千葉で二世帯住宅を注文するのであれば、この5つの業者がおすすめ!

千葉の二世帯注文住宅業者ランキング!

株式会社佐久間工務店
OB訪問会が決め手となった!「株式会社佐久間工務店」

さまざまな工務店やハウスメーカーをめぐり、最終的に二世帯注文住宅をお願いすることとなったのは、千葉県稲毛区にある「佐久間工務店」でした。

この会社のHPから閲覧することができるさまざまな取り組みやこだわりについても魅力を感じたのですが、中でもすばらしいと感じさせられたのは、定期的に開催されている「OB宅訪問会」です。

これはかつて佐久間工務店に注文住宅を依頼したユーザーの元を訪問し、その暮らしぶりなどを見せてもらうといった企画です。これはユーザーに絶対的な満足を提供しているという自信がなければできないことなので、「こんなものがあるのか!」とびっくりさせられました。

そして、実際訪問したところでまたびっくり。適度な空間がデザインされた空間で、住人の方々がなんとも幸せそうに暮らしているのです。そして、こちらの若干失礼な質問の数々に対しても、本当に丁寧に答えてくださいました。

「ここまで人が幸せに暮らせる家を作れるなら、非常によい会社」だと考えた私は、この佐久間工務店に注文住宅を依頼することを決めました。そして、子どもや両親ととても幸せな生活を送っています。

もしウソだとお思いになるのであれば、OB宅訪問会に参加されるとよいでしょう。きっと何かしら、得るものがあるはずです。コスト面に関しては他業者と比較して決して安いとは言い切れない価格ではありますが、それでも値段以上の価値のサービスを提供してくれると、私は考えています。

対応
★★★★★
価格
★★★★
デザイン
★★★★
技術力
★★★★★
住工房スタイル
千葉地域密着型な住宅コンテスト優勝業者「住工房スタイル」

すぐれたサービス性と建築実績を持ちながら、惜しくも2位のランクインとなったのは、印旛郡栄町の「住工房スタイル」です。

口コミなどを調べてみたところ、同じ千葉県だけでなく、茨城県の方々からも大変高く評価されています。内容としては、デザイン性の高さが特に好評を受けているようです。それもそのはず、この住工房スタイルは、総合生活企業として名高い株式会社LIXILが主催する住宅コンテストにおいて、2年連続新築部門および地域最優秀賞を受賞 しています。注文住宅のクオリティについてはまさに折り紙つきといったところでしょうか。

そんな住工房スタイルは、創業して50年以上の老舗企業。地域の人々の暮らしを家という形で支えるため、密着型のさまざまな取り組みを行ってきました。千葉のこと、そして茨城のことをよく知っているからこそ、提供できる独自のサービスがあります。

もしご興味があれば、一度ショールームを訪れてみればいかがでしょうか。場所は印旛郡栄町、つくば、牧之原です。ユニークなデザインの住宅がたくさん建っていて、とても楽しいですよ。

対応
★★★★★
価格
★★★☆☆
デザイン
★★★★★
技術力
★★★★
住友林業
大手グループだからこその安心と信頼性「住友林業」

3位にランクインしたのは、千葉県内だけでなく関東関西をはじめ全国的に住宅事業を展開している「住友林業」です。

注文住宅を検討するのがはじめてだという方であっても、その名前だけは聞いたことがあるでしょう。テレビCMほか広告事業を幅広く展開しているので、知名度の高さはバツグンです。母体である住友グループは、古くはなんと戦国時代より続く超老舗財閥。不動産だけでなく、銀行や精密機械、化学に保険など、とても大規模な事業展開を行っています。だからこそ、あらゆる分野に関して卓越したノウハウを持っているというわけです。

そのような住友グループにおいて住宅建築事業を手掛ける住友林業が提供する注文住宅サービスは大評判。一部口コミによれば、そのクオリティは他社とのはっきりした差があるとのことで、非常に満足度が高いです。

