千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

注文住宅を選ぶ際のチェックリスト

注文住宅を選ぶ際のチェックリスト

家族が増えたのでそろそろ家が欲しい

今の家を建て替えて二世帯住宅にしたいと考えている人もいるでしょう。
家はその家族の財産であり最も大きな買い物です。
大きなお金が動くからこそ、慎重に買い物をしなければいけません。

家を建てるとなった時、ただ漠然と建てるのではなく様々な準備をしていく必要があります。
まずは信頼できるハウスメーカー探しから、そして家族が心地よく暮らせる家はどんなものか、きちんと話し合う必要があります。

 

あなたはきちんと考えてハウスメーカーを選んでいますか?

まず家を建てるとなった時、たくさんの準備が必要になります。

○下調べが大事
そんな中でまずは家を建てる際のアイディア探しとして、インターネットを利用して間取りやデザイン、機能性を調べたり、イメージがいまいちわかない人は、住宅展示場へ足を運び、実際の間取りやデザインを見学し、写真を撮影しつつ自宅へ帰って家族でどんな家にするか考えるという家庭が多いでしょう。

お子様がいる又はこれから生まれるという人は、子供の事を考えて子供部屋や遊ぶ空間、危険なものを回避するような作りにする。
お年寄りのいる家庭は、全面バリアフリーで車いすでも快適に過ごせるような空間づくりを考えるでしょう。
家とは家族を守るものでもあり、家族全員が居心地のいい空間を作ることで初めて家づくりは成功したといえます。

○ハウスメーカーはどこも同じだと思っていませんか?
ハウスメーカーはどこも同じというわけではありません。
一軒一軒別のハウスメーカーへ足を運ぶと、間取りやデザインはもちろん違いますが、こだわっている部分が違います。
住宅会社によってお風呂やキッチンなどの室内整備のグレードアップ・外壁や屋根の材料の質・家の頑丈さ・断熱性やエコの程度が違います。

○チェックポイントの室内設備

多くの注文住宅ではお風呂やキッチン、洗面台などの室内設備はハウスメーカーが設定しています。
よく土地と家込々で1,000万円以下で販売しているハウスメーカーがありますが、お風呂やキッチンは標準仕様です。
色を変えることやもっと使い勝手のいいものへ変更はできますが、ただしその分追加料金はかかります。
コストだけを抑えようと考えてしまうと、機能面では劣ってしまいます。
掃除をするのも大変だったり生活しにくい場合があります。
ですが、同じきんがくでもハウスメーカーによって標準仕様のグレードは異なります。
同じ金額でも標準仕様のグレードはどれくらいかきちんと比較をしましょう。

◆2つ目は屋根や外壁の材料です。
何を使っているのかきちんと把握している人はいますか?この屋根と外壁は何を使用しているのかきちんと把握することは大切です。
材料のグレードによってのちにかかるメンテナンス費用が異なるからです。
一般的な費用ですが、屋根の塗装時期は建ててから10年、費用は20万円から30万円です。
外壁の塗装は建ててから7年から10年、費用は100万円から150万円です。
材料によってメンテナンス時期は大きく異なります。
安い材料を使ってしまうとメンテナンス期間は5年、グレードが高いものなら20年に1度のメンテナンスで済みます。
どっちがお得かは見てわかるかと思います。
ちなみにもっとわかりやすく金額で表すと、塗装代を100万円とします。
5年ごとにメンテナンスをするとなると、20年で400万(100万円×4回)です。
しかし、20年に1回だと100万円で済みます。
4倍も金額が違うわけですから、どちらがお得かわかります。
長く安心して暮らし続けるためにはハウスメーカーにどれくらいでメンテナンスが必要か、しっかり聞いておく必要があります。

◆3つ目は家の強度です。
家の強度次第で家族の命を守ることもできるといっても過言ではありません。
実際地震が起きても強度のある家は大きな地震が来ても耐えられますが強度が弱いと倒壊の危険性が高くなります。
老後も安心して暮らしたいなら、この強度はしっかり見ましょう。
なぜなら一般的な住宅は建ててから30年が限界になります。
ハウスメーカーさんによってもこの住める年数は違い、とにかく頑丈に作ることにこだわっている家では70年も住める家が中にはあります。
一生この家で暮らしていきたいとなった時、基礎をしっかりと作っているメーカーさんを選ぶといいでしょう。

◆4つ目は断熱やエコです。
こちらもハウスメーカーさんによって省エネに対しての力の入れ方が異なります。
オール電化なのか、エコキュートなのか機能によっても違いますし、断熱性が高いと光熱費もぐっと安く抑えられます。
同じ家でお普通の窓と二重窓では快適さも違うので、この断熱とエコに関してもこだわってみてはいかがでしょうか?

 

各ハウスメーカーのこだわり部分もチェック

ハウスメーカーはどこも同じだと思ったら大間違いで、こだわり部分も同じ金額で比較しても全く異なります。
家はその家庭の財産であり、強度によっても一生住める家か建て直しが必要な家か、維持費など金額も大きく変わります。
家を建てるときにはこれらのポイントを確認しながらハウスメーカー巡りを楽しみましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計