった手間が不要です。 なお、ロフトや屋根裏などに収納スペースを作るというケースもありますが、高いところに配置をさせると荷物の出し入れに苦労をする恐れがあり注意が必要です。特に年を取ってからですと大きな不便に感じやすいでしょう。注文住宅は今だけでなく、将来の利便性も踏まえた設計をしなければいけません。

サイト内検索
千葉の二世帯住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