世界にひとつしかない、自分たちだけの二世帯注文住宅。どうせこだわるのであれば、品質には徹底したいですよね。そのような方に、是非住友林業をおすすめいたします。住宅展示場は千葉県内に10箇所以上もありますから、お時間があれば一度覗いてみてください。そのすごさを実感できるかもしれません。

対応
★★★★★
価格
★★☆☆☆
デザイン
★★★★
技術力
★★★☆☆
工藤工務店
建築からメンテナンスまで、しっかりとこなしてくれる優良地域密着企業「工藤工務店」

4位にランクインしたのは、千葉県八街市の工務店「工藤工務店」です。千葉県には多数の工務店が存在していますが、この工藤工務店はその中でも「非常に親切な業者」という定評があります。

私も一度こちらの会社へ見積もり相談に伺ったことがあるのですが、スタッフの方はとても親切で、こちらのごくごく初歩的な質問に対しても嫌な顔ひとつすることなく、知識がなくとも分かるようにきっちりと説明してくださいました。

特に、建築後のアフターケアはかなり評価が高いです。専任スタッフによる年1回のコンディションチェックや、メンテナンス計画の適宜提案および実施など、細かいサービスの数々が、住む側としてはうれしい限り。やはり家とは一生ものですから、建てた後も面倒を見ていただきたいものですよね。

コストパフォーマンスではなく、サービスの充実さや対応のよさに趣をおくのであれば、この工藤工務店をおすすめいたします。「デザイン」「性能」「施工」「メンテナンス」「対話」の5つのモットーからなる「工藤クオリティ」を実感したければ、一度問い合わせを行ってみてください。

対応
★★★★
価格
★★★☆☆
デザイン
★★★☆☆
技術力
★★★☆☆
エーセンス建築設計
気さくで頼れる、千葉の頼れる工務店と言えば「エーセンス建築設計」

最後に紹介するのは、千葉県千葉市や市原市を中心に事業を展開している「エーセンス建築設計」です。多数ある千葉の工務店の中でも、一風変わった姿勢で住宅事業に取り組んでいるとして注目されています。

実際に利用した方が「もっとも印象に残った点」として挙げているのが、その接客対応について。

ユーザーをお客様としてではなく、あたかも親しい友人として、とても親身になって相談に乗ってくれるのだそうです。だから、利用者はなかなか人に言えなさそうなことでも、つい相談してしまうのだとか。

そういった接客応対によって、エーセンスはユーザーニーズをがっちり掴み、しっかり応えることに成功しています。

他社とは一風異なったその姿勢は、より高品質なサービスを提供するための取り組みのひとつ。だからこそ、千葉県内において高い実績をあげることができているのですね。

全国的にもユニークな住宅企業で知られるこのエーセンス。千葉県内で注文住宅を建てるのであれば、この会社について知っておくべきかもしれません。ほぼ毎日無料相談会を実施しているとのことなので、気になることがあればこれに参加し、どんどん尋ねてみるとよいでしょう。

対応
★★★★
価格
★★★☆☆
デザイン
★★★☆☆
技術力
★★★☆☆

よく読まれている記事

千葉県での二世帯住宅注文をご検討されている方へ、役立つ情報を

改めましてはじめまして。私は千葉県内に在住している30代の男性です。このサイトでは、私が千葉で二世帯での注文住宅を建てる際、工務店やハウスメーカーなどの業者選びの参考となった情報を分かりやすいように比較ランキング形式で掲載しています。

千葉県は、首都圏の東側に位置し、太平洋に突き出た半島になっています。四方を海と川に囲まれ、緑と水の豊かな自然が多く存在しています。
面積は全国28位となっており、隣の東京都と神奈川県を合わせたよりも広い大きさです。
県人口は600万人を超えており、全国で6番目に多いです。

自然も多いため、広大な土地が存在します。西の地域は東京や神奈川にも近いため、多くの人が住居を構えています。
ということは、当然工務店やハウスメーカーなどの住宅業者も多く存在していることになります。

