千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

二世帯住宅を建てる際の注意点


近年二世帯住宅の需要が高まっています。子世代にとっても親世代にとってもメリットがありますが、実際に建てる際にいくつか注意しなくてはいけない点があります。それは一体どのようなことなのか詳しく紹介しましょう。

親世代にも子世代にもメリットがある暮らし方

子世帯にとっても親世帯にとっても大変メリットがある二世帯住宅を選ぶ人が増加傾向にあります。近年女性の社会進出が増えてきており共働きの家庭が増えてきており、両親共に働きに出ていることも珍しくありません。子世代にとっては子育てのサポートをしてもらうことが出来る為、このスタイルを選ぶ人が増えてきています。また、親世代にとっては介護の手伝いであったり、近くに子供達が住んでいるという安心感があるのではないでしょうか。年齢が上がるにつれ介護の問題など出てきます。あるいは何かあった際に子供がすぐ近くにいることで色々手伝いをしてもらうことが出来る為、やはり一緒に暮らすメリットがあるように思われます。

お互い何かあった際に助け合うことが出来るということが最大の魅力です。遠方に住んでいる場合はなかなかお互いの生活について把握することが難しくなっています。その為、親世代、子世代に同じ敷地内に住むことで、お互いの生活をカバーしながら生活をすることが出来る共同生活が、今注目されているのではないでしょうか。しかし実際に建てるとなると注意しなくてはいけない部分があります。実際に住んでからこんなはずではなかったと後悔しない様にする為にも覚えておきましょう。

お互い暮らしやすい間取りの家を建てよう

では実際、どの様な注意点があるのか具体的に紹介していきましょう。

まず、二世帯で暮らす家を建てる場合、玄関が別々のタイプや同じタイプなど間取りが色々あります。自分達のライフスタイルなどに合わせてどのタイプが良いのかじっくり検討することが大切です。その為にも家族みんなでどの様なタイプの家にするのかしっかり考えましょう。やはりどこまで共有で使用するのかによっても色々問題が出てきます。玄関も共有で二階と一階で親世帯と子世帯を分けるタイプや、玄関も別でキッチンやお風呂など全て別々のタイプなど色々あります。

例えば子世代は働きに出ている為、帰宅時間も遅い場合など、生活が夜型になってしまいます。親世帯は早く寝る場合など共有部分が多いと生活音が気になってしまう場合もあるでしょう。お互いの生活リズムが違う場合、そのことがストレスとなってしまう場合もある為注意が必要です。一緒に暮らすのであれば生活スタイルの違いについてもしっかり考慮しながら、どの部分まで共有するべきなのか考えることが大切です。

また、将来家族が増えるのであればそのこともしっかり考えた間取りにする様にしましょう。親世代にとっては孫になりますが、将来的に子供部屋が必要となった際にそのスペースがないということになってしまう場合もあります。もし将来的に家族が増える可能性があるのであればそのことも考慮した上で間取りを考えることをおすすめします。

近くに住んでいるからこその問題点を解消しよう

近くに住む分干渉してしまったり依存度が高くなってしまう場合もありますが、近くに住んでいるからこそお互い助け合って暮らすことが出来るというメリットもあります。実際に住んでみると近いからこその問題点も出てくる可能性もある為、家を建てる際はそのこともしっかりと考えた上で建てることが大切です。理想は、子世代と親世代のどちらもお互いプライバシーを確保することができ、これまでの生活スタイルも維持することが出来るのが一番の理想です。その上でお互い助け合うことが出来ればそれが一番良いことではないでしょうか。

一緒に生活を共にすることで、例えば家事を協力しあえる、精神的な安定を手に入れることが出来るなどたくさんのメリットがあります。しかし近すぎるからこそのデメリットもある為、家を建てる際はそのデメリットをしっかり解消することが出来る様な家を建てることが大切です。おじいちゃんやおばあちゃんが近くに住んでいるということは孫の成長にとってもプラスになることです。共働きの場合など家に帰ってきても誰かが待っていてくれるということは安心感にもつながります。

また、親世代にとっても孫の成長を近くで感じることが出来るということは生きがいにもつながるのではないでしょうか。親世代と子世代が一緒に暮らすことにはたくさんの魅力があります。ただし、これまでの生活スタイルを維持することが出来るかどうかはどの様な家を建てるのかによっても変わってくるでしょう。お互いにとってメリットがある家とはどの様な家なのかをそれぞれがしっかり意見を出し合い考えることが大切です。住んでみてから問題点が出てくる様では大変なので、住む前にしっかり間取りなど考える様にしましょう。

二世帯住宅を建てる際は親世代、子世代のプライバシーに配慮しつつ、お互いにとって最善の間取りはどの様な間取りなのかをしっかり考えることが大切です。一緒に暮らすことにはたくさんのメリットがあります。ぜひお互いの生活スタイルを尊重しつつ、お互いが暮らしやすい家を建てましょう。

サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計
記事一覧