千葉県内で二世帯住宅・注文住宅を建てるならおすすめ!口コミで評判の工務店・ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します!

二世帯住宅のポストの選び方とは?

二世帯の注文住宅を完璧なものにしたいのなら、ポスト選びにも気をつけましょう。それは家の外観の一部となるので、適当に選んでしまうと、自身が理想とする住宅のイメージを壊してしまう可能性があるからです。

また、それぞれの世帯に用意して、郵便物を適切なほうに届けて欲しいのなら、それなりの工夫をしなければいけません。

 

家の外観を考慮した上でポストを選ぼう

注文住宅にあったポストを選びたいのなら、まずは家の外観をしっかりと把握しましょう。家の形はもちろん、壁の色なども重要になるので、建築会社や住宅メーカーから聞きだすことが大切です。

外観がハッキリと分かったのなら、次は担当の方と相談をしつつ、どこに設置するか決めましょう。家全体のデザインだけにこだわって設置したのでは、投函が大変になるので、それも考慮した上で場所を選ぶべきです。

これらの行程が終わったのなら、あとは理想の住まいにピッタリのポストを探し始めましょう。ホームセンターなどを訪れれば、いろいろな種類の製品が販売されているので、相応しいものを見つけられるはずです。

もちろん、ネット通販でも購入できますが、質感やサイズ感を確かめるのが難しいため、商品説明をきちんと読んだ上で決定することが大切です。

 

オーダーメイドで作ってもらえる

既製品を探しても満足できないのなら、オーダーメイドで注文することも考えましょう。オーダーメイドなら、希望通りのものをオリジナルで作ってくれるため満足できます。

前もって注文住宅の情報を渡せば、それに合わせて作ってもらうことも可能でしょう。もしも、オーダーメイドの注文を考えるのなら、建築会社や住宅メーカーに対応してくれる業者がないか質問してみましょう。

それらは住宅作りに必要な情報をたくさん持っているため、オーダーメイドに対応する業者を教えてくれる可能性が高いです。もしも、分からないという返答があったのなら、ネットを使えば自力で探しだすこともできます。

 

二世帯住宅なら選んだポストに工夫をしよう

親と子とで世帯を分けているのなら、郵便物もそれぞれに届けて欲しいと考えるケースもあるはずです。そのときはポストを一つだけではなく二つ設置すれば、それぞれの宛先に届けてもらうことができます。

名字が別々ならば、それをポストに記載しておけば、郵便配達員に間違いなく届けてもらえるでしょう。しかし、親と子の名字が一緒の場合は、それを記載するという方法を使うことはできません。

区別がつかなければ、それぞれに届いた郵便物が、適切なほうに投函されるとは限らないでしょう。つまり、親の世帯宛に届いた郵便物が子のほうに入る可能性もありますし、その逆で子の郵便物が親の世帯のほうに入ってしまうことだってあります。

二つ設置したいと考えていても、名字が一緒ならば、郵便配達員に分かるような工夫をしなければいけません。そのための一番簡単な方法は、それぞれのポストに住んでいる人間のフルネームを記載してしまうことです。郵便物は名字だけではなく、フルネームで届くため、郵便配達員が簡単に判断できるようになります。

しかし、住んでいる人間の名前をすべて記載するのは、防犯上よくないことだと考える状況もあるはずです。その場合は、住所を工夫することで、適切な配達をしてもらえる可能性があります。

例えば、一階と二階で世帯を分けているのなら、住所の最後に『一階』や『二階』などを書き足してしまうのです。そしてポストにも『一階』や『二階』の記載をしておけば、郵便配達員に簡単に見分けてもらえるため、正しく届けてもらえます。

ただし、この方法は『一階』や『二階』がついている住所を世間に知ってもらわなければいけないため、即効性はないので注意しましょう。友人や知人には新しく決めた住所を知らせる必要がありますし、通販サイトの登録は変更しておく必要があります。

もしも、ポストを分けたいと考えているのなら、途中から分離すると混乱する原因になるので、注文住宅に住み始めるときに開始しましょう。まったく新しい住所に住み始めるのですから、分離するには最適なタイミングだといえます。

なお、郵便局に直接問い合わせて、「二世帯住宅なので郵便物をそれぞれに配達して欲しい」と伝えることもできます。そうすれば、郵便局のほうで配慮してくれるため、間違えて届く確率は低くなります。

ただし、それでも間違えて届けられる可能性もあるので、ポストにも工夫をしておいたほうが確実です。

 

注文住宅の外観は、ポストのデザインで大きく印象が変わることがあるため、理想の住まいが欲しいのなら慎重に選ぶようにしましょう。壁に取り付けるタイプや、自立タイプなどさまざまな製品があるので、しっかりと選定すれば適切なものを設置できます。

なお、二世帯住宅でそれぞれに設置するのなら、利便性を高めるために、見た目を工夫するようにしましょう。同じデザインのものを購入したのでは、郵便配達員が混乱する原因となるので、少なくともカラーを変えることをおすすめします。

 

 

サイト内検索
記事一覧