私が二世帯住宅を建てることを考えたのは数年前のこと。子どもが大きくなり、それと同時に両親の今後の生活が心配になってきたのがきっかけでした。

それで、どうせ家を入手するのであれば自由にデザインを決められる注文住宅にしようと考え、いろいろと業者を探してみたのですが、何しろその数は膨大、大変苦労させられたのです。

結局、千葉のとある業者のOB訪問会に参加させていただき、すこぶる好印象をもったのが決め手となり、無事クオリティの高い二世帯注文住宅を建ててもらうことができました。今では子どもも両親もその家で満足に生活しており、注文住宅にして本当によかったなと思っています。

ですが、自分が注文住宅業者選びにここまで苦労させられたのですから、もっと苦労している方がいるはず。そういう方々の力になりたいと考え、このサイトを立ち上げました。このサイトに掲載されている情報は、すべて私が訪問会や展示場に行くなどして集めたものです。少しでも皆さまのお役に立てれば、この上なくうれしく思います。

二世帯住宅に強い工務店の選び方は?

二世帯注文住宅を建てるにあたっては、工務店やハウスメーカー選びに注意する必要があります。二世帯住宅建築実績に乏しい業者をうっかり選んでしまうと、将来まで尾を引く大きな損をする羽目になりかねないからです。

二世帯住宅建築経験が豊富な工務店やハウスメーカーを選ぶにあたって、HPの閲覧は必須と言えます。「二世帯注文住宅への取り組み」という項目を設け、会社への取り組みなどを詳細に説明している会社であれば、大きな信頼が持てます。また、HPに掲載されている住宅が、空間を意識しているものであるかもしっかりチェックしてください。二世帯住宅において「空間」はもっとも重要視される要素です。

二世帯住宅の「空間」は、居室や設備の共用具合によって、「完全同居」「部分共用」「完全分離」の3タイプに分けることができます。
「完全同居」は、家族を構成する人たちそれぞれに必要な寝室を設け、それ以外の設備は全て共用する、という二世帯住宅です。親世帯・子世帯内で生活に時間帯に大きな開きがない場合は、完全同居型にすれば常に誰かがリビングにいて、夜もどこかに明かりがついているという大家族の醍醐味を味わうことができます。

「部分共用」は、玄関や浴室などの設備の一部を共有しながらも、親世帯・子世帯が生活するゾーンを分ける、という二世帯住宅です。親世帯と子世帯の生活時間帯が異なる場合や、適度にプライバシーを保ちたいときに有効です。共有する部分が増えれば、その分建築コストを抑えることができます。

「完全分離」は、その名の通り、全く別の世界として暮らす二世帯住宅です。イメージとしては同じマンションの隣同士で生活をする、といったようなものです。暮らしの全てが完全に分かれるので、すぐそばにいますが干渉しあわない暮らしが実現できます。

これらの空間を意識している業者であれば、安心して建築を任せられるでしょう。(その他、デザイン面ではいろいろと見ておくべき点があるのですが、少々量が多いので後述します)

加えて、工務店やハウスメーカーへの直接の問い合わせも、できれば行うようにしてください。「二世帯住宅を建てたい」というこちらの要望に対し、納得できる提案を出してくれるような業者を選ぶようにしましょう。反対に、「こうしなければならない」と押しつけがましい姿勢で契約を迫ってくるような業者は避けるべきです。

その他、無料説明会や住宅展示場への見学など、情報取得に活用できる機会は、時間がある限り積極的に利用すべきです。

二世帯住宅に適した住宅デザインとは

よりすみよい二世帯住宅を建てるにあたっては、どのようなデザインがよいのでしょうか。

先述したとおり、空間にこだわりを持つことは二世帯住宅にあたって非常に重要です。特に、家族がみんな集まるリビングなどは、余裕を持ったスペースづくりを行うようにしましょう。

だからといって、「区切り」のない空間づくりはいけません。いくら家族同士だからとは言っても、いつも一緒にいると息が詰まってしまいます。子どもたちの部屋や祖父母の部屋など、余裕を持った大きさのものを確保しておきましょう。

さらに大事なのは、いっしょに住むこととなる家族がどのようなものを望むのかということです。たとえば、基本的に若い世代は洋室を好み、年配の方は和室を好む傾向があると言われています。だとすれば、祖父母の部屋は和室にしておいた方がいいということになりますね。

ほかにも、子どもを遊ばせるために庭を設けたり、車を複数台駐車できるようにガレージを拡張したり、工夫すべき点はいろいろです。家族と、そして工務店スタッフとしっかり話し合いを行い、デザインを決めるようにしましょう。

ちゃんと考えて! 二世帯住宅の意外な落とし穴

二世帯注文住宅というのは、そうでないものに比べて建築が難しいものです。みごと家を建てられたとしても、意外な落とし穴にはまってしまう場合があります。

たとえば、家を建てる場所です。家にたどり着くまでに急な坂道があれば、ご年配の方はどう思われるでしょうか。おそらく、体力的にかなりしんどいのではないかと思われます。また、それと同様に、駅や学校からあまりにも遠すぎる場所に家を建ててしまえば、子どもたちが大変です。下校途中で自動車事故に巻き込まれてしまうおそれも考えられます。

また、住宅の耐久性についても、後々問題となります。大勢の家族が住むこととなる二世帯住宅は、その分傷むのも早いです。丈夫な素材が使用されていなければ、せっかく建てた家を手放してしまう羽目になりかねません。また、工務店によるアフターケア、特に定期的なメンテナンスは必須とすら言えます。

「家なんてそうそうダメになるものではない」などと思っていると、大きなしっぺ返しを喰らってしまいますよ。

千葉で二世帯住宅を新築で建てる場合のシミュレーション

千葉で二世帯住宅を新築で建てる場合のシミュレーション二世帯住宅を新築しようとするときには、注文住宅で一からプランニングするのが基本です。

家族のスタイルに合わせてピッタリなプランを選択できる一方で、「自由度が高い分、想定外の失敗も生まれやすい」という特徴があります。

千葉県内にも注文住宅/二世帯住宅は増えていますが、事前の計画不足が将来のトラブルにつながるケースも少なくありません。
こうしたリスクをできる限り小さくするためには、さまざまなシチュエーションを事前に想定しておくことが重要です。

とはいえ「これまで二世帯住宅に暮らしていて、全てがわかっている!」という方はごく稀でしょう。
今までに経験がない場合は、事前にシミュレーションを行うのがおすすめです。
二世帯住宅を建てる前に活用したい各種シミュレーションを紹介します。

 

 

膨らみがちな建築費用、ローン返済シミュレーションを活用しよう

注文住宅の建築で、トラブルになりやすいのが費用についてです。
二世帯住宅の場合は親世帯と子世帯の費用負担があいまいになりがちです
このため建築費用もかさみがちで、トラブルが起きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

事前に想定していた以上のお金がかかれば、ローン利用額を増やす必要があります
二世帯住宅の場合は、条件を満たすことで親子ローンを利用できる場合もあり単世帯のときよりも融通が利きやすい言えるのかもしれません。

しかし、ローンをいくら借りられても、毎月無理なく返済できる金額には限りがあります。
年齢の関係上、親世帯よりも子世帯にローンの比重が重くのしかかってくるケースも多いはずです。
何十年も支払っていくローンで無理をすれば、せっかく購入した新築一戸建てを手放すことにもなりかねません。

いくらまでなら無理なく返済でき、その結果いくら借りられるのか」を事前にシミュレーションしておけば、無理な借り入れで悩むこともなくなるでしょう。

ローン返済シミュレーションは、銀行のサイトなどに用意されているケースが多くあります。
ローンの利用や予算の目安を検討するときには、ぜひ活用してみてください。

 

 

同居トラブルを防ぐための生活シミュレーションも重要

二世帯住宅での生活は、いわゆる「同居」です。
嫁姑問題の発生など、さまざまなトラブルも予想されますが、家作りの段階から「それぞれが居心地よく生活できる環境づくり」を意識することで、リスクを最小限に留められるでしょう。

 

〇特に重要なのは水回りの利用について

生活シミュレーションは、多岐にわたりますが、特に重要なのは水回りの利用についてです。
キッチンやお風呂を使いたい時間がかぶり、同時に使うことがストレスになるなら、あらかじめ「親世帯用」と「子世帯用」を分けておいた方が無難でしょう。

 

〇玄関

また「玄関」についても同様です。
親世帯と子世帯の朝の出発時間や帰宅時間に大幅な差がある場合には、別々にしておいた方が気兼ねなく生活できます。

「そんなに細かくシミュレーションをしなくても…」と思うかもしれませんが、実際に暮らし始めてみると、これらの細かいポイントこそが非常に重要になってきます。
できるだけ細かいポイントまであらかじめシミュレーションをしておくことが、二世帯住宅成功の秘訣だと言えます。

 

 

家族みんなの要望を叶えるために、各種シミュレーションを

注文住宅/二世帯住宅を新築で建築するときには、通常よりも大人数の人数をまとめ「理想の家」を作り上げる必要があります。
こんなときにもシミュレーションが役立ってくれますから、ぜひ活用してみてください。

 

① カラーシミュレーションで外観イメージを共有

家の外観は、「外から見たときにどう見えるのか」を決定づける要素です。
「どんな素材で何色にしようか」と悩む方も多いことでしょう。

こんなときには、外壁や屋根材のカラーシミュレーションができるソフトを活用しましょう。
実際に家の形や周辺環境の様子を入力し、その上で色をあれこれと変えてみることで、さまざまなバージョンを視覚でとらえて検討できます。

 

② インテリアシミュレーションで暮らしやすい空間を

シミュレーションをして検討できるのは、家の外観だけではありません。
室内のインテリアについてもシミュレーションサービスを提供しているところがあります
家族全員でくつろぐためには、どの程度のスペースが必要で、どういった家具を設置すると良いのかなど、シミュレーションを活用することで見えてくるポイントも多いことでしょう。

もちろんインテリアは、家族の好みが反映されやすいポイントでもあります。
室内をシミュレーションすることで、どんなテイストにしたいのか、わかりやすく伝えられます。

 

 

シミュレーションを活用して快適な住まいを

千葉県内で満足いく二世帯住宅の建築するためには、事前に考慮しておかなければならないポイントが多数あります
とはいえ、まだ出来上がっていないものをイメージするのは難しいこと。
だからこそ、各種シミュレーションを活用してみてください

どんな暮らしになりそうなのか、目で見える形にして検討できることでしょう。

記事一覧

注文住宅の世界で、近年人気が高まっているのが「二世帯住宅」です。 千葉周辺のエリアにおいても、それは例外ではあ ・・・[続きを読む]
近年、注目度が高まっているのが「二世帯住宅」です。 これまで主流であった「単世帯」ではなく、親世帯と子ども世帯 ・・・[続きを読む]
注文住宅/二世帯住宅を作るときには、さまざまな建材を用いて、一から家を組み上げていくことになります。 このとき ・・・[続きを読む]
日本で暮らしていく以上、避けられないのが地震による被害です。 どこに住んでいても、大地震に見舞われる可能性はゼ ・・・[続きを読む]
千葉で注文住宅を建てるときには、「性能も大事だけど外観も大事」と考える方も多いことでしょう。家作りにはさまざま ・・・[続きを読む]
サイト内検索
注文住宅業者ランキング!
株式会社佐久間工務店
住工房スタイル
住友林業
工藤工務店
エーセンス建築設計